フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「桑原井」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「下女の幽霊」 »

2023/10/22

柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「群猿舞を望む」 / 「く」の部~了

[やぶちゃん注:本書は昭和三六(一九六一)年一月に東京堂から刊行された。この総題の「随筆辞典」はシリーズ物の一書。本書については、初回の冒頭注を、また、作者については、私の『柴田宵曲 始動 ~ 妖異博物館 「はしがき」・「化物振舞」』の私の冒頭注を参照されたい。

 底本は国立国会図書館デジタルコレクションのこちらを使用した。新字新仮名である。但し、加工データとして、所持する筑摩書房『ちくま文芸文庫』の「奇談異聞辞典」(底本を解題したもの・二〇〇八年刊)を加工データとして使用させて貰った。ここに御礼申し上げる。

 読みが振れる、若い読者が躓くかも知れぬ箇所には《 》で読みを添えた。引用文の場合は歴史的仮名遣を用いた。なお、( )は柴田自身が附したルビである。

 また、柴田のストイックな編集法を鑑み、私の注は、どうしても必要と判断したもののみとした。幸い、有意な部分は私が既に電子化注したものがあるので、それをリンクさせてもいる。但し、この原本は新字新仮名であるため、私が電子化していない引用文の原本に当たることが出来たものは、極力、視認出来るように、国立国会図書館デジタルコレクションや他のデータベースの当該部をリンクさせるように努めた。

 なお、辞典形式であるので、各項目を各個に電子化する。公開は基本、相互の項目に連関性がないものが多いので、一回一項或いは数項程度とする。

 本篇を以って「く」の部は終わっている。]

 

群猿舞を望む【ぐんえんまいをのぞむ】 〔蒹葭堂雑録巻五〕浪花(おほさか)の俳優先代竹中綱八(自明和寛政役者)の幕内に、忠信の喜助と異名をつけし囃子方あり。旅芝居に西国へ下り、難船して衣裳道具は言ふに及ばず、一統に衣類まで失ひ、怪我《けが》なく帰りしを悦ぶほどの事なりしに、この喜助一人鼓《つづみ》を放さずかへりし故、斯(かく)は号(なづけ)しとぞ。この者度々《たびたび》西国に下りて難船にあひしよし、一年(あるとし)長州へ芝居に下る折から、澳(おき)にて丑寅の暴風にあたり、一天墨を流せし如くにかき曇り、波濤頭上に踊り、船は数十丈も上り下りて、船中の人恰も米俵をもてあそぶごとく、右にころび左にまろび、今やこの船海底に沈みなんと思ふばかりなり。原来(もとより)雨は車軸を流したり。船頭水主(かこ)は帆をおろし、命かぎりに働らきて、何方(いづかた)にも漕付けんとす。時に一統祈誓をかけし神仏の加護にや、少し風やみ波おだやかになりけるうち、松風の音しきりに聞えければ、船頭是れを考へ、こは嶋か山かに近づきたりとて、風の音を的(あて)となし、めいめいに櫓をもつて、腕をも折れよと漕ぐほどに、次第次第に諸木の葉音近づけば、皆々是れに力を得て、嶋はいづくと尋ぬるうち、風大《おほい》にやみ浪しづかになりて、闇夜のごとき空さへも、見るうちに晴れわたり、日の光かゞやきたり。船中一統蘇生のこゝち、何に譬へんかたなし。時に近づきし山を見れば、何国(いづく)ともしらぬ嶋山にて、更に人家の有りとも見えず。されども命助かりしこと、ひとへに神仏の加護なりと悦びつゝ船に入りたる淦(あか)をかへ出《いだ》し、船の破損を修理するうち、嶋山の松の枝に猿一疋顔を出し、この船を見つけ驚きたるにや、忽ち枝をわたりて奥山へかけ行きけるが、暫くするうち追々に数多の猿出来り、次第次第に群(むらが)りて、その数あげてかぞふべからず。猿は磯辺にならび、木の枝に上りて船中を指さし、キヤツキヤツとかしましく啼《さけび》立てけるが、また暫く有りてのこらず山奥へかけ入りたり。皆々これを見て、何事にやあらんと不審(いぶかしく)おもふ処に、また数多《あまた》の猿出来りしを見るに、今度は人よりも少し大きく覚ゆる猿の、毛はところ斑《まだら》にはえ、口に牙長く生ひ出で、いかさま老猿と思(おぼ)しきを、十四五疋の猿手がきにして連れ来り、さてまた以前のごとく磯ばたに列び、この度は声を立て辞義《じぎ》をする形勢(ありさま)にて、かの大猿ををしへ拝みては、また辞義をすること数回(あまたたび)なり。皆々大いにあやしみ、言語通ぜざればその趣意わからず。一人の云ふ。かの親猿を教ゆる体《てい》は、全く食物を乞ふものならん乎、然れどもかゝる辺土に漂ひ、幾日を経て人里に出んやはかり難きに、聊かにても食物を減さんこと思ひもよらずと、船中評義区(まちまち)々なりしが、向うを見るに栗柿などの果樹ありて、ことごとく実生(みのり)たれば、食を乞ふにもあらざるかと、めいめいたゆたひけるが、先づ試みに握飯を投(ほつ)て遣はすべしとて、直(ぢき)に握飯をこしらへ、二箇三箇ほど遣はしければ、これを取《とり》て岩の上に置《おき》て、またもとの如く物たのむ形勢なれば、何とも一ゑん合点ゆかず。時にこの中に吉蔵といへる衣裳元、才智あるものなりしが、不図《ふと》こゝろつきていふやう、猿は人の心をよくさとるものゆゑ、何さまこの船を芝居の船と見つけ、我々に狂言を好むにてや有らんと。皆々大いに笑ひ、何とて猿のかゝる事を知るべきやといふに、吉蔵重ねて、さにあらず、斯《かく》のごとく道具などあるを見つけ、且《かつ》よくその気をはかるものなれば、そのいはれ無きにしもあらず、さればとて猿の為に狂言もなるまじけれど、思ふにかやうの畜類は、よくその恩を知るものなれば、所望をかなへなば、我々故郷へ帰る便(たより)ともなるまじきとも言ひがたしといふに、一統横手を打《うつ》て、実《げに》もつともなる事なりとて同じければ、吉蔵の思ひ付にて、三番叟の衣裳を出し、鳥帽子鈴など取そろへ扇をもてば、めいめい笛太鼓を出し、囃子にかゝるに、互ひに顔を見合せ、こはいかなる事にや、前は已に海中に沈み、魚の腹中に葬られんとせし身の、不図(はからず)も命助かり、今又猿の為に打はやしをなすこそ可笑(をかし)けれといへば、また一人はこれぞ命を助かりし悦びの舞にてこそあれと、おのおの思はず笑ひを催し、興に乗じて囃し立つれば、吉蔵は三番叟《さんばさう》をむやみに、只おんはおんはと鳥とびやら、鳶のまねやら、拍子にかゝつて舞ひければ、猿はこれを見て、大猿を向うへ又々かき出《い》で、岩上《いはのうへ》にのせ、めいめい声を立てて歓ぶありさま、かの老猿も手を上げて、おうおうとうめくが如く悦ぶていに、船中の者ども、さればこそとて囃子ををかしくなせば、水主船頭も浮れ出《いで》て、鉢《はち》をならし、舟板をたゝきて合《あは》すれば、吉蔵は益〻浮《うか》れ、鈴と扇を打捨てて、花笠を両手にもち、三番叟なりの鐘が岬、めいめい腹をかゝへて可笑《をか》しがり、是れにあはせて囃し立て、漸《やうや》う舞《まひ》終りければ、猿は以前のごとく、頭を下げて辞義する如くなし、またかの大猿をかきて山奥へはひりぬ。一統顔を見合せ、どつと一同に笑ひつゝ、汗を拭ひけるぞ可笑しけれ。かゝる処に又むらむらと猿出で来り、めいめい何かは手に手に携へ来り、岩の上に搔上《かけあが》りて、舟の艗(へさき)を見かけて打《うち》こみ打こみ礼する如くして、また山に入りぬ。おのおのこれを見るに、則ち章魚(たこ)にて何の用捨もなく乾したるものなり。曾て聞き及ぶ、猿は海辺にて蛸をとり、木の枝などにかけて乾食物《ほしきふもの》とするよし符合せり。正しくこれを礼に持来りしならんと、その志を感賞し、思はず落涙しける。畜類さへ吉蔵が無法の三番叟の価《あたひ》とて、許多(あまた)の干章魚(ひだこ)を恵みたり。それに引きかへ浪華《おほさか》かにて無銭(あをた)の多き事はと、また笑ひを催しける。時にまた壱疋の猿出で来り、今度は高き松の枝に上り、遠方ををしゆる形勢、いかさまこれは湊のある方を教ゆるならんと、磁石を取てふり見れば、則ち東の方を教ゆるゆゑ、めいめい承知のていに点頭(うなづき)つゝ、それより東をさして行きけるが、折しも西風吹出でて、三日にして山を見つけ、爾後(しかうして)長門国(ながとのくに)に著きけるとぞ。

[やぶちゃん注:「蒹葭堂雑録」江戸後期の雑学者木村蒹葭堂(元文元(一七三六)年~享和二(一八〇二)年:名は孔恭。通称は坪井屋吉右衛門。大坂の人で、酒造業を営む傍ら、学芸を好み、大家小野蘭山に本草学を、片山北海に漢詩文を、大岡春卜(しゅうぼく)に絵を学ぶなどした。書画骨董や珍品奇物の収集と考証につとめ、博学多識をもって聞こえた)の考証随筆。安政六(一八五九)年刊。全五巻。各地の社寺に蔵する書画器物や、見聞した珍しい動植物についての考証、人から聞いた珍談奇説などを書き留めた原稿を、著者の没後、子孫の依頼を受けた大坂の著述家暁鐘成(あかつきかねなり)が整理・抜粋して刊行したもの。池大雅の印譜、下鴨神社蔵の三十六歌仙絵巻などの珍品が、雑然と紹介されており、松川半山筆の多くの挿画が興を添える(書誌は平凡社「世界大百科事典」に拠った)。国立国会図書館デジタルコレクションの『日本隨筆全集』第五巻(国民図書昭和三(一九二八)年)のここから正規表現で視認出来る。三番叟を猿たちに披露するシーンの挿絵も見られる。

「竹中綱八」安永九(一七八〇 )年一月に大坂での芝居で既に立役(番付は「二」)であったか。芝居座摩の座本か。こちらのデータに拠った。

「自明和寛政」明和は一七六四年から一七七二年で、安永・天明を挟んで、寛政は一七八九年から一八〇一年まで。

「忠信の喜助」浄瑠璃「義経千本桜」の狐忠信(きつねただのぶ)役で知られた役者か。子狐の化身で、鼓の皮になった親を慕い、佐藤忠信の姿になって現われ、その鼓を持つ静御前を守る。

「手がき」不詳。「手を垣根のように繋いで」の意か。

「親猿を教ゆる体」不詳。「親猿に事情を伝えるような動作」をしているということか。

「無銭(あをた)」「青太」。有料興行物に、料金を支払わずに入場すること。稲は、十、十一月の頃、黄金色になつて値打ちは出るが、八、九月の青い田では、金にならぬところからの隠語。]

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「桑原井」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「下女の幽霊」 »