フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「異形を見る」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「いくじ」 »

2023/08/11

譚海 卷之九 常州外海ゐくちの魚の事 /(フライング公開)

[やぶちゃん注:現在、作業中である柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」のために必要となったので、フライングして電子化する。特異的に句読点・記号の変更・追加と、読みを加え、段落も成形した。]

○常陸(ひたち)の外海(そとうみ)には、「ゐくち」と云(いふ)魚ありて、時々、舟に入(い)るなり。「ゐくち」入(いり)たる船は、沈む事故(ゆゑ)、船頭、はなはだ、恐(おそる)るなり。

 此「ゐくち」、ふとさは、さのみもあらぬものなれども、長さ數百丈ありて、舟を、こなたより、あなたへ、こゆるなり。その、こゆる際、いくらも長く續きたるものにて、一二刻もありて、こえはつれば、水に落入(おちいり)たる音して、何のさはりも、なし。[やぶちゃん注:「數百丈」六掛けで一・八一八キロメートル。「一二刻」ウィキの「イクチ」の注釈「1」によれば、『原文は「一二刻」だが、』「一、二刻」と『読むべきであろう。目撃されるのは』「『常に夜陰の事にて』」『とあるので夜の一刻が該当する。平均を取って 』一・五刻『あれば、夏場の夜の』一『刻が』二『時間弱だから』、三『時間弱という概算にもなりうる。ただ』、『夏至だと』、『昼の一刻は最長となり』、二時間四十分であるのに対し、『夜の一刻は』一時間二十分『しかない』という緻密な考証を私は尊重することとした。]

 只、こゆるあひだに、その内より、油をこぼす事、おびたゞしく、其儘におけば、あぶら、舟に、みちて、沈むゆゑに、『「ゐくち」、入りたり。』と見れば、船中の人、無言にて、只、此(この)こぼるゞ油を、器物へ、うけて、いくらともなく、海へ、こぼす事なり。

 「ゐくち」の油、「ふのり」の如くねばりて、舟の中、はなはだ、滑らか成(なる)ゆゑ、進退成(なり)がたきまゝ、「ゐくち」の入りたる舟をば、いつも、跡にて、よく洗ふ事なり。

 いつも、夜陰(やいん)の事にて、その形を、しかと見たる事なけれども、うなぎのごとく、總身(さうみ)、ぬめりて、油、おほく、ある物なりとぞ。

[やぶちゃん注:私の「耳嚢 巻之三 海上にいくじといふものゝ事」を参照されたい。一応、古いが、私のモデル生物を注で述べてある。

「ふのり」紅色植物門真正紅藻綱スギノリ目フノリ科フノリ属 Gloiopeltis に属する海藻類。私はこれがなくては生きて行けないほどの好物で、常にストックがある。本邦では。古くから糊の原料とされ、漆喰・織物の糊つけ・工芸品の接着・整髪料、蕎麦のつなぎ(「へぎそば」)などに幅広く利用されてきた経緯がある、民俗社会では馴染みの海藻である。]

 又、「いるか」といふは、「さめ」のごとき魚にて、鹿に似たるものなり。よく眠る事をこのむものにて、苫(とま)なき舟へは、いつとなく入(いり)て、いびきかき、寢るなり。夫故(それゆゑ)、獵師、いるかをとるには、夜陰、海上に出(いで)て、舟を、うかめ居(を)れば、「いるか」、おほかた、舟底に入(いり)て、寝る事なり。やがて、舟をこぎもどして、岸に着(つき)て、「もりは[やぶちゃん注:ママ。]」にて、突殺(つきころ)して、くひものにす。獵船の、江戶へ、魚、仕送(しおく)るに、時々、いるか入(いり)て、とものかたに、いびき、かきて、寢ている[やぶちゃん注:ママ。]事ありと、いへり。

[やぶちゃん注:「もりは」底本では編者による右傍注があって、『(もくわ)』とあるのだが、意味が判らない。私は単純に「銛」に「は」が衍字となったものと考えたのだが。]

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「異形を見る」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「いくじ」 »