フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十六 介甲部 龜類 鼈類 蟹類」の「龜類」再改訂終了 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「大鼠」 »

2023/08/28

フライング単発 甲子夜話續篇卷之四十四 16 桑名の大鼠

[やぶちゃん注:現在、作業中である柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」のために必要となったので、フライングして電子化する。句読点の変更・追加と、読み・記号・改行・段落を加えた。

 なお、冒頭、「是も緋威」(ひおどし)「が話し」とあるのは、この前の前の44―14の話、「安藝(あき)の狸(たぬき)、人と交語(かうご)す」で、静山が、年来(としごろ)、親しくしていた、『世に知れたる關取の角力(すまふ)、緋威(ひおどし)』という安芸出身の力士の話が載っており、その同一人物の語りを受けたものである。この力士、初代緋縅力彌(ひおどしりきや 明和九(一七七二)年~文政一三(一八三〇)年:静山より十二年下)は、かなり知られた大関である。当該ウィキによれば、安芸国山県郡川戸(現在の広島県北広島町)の出身で、本名は森脇勝五郎。身長一メートル七十七センチメートル、体重百十六キログラム。幕内生活二十一年という、『驚異的な長期間の活躍が記録されている。上位陣にはあまり通じなかったが、下位には』、『順当に』、『取りこぼし少なく』、且つ、『運良く』、『一場所だけ大関に昇進した。引退後は「赤翁」と称し、養子であった錦幸太郎改め』、二『代目緋縅力弥(緋縅力弥)の活躍を楽しみとした』とある。]

 

44―16

 是も緋威が話しは、先年、京より歸る道中、桑名に宿りしとき、自餘の角力取(すまふとり)は、皆、妓(ぎ)を買(かひ)に往き、己(おの)れ一人、留守をしてゐたるに、風呂所(ふろどころ)の槽樋(をけとひ)の下より、鼠、出たり。

 その大(おほい)さ、猫ほども、あり。

 緋威、是を捕へんと、かの槽に追(おひ)こめたれども、見えざれば、其口に魚網を張り、湯を樋につぎ入れたれば、鼠、驚き、出(いで)て、網に羅(かか)れり。

 よつて、捕へ、多葉粉(たばこ)に唐辛(たうがらし)をまぜて、吹(ふき)かけたれば、口より漚(あわ)は出(いだ)せども、中々、よわらず、再遍[やぶちゃん注:何度も。]、かくせしかば、息、絕(たえ)たりしが、やがて、復(また)、蘇(よみがへ)りたれば、

『もし、これを放さば、定(さだ)て、夜中、仇(あた)をなすべし。殺(ころす)にしかず。』

迚(とて)、脇指(わきざし)を拔きたれば、亭主、聞きつけて、かけ來り、平伏して、

「何卒、これを御助け下さるべし。」

と云故、緋威、云ふ。

「この大鼠、今、殺さずんば、害あらん。何(いか)にして止(と)むるや。」

と問へば、

「御不審、尤なり。是には、仔細あり。その仔細は、某(それがし)は養子なり。この家、養子をすれば、頓(やが)て出(いで)、終(つひ)に居(ゐ)つく者、なし。某も、初めは知らずして來りしが、其夜、ふせりゐると、何か物音するゆゑ、目を覺(さま)し、見たれば、大さ、圓盂(まるばち)ほどもあらん黑蛇《くろへび》の、身を、半ば、立(たて)にして、向ひ來(きた)る。側(かたはら)に臥(ふし)たる養母を見れば、夜衣(やぎ)を引(ひき)かむりてあり、斯(か)くすると、大鼠、二匹、出(いで)て、某が臥たる邊(あたり)を、終夜(よもすがら)、旋(めぐ)りてありたれば、この蛇、遂に來りつくこと無くして夜明けたり。かゝれば、此鼠は、この家の主護なり。夫(それ)故に助命をかへすがへすも乞申(こひまを)すなり。」

と云へば、緋威、是を聞《きき》て、きみ惡く思ひたれど、

『流石(さすが)、力士と云(いは)るゝ者、弱みを見せてはすまず、また、放しなば、返報に荷物など喰(く)はれんも、外聞あしゝ。』

と思ひ、

「明朝、この家を出立し後(のち)、放すべし。」

と云ひて、其夜は、氣丈なる顏をして、こはごは、枕元に置き、翌朝に至り、亭主に渡し、發足(ほつそく)せしとぞ。

 この家は、酒屋久大夫と云ひて、今に有り。この久大夫も、去年迄は、達者にて居《をり》たり。

 又、その後《のち》、桑名の町、燒亡せしが、又、其所(そこ)を通行せしゆゑ、久大夫が方(かた)に立休(たちやすら)ひ、

「かの大鼠は、何(い)かに。」

と聞きたるに、

「燒後(やけしのち)は、何地(いづち)へ往きしや、見ず。」

となん。

« 寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十六 介甲部 龜類 鼈類 蟹類」の「龜類」再改訂終了 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「大鼠」 »