フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「蟹鳥と化す」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「金霊」 »

2023/09/17

柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「金が嶽の新左衛門」

[やぶちゃん注:本書は昭和三六(一九六一)年一月に東京堂から刊行された。この総題の「随筆辞典」はシリーズ物の一書。本書については、初回の冒頭注を、また、作者については、私の『柴田宵曲 始動 ~ 妖異博物館 「はしがき」・「化物振舞」』の私の冒頭注を参照されたい。

 底本は国立国会図書館デジタルコレクションのこちらを使用した。新字新仮名である。但し、加工データとして、所持する筑摩書房『ちくま文芸文庫』の「奇談異聞辞典」(底本を解題したもの・二〇〇八年刊)を加工データとして使用させて貰った。ここに御礼申し上げる。

 読みが振れる、若い読者が躓くかも知れぬ箇所には《 》で読みを添えた。引用文の場合は歴史的仮名遣を用いた。なお、( )は柴田自身が附したルビである。

 また、柴田のストイックな編集法を鑑み、私の注は、どうしても必要と判断したもののみとした。幸い、有意な部分は私が既に電子化注したものがあるので、それをリンクさせてもいる。但し、この原本は新字新仮名であるため、私が電子化していない引用文の原本に当たることが出来たものは、極力、視認出来るように、国立国会図書館デジタルコレクションや他のデータベースの当該部をリンクさせるように努めた。

 なお、辞典形式であるので、各項目を各個に電子化する。公開は基本、相互の項目に連関性がないものが多いので、一回一項或いは数項程度とする。

 

 金が嶽の新左衛門【かねがたけのしんぜもん】 〔裏見寒話追加〕金が岳に新左衛門と云ふ異形あり。いつの頃よりか、この山中に棲《すん》で、全体鬼形《きぎやう》に化して風雨雷鳴を起す。里俗渠(かれ)が怒りを恐れて、この名を付けたりと云ふ。一説に、信州諏訪の温泉に甲斐より来りて入浴する者あり。他の浴客と睦《むつま》しく語る。その姓名を問へば、金が岳の新左衛門と笞ふ。問ふ人愕然大いに驚き、兼ねて聞く、金が岳新左衛門は山犬の類にして、人に交る事なし、客戯れにも名を知らるゝなかれと合言《あひごと》す[やぶちゃん注:応じて注意して言った。]。また云ふ、我《われ》数《す》百年金が岳に住み、天然自然の飛行《ひぎやう》、時としては風雪雷電を起し、平日天狗と交りて魔術に通ず、故に怒る時は鬼形に化し、和する時は平人となり、交り結ぶ。所謂荏草の孫右衛門が如きは、術未だ至らずして自然の変化を成す能はず、猛獣毒蛇をはじめ、我は恐るゝ者なしと。その詞《ことば》未だ終らざるに、忽然として火の玉来りて浴室の軒に止る。新左衛門笑うて云ふ、これ白猿と云ふものなり、良(やや)もすれば我と魔術を争ふ、白猿は猿、五百年を経て、狒(ひひ)となり、千年を経て白猿となる、また天狗と等しく猛悪無双にして、我と慢心を較べんと、斯《かく》の如きの怪異をなす、併し恐るゝに足らずと笑ふこと、常人に違《たが》ふ事なしとぞ。

[やぶちゃん注:「裏見寒話」「小豆洗」で既出既注。国立国会図書館デジタルコレクションの『甲斐志料集成』第三(昭和八(一九三三)年甲斐志料刊行会刊)のここの「追加」の「怪談」の「○金ヶ嶽の新左衞門」がそれ。しかし、親本が異なるらしく、冒頭から『淺見筋』(旧街道名)がなく、宵曲の引用では普通に読める箇所が、そちらでは、カットされて躓く。また、他にも細部の表現に微妙な違いがあるので、親本の原写本が違うと考えられる。比較されたい。「金が岳」は『金ヶ岳』。現在の甲府市北後背にある標高千七百六十四メートルの山。山梨県北杜市と甲斐市にある「金ガ岳」(グーグル・マップ・データ)。

「荏草」現代仮名遣で「いぐさ」「いくさ」「えくさ」「えがや」(それが転じて「えがら」ともなった)の読みがある。異界の者の名は通常の読みからズラすのが普通であるから、私は古くから地名としてある「えがや」で読みたい。]

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「蟹鳥と化す」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「金霊」 »