フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 譚海 卷之十 某御奉行長屋住居の儒者に狸物語の事 /(フライング公開) | トップページ | 譚海 卷之八 諸獸の論幷獵犬の事 /(フライング公開) »

2023/08/09

フライング単発 甲子夜話卷之二十六 6 平戶の海邊にて脚長を見る事

[やぶちゃん注:現在、作業中である――ある仕儀(それは、近々、公開を開始する新規予定の続き物でね――それまでは――「ヒ、ミ、ツ」)――のために必要となったので、フライングして電子化する。句読点の変更・追加と、読み・記号を加え、読み易さを考えて、特異的に改行・段落を成形した。漢文部は後に〔 〕で推定訓読を入れたが、《 》は私が不全を補塡したもの。]

26―6

 「三才圖會」云(いはく)、

『長脚國赤水。其 國與長臂國。其人常長臂人、入ㇾ海ㇾ魚。蓋長臂人ノ身ハ如クニシテ中人、而臂二丈。〔長脚國(ちやうきやくこく)は、赤水(せきすい)の東に在り。其の國、長臂國(ちやうひこく)と近し。其の人、常に長臂人《を》負ひ、海に入りて、魚を捕る。蓋し、長臂人の身は中人(ちゆうじん)[やぶちゃん注:「中華の人」の意か。或いは、普通の人の背丈の意か。]のごとくにして、臂(ひぢ)の長さ、二丈。〕』と。

 これ、長脚國の脚長(あしなが)は云はざれども、長臂を負ひ、入ㇾ海〔海に入《り》〕て捕ㇾ魚〔魚《を》捕る〕とあれば、長脚の長(ながさ)も二丈ばかりなること、知(しる)べし。

 平戶城の西北二里ばかりに神崎山(こうざきやま)あり。其海邊に晴夜(せいや)、海、穩(おだやか)なるとき、或人、小舟に乘り、汀(みぎは)より、六、七十間[やぶちゃん注:百九~百二十七メートル。]を去(さり)て、釣を垂る。

 この中(うち)、一士人(いちしじん)あり、ふと、海濱を顧(かへりみ)れば、何ものか、來て、炬(たいまつ)をかゝげて、蜘蹰(ちちゆう)[やぶちゃん注:「躊躇」に同じ。進むことを躊躇(ためら)うこと。]する者あり。

 よく視るに、腰上は、常人に異(こと)ならざれども、足の長さ、九尺許り。

 士人、その怪狀に駭(おどろ)く。

 從者、云ふ。

「これ、『足長』と呼ぶものにて、この物、出(いづ)れば、必(かならず)、天氣、變るなり。遄(はやく)、この處を退(しりぞ)かん。」

と云(いふ)ゆゑ、そのとき、天に一點の雲、なし。

「いかで變ずることあらんや。」

と言(いひ)ながら、舟を返して、十餘丁も漕行(こぎゆき)し頃、黑雲、忽(たちまち)、起り、雨、驟(しき)りなれば、城下に歸ることを得ずして、その邊(あたり)に泊す。

 然(しか)るに、少間(すこしのあひだ)にして、雨、歇(や)み、空、霽(はれ)たりと。

 この足長も、妖怪にこそあれ、天地間(てんちかん)の一物(いちぶつ)なれば、長脚國のあるも、虛語(そらごと)にあらじ。

■やぶちゃんの呟き

・「三才圖會」の「長脚國」と「長臂人」は国立国会図書館デジタルコレクションの萬曆三七(一六〇九)年序の刊本の「人物十四卷」のここ(前者)と、次の丁のここ(後者)に出る。使用許可のある画像なので、それぞれトリミング(補正はしていない)して示す。

「長脚國人」の図。

Tyoukyakukokujin

「長臂人」の図。

Tyoughijin

・「神崎山」長崎県平戸市大久保町神崎地区であろう。南で薄香湾(うすかわん)を望む。「ひなたGPS」で戦前の地図を見たが、山名はないが、西の岬のピーク『106.1』或いは、『神崎』の地名の南に『97』のピークがあるので、その孰れかであろう。前者か。

・「足長」不詳。何らかの浅い海中に降りて何かをすなどるため、異様に高い高下駄を履いている漁師か?

 

« 譚海 卷之十 某御奉行長屋住居の儒者に狸物語の事 /(フライング公開) | トップページ | 譚海 卷之八 諸獸の論幷獵犬の事 /(フライング公開) »