フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 百井塘雨「笈埃隨筆」の「卷之七」の「大沼山浮島」の条(「大沼の浮島」決定版!) | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「兎と月」 »

2023/08/15

フライング単発 甲子夜話卷之十六 29 兎月夜に消する事

[やぶちゃん注:現在、作業中である柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」のために必要となったので、フライングして電子化する。句読点の変更・追加と、読み・記号を加え、段落も成形した。]

6―29

 兒謠(こうた)に、

「兎、兎、何視て、はねる、十五夜のお月さまを、觀て、はねる。」

と云ふ。

 是、兎の月を好(このむ)を云ふにや。

 或云(あるいはいふ)。

「兎を、月下に置《おか》ば、變じて、水となる。」

と。

 信(まこと)なりや否(いなや)。

 予、若き時、たはぶれに、野兎を多く捕らして、籠(かご)に入れて、城内築山(つきやま)に、月下、一夜(ひとよ)置(おき)て、翌朝、見るに、籠中(かごなか)に、一つも、居(をら)ず。今に不思議に思ふなり。

 また、近頃、聞く、淺草福川町(ふくかはちやう)に行辨(ぎやうべん)と云へる山伏あり、予が隱邸(いんてい)、

「隣宅(りんたく)の、池の蛙(かはづ)、鳴(なき)、よき。」

とて、三、四つ、取(とり)て、かの住(すめ)る所にある、三、四尺許(ばかり)なる水溜(みづたまり)に放ち、逃去(にげさ)らざる爲(ため)に、竹簀(たけす)をかけ、四隅に石を鎭(しづ)[やぶちゃん注:重石(おもし)。]に置(おき)たり。

 明朝、視れば、蛙、一つも居《をら》ず、と。

 或人曰く、

「蛙(かはづ)、和名『かへる』と云ふは、その故地(こち)に歸るの性(しやう)あるゆゑなり。」

と云ふ。

 さすれば、淺草より、本庄(ほんしやう)にや歸(かへり)けん。

■やぶちゃんの呟き

 ……消えた兎……静山さん……そりゃ、お母さまか、御家臣のどなたかの悪戯で御座いましょうぞ……なお、兎の博物誌は「和漢三才圖會卷第三十八 獸類 兔(うさぎ) (ウサギ)」をどうぞ……因みに、その「本草綱目」の引用部には、『雄の豪(け)[やぶちゃん注:時珍の「毫」の誤字か。毛。]䑛めて孕む。五つ月[やぶちゃん注:五ヶ月。]にして子を吐く【或いは、「兔は雄無くして、中秋、望(もち)の月の中の兔を顧みて、以つて孕む。」と謂ふは、不經〔(ふけい)〕[やぶちゃん注:常軌を逸すること。道理に外れること。]の說なり。】。目、瞬(またゝきせ)ずして瞭然たり。【故に「明眎」と名づく。】兔は明月の精なり【白毛の者、藥に入るるに可なり。】。兔、潦(にはたづみ)[やぶちゃん注:大雨の水。]を以つて鼈(すつぽん)と爲り、鼈は旱(ひでり)を以つて、兔と爲る。熒惑星(けいわくせい)、明らかならざれば、則ち、雉〔(きじ)〕、兔を生ず』と、尤もらしいトンデモ変成(へんじょう)説が載っていますよ……蛙の、故郷の地に「かへる」は、恐らく、江戸時代の語呂合わせで御座いましょう……「和漢三才圖會卷第五十四 濕生類 蝦蟇(かへる)」には載ってませんし、「日本山海名産図会 第二巻 山蛤(あかかへる)」なんどにも、あらしまへん……

「淺草福川町」現在の台東区寿四丁目(グーグル・マップ・データ。以下同じ)の内。

「隱邸」静山は隠居後は江戸本所の下屋敷で生活した。現在のこの中央附近。切絵図では、「江戸マップ」のここの左手上方の「松浦壹岐守」がそれ。この「隣宅」は周囲の内、灰色の町屋「原庭丁」か「表丁」であろう。因みに、平戸藩上屋敷は浅草橋の、この「蓬莱園跡」がそれである。

« 百井塘雨「笈埃隨筆」の「卷之七」の「大沼山浮島」の条(「大沼の浮島」決定版!) | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「兎と月」 »