フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「孔雀飛ぶ」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「九頭竜川の陰火」 »

2023/10/18

フライング単発 甲子夜話卷之二十三 23 越前の陰火

[やぶちゃん注:現在、作業中である柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」のために必要となったので、フライングして電子化する。句読点の変更・追加と、読み・記号・改行・段落を加えた。]

 

23-23

 越前の大野郡に九頭龍川と云(いふ)あり。川北は、水田數里、相連(あひつらな)る。

 この處、陰雨の夜には、必(かならず)、數千(すせん)の陰火、毬(まり)の如く、四方より飛び集り、鬪戰(とうせん)するの狀(かたち)あり。

 暫(しば)しで、又、碎け散る形、敗走するが如し。遠望に分明にして、其場に至れば、有ること、なし。暮後(くれあと)より、五更に至ると云ふ。

 里人(さとびと)、相傳(あひつた)ふ、

「これ、昔、平泉寺の僧徒、戰沒の冤魂、この幽火を爲す。又、新田義貞、自害せし藤島の地も、この下流にあれば、皆、戰亡の迷魂、散ぜずして、如ㇾ此(かくのごとし)。」

と云ふ。

 これ、其土人、目擊にして、妄說に非ず。

 此等の陰火は、何の爲(す)る所なるか。

 天地間には、不可解の異事も有るもの也【平泉寺、今に、越前にあれど、昔に比すれば、微々たり。昔は、その寺、最大にして、僧徒の戰爭、屢(しばしば)なりしこと、「太平記」を見ても知るべし。】。

■やぶちゃんの呟き

「陰雨」ここでは、「しとしとと降り続く雨」の意。

「五更」午前三時頃から午前五時頃まで。

「平泉寺」福井県勝山市平泉寺にあった天台宗の寺。山号は霊応山。養老元(七一七)年、泰澄の創立と伝えられる。加賀国白山権現の別当寺。応徳元(一〇八四)年から延暦寺に属し、「白山信仰」を背景に栄えたが、明治初年、神仏分離により、寺号を失い、白山神社(グーグル・マップ・データ)となった。私は大学生の時、父母と訪れたことがあり、静謐な境内に心打たれた。今も絵葉書を持っている。

「藤島」新田義貞は延元三/建武五(一三三八)年)閏七月上旬、越前国藤島(福井市藤島町附近。グーグル・マップ・データ)の灯明寺畷にて、斯波高経が送った細川出羽守・鹿草公相の軍勢と交戦中、戦死した。

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「孔雀飛ぶ」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「九頭竜川の陰火」 »