フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« フライング単発 甲子夜話卷之三十一 12 獵犬の忠心二事 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「紀州屋敷怪談」 »

2023/09/27

柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「義犬」

[やぶちゃん注:本書は昭和三六(一九六一)年一月に東京堂から刊行された。この総題の「随筆辞典」はシリーズ物の一書。本書については、初回の冒頭注を、また、作者については、私の『柴田宵曲 始動 ~ 妖異博物館 「はしがき」・「化物振舞」』の私の冒頭注を参照されたい。

 底本は国立国会図書館デジタルコレクションのこちらを使用した。新字新仮名である。但し、加工データとして、所持する筑摩書房『ちくま文芸文庫』の「奇談異聞辞典」(底本を解題したもの・二〇〇八年刊)を加工データとして使用させて貰った。ここに御礼申し上げる。

 読みが振れる、若い読者が躓くかも知れぬ箇所には《 》で読みを添えた。引用文の場合は歴史的仮名遣を用いた。なお、( )は柴田自身が附したルビである。

 また、柴田のストイックな編集法を鑑み、私の注は、どうしても必要と判断したもののみとした。幸い、有意な部分は私が既に電子化注したものがあるので、それをリンクさせてもいる。但し、この原本は新字新仮名であるため、私が電子化していない引用文の原本に当たることが出来たものは、極力、視認出来るように、国立国会図書館デジタルコレクションや他のデータベースの当該部をリンクさせるように努めた。

 なお、辞典形式であるので、各項目を各個に電子化する。公開は基本、相互の項目に連関性がないものが多いので、一回一項或いは数項程度とする。

 

        

 

 義犬【ぎけん】 〔甲子夜話巻卅一〕筑前秋月の城下より一里程にして、松丸と云ふ処に十国峠と云ふ山あり。爰に古墳三あり。云ふ、一は猟夫、一はその婦、一は猟犬の墓と。そのゆゑは嘗て猟夫此処に休らひ居たるに、この犬猟夫に向ひ頻りに吠えて止まず。猟夫怒りを発し鳥銃を以て打ち殺す。そのあとにてふと頭上を見れば、蟒(うはばみ)樹上より臨みて猟夫を呑まんとす。犬はこれを告げたるなり。猟夫始めて犬を殺せるを悔い自尽せりとぞ。妻もまたこれを慕ひ遂に死す。その墓なりと云ふ。(秋月の士僧となり、大道と云ひしが談なり)またこれに似たることあり。吾領内相神浦中里村と云ふより東行道の傍に小堂あり。(吉岡村と云ふ処)これを犬堂と呼ぶ。その中には石を重ねたるのみにて他物なし。堂はこれが為に建てたるなり。その故は嘗て猟夫あり、夜鹿を打ちに山に往く。鹿の来るを待ちて睡を催したるに、率ゐ行きし犬は頻りに吠えて喧し。叱れども止まず。猟夫腹をたて、即ち犬の首を斬り落したれば、その首飛揚ると見えしが、乃ち仰ぎ見れば大なる蟒、樹上より垂れ下りたるその喉にくひつき、蟒これが為に死《しに》たりとなり。猟夫因てその怒りを悔い、且つ犬を憐み、埋《うづみ》てこの堂を建てしとなり。

[やぶちゃん注:事前に「フライング単発 甲子夜話卷之三十一 12 獵犬の忠心二事」で正字表現で電子化注しておいた。後半に附した注も参照のこと。]

〔窓のすさみ〕ある士野行して暮れかゝる頃、労(つか)れければ樹下の石に腰かけて休み居けり。飼ひける犬跡につきて来りけるが、側にそひ居たりやゝ有りて睡《ねぶ》りければ、かの犬起きあがり、一声吠えて喰ひ付く気色なれば、士目さめて、この狗われを喰ふべきにやと心附きしかば、空眠《そらねぶ》りをしたるに、また起きあがる所を、抜打に切りければ、首飛びて梢に上りつ。不思議と思ひてふりあげ見れば、樹上にうはゞみの大なるが、下をのぞき居たる咽《のんど》に喰ひ付きて、共に死せりけり。これ士を喰はんとのぞきかゝる所を、狗《いぬ》の見附けて防がんとせしが、切られけれど、勢気《せいき》のあまり、思ひ込みたる所へ、直《ただち》に喰付きたるなりけりと、思ひ知りしかば、彼が心を感じ、足ずりをして悔みけれどもかひなく、泣く泣くこれを懇ろに埋めて、為に塚を築きしとぞ。主の急を見て救はんとせしを知らずして、かヘつて疑ひ殺したるは大なる誤りにや。君臣の間、兄弟の中、朋友の交りにも、このたぐひ多し。

深く思ふべき事こそ。<『江戸著聞集巻五』薄雲の猫の話も畧〻これに同じ>

[やぶちゃん注:実は、「柴田宵曲 妖異博物館 蟒と犬」で、前の話も含めて、宵曲が紹介しており、それらの原文その他も示してあるので、是非、そちらを見られたい。]

« フライング単発 甲子夜話卷之三十一 12 獵犬の忠心二事 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「紀州屋敷怪談」 »