フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「狐の使者」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「狐の玉」 »

2023/10/09

譚海 卷之八 江戶本所の大工狐の玉を得たる事(フライング公開)

[やぶちゃん注:現在、作業中である柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」のために必要となったので、フライングして電子化する。特異的に句読点・記号の変更・追加と、読みを加え、段落も成形した。]

 

 江戶本所龜井戶の名主、地面に住する大工某、ある夏の宵、すゞみ居たるに、狐一疋、出てあるきたるが、何やらん、狐、手にて、まろばしやれば、

「ばつ」

と、火、もえ出(いづ)る。

 能(よく)うかがひみれば、火のもゆる所をとめて[やぶちゃん注:探して。]、地を照らし、蟲をひろひてくふやうすなり。

 あやしく思ひて、段々、ちかよりたるに、狐は、むしを拾ふ事に、人あるをも、わすれて、いみさけず[やぶちゃん注:「忌み避けず」。]、度々(たびたび)、まろばし、きたりて、手元近く、まろびきたるとき、大工、あやまたず、是をつかみければ、狐は、それにおどろろきて、にげうせたり。

 手にとりて、よく見れば、しろき玉なり。

 珍しく思ひて、持歸りて祕藏せしに夜など、會集の席にて、人人、歸るとき、草履など尋(たづね)けるに、此玉をとり出(いだ)してまろばせば、例の如く、火もえ出で、付木(つけぎ)をもちひず、あかりの用を辨じけり。

 いよいよ、重寶して、三年斗(ばか)り、此玉を所持する間、狐一疋、とかく、大工につきそひて、晝夜、離れず。

 何となく、としへて、大工、瘦(やせ)おとろへ、人も見聞(みきき)て、

「この玉の、祟りなるべし。」

と、いひしかば、大工も、

『詮なき事。』

に、おもひて、やうやう、

『玉を、かへさばや、』

と、おもふ心、付(つき)けり。ある夜、

「もの求むる。」[やぶちゃん注:「何となく(玉を)求めるものがいる」の意であろう。]

とて、心より、はるか外に、玉をなげやりつれば、あやまたず、狐、をどりよりて、やがて、玉をとりて、にげうせたりとぞ。

 其後、大工は、事なくあり、とかたりし。

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「狐の使者」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「狐の玉」 »