フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 「和漢三才圖會 卷第四十 寓類 恠類」の大改訂終了 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「狐の老女」 »

2023/10/13

譚海 卷之九 同市ケ谷外山婆々狐の事(フライング公開)

[やぶちゃん注:現在、作業中である柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」のために必要となったので、フライングして電子化する。特異的に句読点・記号の変更・追加と、読みを加え、段落も成形した。標題の「同」は江戸。たまたま、同じく「譚海 卷之九 房總の地狐釣の魚を取る事 / 江戶十萬坪の狐釣の魚を取る事(フライング公開二話)」の後者が直前話であったことによる「同」である。]

 

 江戶市ケ谷尾州殿山屋敷の邊を外山(とやま)と號す。その近所に若松町と云(いふ)に、御旗組の同心十人あまりすめる所あり。

 その或家の同心、娘を、人のもとにつかはす婚姻の約束、とゝのへて、やうやく、其事、いそぎものするにつけて、下女なども事たらねば、人にあつらへて、召抱(めしかかへ)などせんとせしに、あるつてに付(つき)て、老女、壹人、入來り、折から、手のほしきほどなれば、いふまゝに、確かにも聞きさだめず、まづ、かりそめに、とゞめ置(おき)たるに、此女、物ぬふ事よりはじめて、何事にも拙からず、殊にかひがひしくまかなひければ、

「よきものを得たり。」

とて、家の内、よろこびて、殊にきりもの[やぶちゃん注:「切り者」。何につけ才覺があること。]にて有(あり)ける。

 其比(そのころ)、女の宿(しゆく)[やぶちゃん注:「女のもと居た在所」の意であろうか。以下、ちょっと、この「宿」という語は、引っかかる。]よりこしたる由にて、あざらけきうを[やぶちゃん注:新鮮な魚。]、又は、珍らしき美味のものなど、主人をはじめ、家内の者にいたるまで、すゝむる事、度々に及びぬ。

 後は、

『あまりに、心得ぬ事。』

にも思へど、又、さのみ、あらためすべき事にもあらねば、まゐらするまゝに、上下(うへした)、打(うち)よりて、賞翫しける。

 扨(さて)、婚姻のさだまり、

「此老女をも、ぐしてやるべき事。」

に沙汰し、よろづ、とゝのへはてて、其日に成(なり)て、只今、かごかき、入(いれ)て、娘を送りゆかんとする時に至(いたり)て、この老女、かくれて見えず。

「いづくへ行きぬるや。」

と、しばしば、手を分ちて尋(たづね)けれども、つひに、見えず。

 やがて、其まゝに日數(ひかず)も、たち、月も、こえぬれど、消息、なし。

 いづくのもの、いかなる宿といふ事も、たしかに聞き定めざれば、今更、求めんかたもなくてやみぬ。

 やうやう、人々、あつまりて、思ひ定むるに、

「こゝに、『外山の原の婆々狐(ばばぎつね)』といへるよし、久しく、人の耳に聞き傳へたる事なり。大かた、かの狐のたぐひにあらずや。」

又、

「『おのが宿より、越(こし)たる。』よしにて、思ひがけぬくひものなど、たびたびに及びしも、いと、あやしき事なり。」

「かたがた、さるもののせし事にや。」

など、あざみて、いひ傳へぬ。

[やぶちゃん注:そもそも、この「外山の原の婆々狐」、何の目的で、ここに入り込んだのか。その目的が全く周囲の人間に認識感知されていない点こそが、実は最も不思議な部分であると言える。

最後の「あざみて」は、「あざむ」、元は「淺(あさ)む」で、近世以後は「あざむ」ともなった。ここは「意外なことに驚く・あきれかえる」の意。]

« 「和漢三才圖會 卷第四十 寓類 恠類」の大改訂終了 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「狐の老女」 »