フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「温泉宿の雪隠」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「女と蛇」 »

2023/09/06

フライング単発 甲子夜話卷之七 25 蛇、女を見こみたる事

[やぶちゃん注:現在、作業中である柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」のために必要となったので、フライングして電子化する。句読点の変更・追加と、読み・記号・改行・段落を加えた。]

 

7―25

 一日(いちじつ)、久留里(くるり)侯の別邸を訪(おとなひ)しとき、その臣等、打よりての話(はなせ)し中(うち)に、その領邑《りやういふ》の事なりとかや。

 藩士某(なにがし)、野外を通行せしに、路傍の草むらある處に、一女子(いちぢよし)の立(たち)ては踞(うづくま)り、又、立(たち)ては踞ること、屢(しばしば)

にして、ことに難儀の體(てい)なりしかば、

「いかにして、如ㇾ斯(かくのごとき)や。」

と問へば、女、答ふ。

「あれ、見給へ。向ふの土穴(つちあな)の中の蛇、我を見込みたりと覺(おぼえ)て、穴より首を出(いだ)し、我立(たた)んと爲(す)れば、穴より出(いで)て、追來(おひきたら)んとするの勢(いきおひ)あり。因(よつ)て、踞れば、また、穴に入(い)る。故に逃去(にげさら)んとすれども、不ㇾ能(あたはず)。」
と云(いふ)。

 士、因(より)て、試(こころみ)に、其女を立(たた)しむれば、其言(げん)の如し。

 士、云ふ。

「憂(うれふ)ること、勿(なか)れ。我、一計あり。」

 女、涕泣して脫(のが)れんことを求む。

 士、乃(すなはち)、佩刀を拔き、穴口に當て、女を使(し)て、急に逃去らしむ。

 蛇、忽(たちまち)、穴を出(いで)て、追はんとするに、首(かう)べ、刀(かたな)に觸(ふれ)て、兩段となり、女は、遂に、難を免(まぬ)れたりとなり。

■やぶちゃんの呟き

 この手の話は中古以来、さわにある。

「久留里侯」上総国望陀(もうだ)郡久留里(現在の千葉県君津市久留里)の久留里城を居城とした藩。ここ(グーグル・マップ・データ)。房総半島の、まさに臍に当たる。

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「温泉宿の雪隠」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「女と蛇」 »