フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十八 魚類 河湖有鱗魚」改訂開始 | トップページ | 譚海 卷之八 酒井雅樂頭殿の馬の事 (フライング公開) »

2023/09/02

柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「お七の墓」

[やぶちゃん注:本書は昭和三六(一九六一)年一月に東京堂から刊行された。この総題の「随筆辞典」はシリーズ物の一書。本書については、初回の冒頭注を、また、作者については、私の『柴田宵曲 始動 ~ 妖異博物館 「はしがき」・「化物振舞」』の私の冒頭注を参照されたい。

 底本は国立国会図書館デジタルコレクションのこちらを使用した。新字新仮名である。但し、加工データとして、所持する筑摩書房『ちくま文芸文庫』の「奇談異聞辞典」(底本を解題したもの・二〇〇八年刊)を加工データとして使用させて貰った。ここに御礼申し上げる。

 読みが振れる、若い読者が躓くかも知れぬ箇所には《 》で読みを添えた。引用文の場合は歴史的仮名遣を用いた。なお、( )は柴田自身が附したルビである。

 また、柴田のストイックな編集法を鑑み、私の注は、どうしても必要と判断したもののみとした。幸い、有意な部分は私が既に電子化注したものがあるので、それをリンクさせてもいる。但し、この原本は新字新仮名であるため、私が電子化していない引用文の原本に当たることが出来たものは、極力、視認出来るように、国立国会図書館デジタルコレクションや他のデータベースの当該部をリンクさせるように努めた。

 なお、辞典形式であるので、各項目を各個に電子化する。公開は基本、相互の項目に連関性がないものが多いので、一回一項或いは数項程度とする。

 

 お七の墓【おしちのはか】 〔一話一言巻二〕瀬名貞雄云ふ。八百屋於七が墓、小石川円乗寺<東京都文京区内>にあり。上に梵字ありて、妙栄禅定尼とあり。この碑古き碑にて、先年火災の時中より折れたりしを、そのまゝ上にのせてあり。また右同様に、銘も切りて立像の弥陀を彫刻せし新らしき碑、その側にあり。これは近頃建ちたる碑なり。予この故を尋ねけれども、しれず候ひしに、ある人語つて曰く、円乗寺の住持答へて云ふ。駒込<文京区内>天沢山竜光寺は、京極佐渡守高矩の菩提所にて、かの家の足軽など、度々墓掃除に通ひたりし。何某とかいひける足軽、ある夜の夢に、かの墓掃除に参りける心地にて、小石川馬場の辺を夜深に通りけるに、雞《にはとり》一羽出たるをみれば、頭は少女の首にて形雞なり。かの足軽の裾を喰へて引きける故、その故を尋ねしに、小女のいふ。はづかしながら、吾は以前火罪に行はれし八百屋の七といふ者なり、今以て此《かく》の如く浮《うか》み申さず候故、跡弔ひ給はれと頼みけるを、夢の心地にてうけがひたり。夢さめて思はざる夢を見し事と思ひたりしに、この夢三夜うちつゞきてみしまゝに、今は忍びあへず、駒込吉祥寺<文京区本駒込>に行きて尋ねけるに、これは小石川円乗寺へ行きて尋ぬべしとあいさつありし故参りたりとて、円乗寺ヘ件《くだん》の足軽尋ね来し故、いかにも七が墓は在るといへども、火災の節折れたりしが、無縁のもの故、たれか再興すべきと空しき体《てい》に候と住持答へしに、右足軽墳墓を新たにたて、立像の弥陀を彫刻させ、お七が法名を切らせ、立てそへて、法事料を納めて法事を頼みけるよし。いかなる因縁にて彼が夢にみえ、法会《ほふゑ》行ひける事かしれず。その後はかの足軽も見えずと、円乗寺住職物語りの由。

[やぶちゃん注:「一話一言」(いちわいちげん)は大田南畝著の随筆。既出既注だが再掲すると、全五十六巻であったが、六巻は散佚して、現存しない。安永八(一七七九)年から文政三(一八二〇)年頃にかけて書いたもので、歴史・風俗・自他の文事についての、自己の見聞と他書からの抄録を記したもの。国立国会図書館デジタルコレクションの『蜀山人全集』巻四(明治四〇(一九〇七)年吉川弘文館刊)のこちらで正字で視認出来る。そこでの標題は「お七墓」である。彼女については、当該ウィキを見られたい。話としてはよく知られているが、ここで問題になっている墓を含め、いろいろと疑義がある。一応、処刑されたのは、天和三年三月二十八日(一六八三年四月二十四日)とそこにはある。

「瀬名貞雄」(享保元(一七一六)年~寛政八(一七九六)年)は幕臣で故実家。寛延元(一七四八)年に大番組士となり、天明二(一七八二)年、番を辞して、小普請組に入った。その後、寛政元(一七八九)年に、抜擢されて奥右筆組頭格となり,「藩翰譜続編」の編纂を命じられたが、事業半ばにして没した。武家故実に詳しく、徳川幕政初期からの歴史や江戸の地理を考究した。大田南畝と親しく、天明五(一七八五)年から寛政二(一七九〇)年にかけて、南畝の質問に対し、瀬名が回答したやりとりを纏めた「瀬田問答」(らいでんもんどう)が残る。

「小石川円乗寺」ここ(グーグル・マップ・データ。以下同じ)。お七が男を見初めた発端となる、火災で避難した寺。

「駒込吉祥寺」ここ。井原西鶴が「好色五人女」でお七が前記の避難した寺として設定した寺。

「天沢山竜光寺」ここ。前の吉祥寺の南南西直近である。

「京極佐渡守高矩」讃岐国丸亀藩第四代藩主で丸亀藩京極家第六代京極高矩(たかのり 享保三(一七一八)年~宝暦一三(一七六三)年)。前の竜光寺の地図に丸亀京極家墓所がある。]

« 寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十八 魚類 河湖有鱗魚」改訂開始 | トップページ | 譚海 卷之八 酒井雅樂頭殿の馬の事 (フライング公開) »