フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「蟹沢の長源寺」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「蟹鳥と化す」 »

2023/09/16

譚海 卷之八 蟹鳥に化したる事 (フライング公開)

[やぶちゃん注:現在、作業中である柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」のために必要となったので、フライングして電子化する。特異的に句読点・記号の変更・追加と、読みを加え、段落も成形した。]

 

 又、常州にて、蟹の鳥に變じたるを見たりとて、物語りせしは、その人、

「水戶の、ある醫師の宅に寓居せし折(をり)、その庭の池に大成(だいなる)蟹ありしが、鳥に成(なり)たるを見付(みつけて)て、人々、每日、行(ゆき)てうかゞひたるに、やうやう日數(ひかず)をかさぬるまゝ、蟹のはさみの所、鳥のくちばしと變じ、左右の四足は、はねに變じ、二つに、蟹の甲、別れて、片々(かたがた)の四足、日ごとに二足は、かたわれの方へうつりて、左右のはねと成(なり)ぬ。

 今一つの甲にある足も、かたの如し。

 うつり變じて、つひに、二羽の「かいつぶり」となりて、飛びめぐり、池中(いけなか)に住(すむ)事、數日(すじつ)なりしに、いつ、とびさりしもしらず、失せける。」

と、いへり。

[やぶちゃん注:あり得ない化生(けしょう)説であるが、これは一個の巨大な蟹が、甲が縦に分離して、二羽の「かいつぶり」(鳥綱カイツブリ目カイツブリ科カイツブリ属カイツブリ亜種カイツブリ Tachybaptus ruficollis poggei 。南大東島には固有亜種ダイトウカイツブリ Tachybaptus ruficollis kunikyonis が棲息する)となったというのは、作り話ではあるが、トランスフォーマーぽく、捻りが入っていて面白い。カイツブリは殆んど水上(通常は淡水の湖・池や河川をフィールドとする)で生活し、浮いた状態での泳ぎも上手い。通常の鳥よりも尻に近い所から後脚は生えており、泳ぐ際の後脚の動かし方は、カエルのそれに似ている。古来より「鳰の浮き巢」で知られるように、巣も水際に作る。水界で異種のカニとカイツブリは確かに接近しており、化生説を容易に語れるという親和性があるとも言える。蟹の同定はする気にならない。池だから、大蟹となると、ロケーションが海辺に近いのであるなら、モクズガニ・ベンケイガニなどが想起されるが、真面目に考証する気にはならない。

「又」この本篇は、「卷八」の第三話目であるが、冒頭が水戸を舞台としたもので、二番目が筑波山の話となっており、ロケーションに地域的親和性があるために、かく、枕したに過ぎない。]

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「蟹沢の長源寺」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「蟹鳥と化す」 »