フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「解毒酒」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「毛降る」 »

2023/10/22

フライング単発 甲子夜話卷之五十二 15 毛を雨(あめふら)す

[やぶちゃん注:現在、作業中である柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」のために必要となったので、フライングして電子化する。句読点の変更・追加と、読み・記号・改行・段落を加えた。目録の標題にはㇾ点はないが、上記ブログ標題では、かく、読んでおいた。]

 

52―15 雨

 八月十四日には、風雨、烈しく、處々に出水(でみづ)したり。

 後に聞けば、

「毛を、降らせし。」

と云ふ。

「その狀(かたち)、三、四寸なるも有り。」

亦、

「短かきも、有りし。」

と、人々、語れり。予、

「怪か。」

と問ひたれば、林氏、云ふ。

「陰氣の形を爲(な)したる者にて、獸毛(じうまう)には非ざるべし。」

と。

 また、後に、「怪異辨斷」【西川如見著。】を披閱すれば、『中華・日本の南方に當りて、無量の大國あり。その鳥、空中を往來す。不可知(しるべからず)。豈(あに)、妖ならんや。』と。

 然れば、鳥毛(うまう)の降れるなり【前書を按ずるに、『傳(つたえ)聞く、西南の蠻夷に、大國、甚だ、多し。其國、大鳥(おほとり)の羽毛、畜獸(ちくじう)の毛に似たる者、多く、有ㇾ之(これあり)。未(いまだ)、日本・中華に於て、無ㇾ之(これなき)處(ところ)の者也。その鳥、數(す)千百、群れ飛んで、遠く、山海(さんかい)を往來するに、如何なる故にや、其翼下(よくか)の毳毛(ぜいまう)[やぶちゃん注:細かく柔らかい毛。以下の活字本では『セイマウ』と振っている。]を落す事あり。其毛、風氣《ふうき》に乘じて、遠く降(くだ)れるを「雨毛(けをあめふらす))[やぶちゃん注:細かな雨を降らす。]」と云(いへ)り』。】。

■やぶちゃんの呟き

 これって、一頃、UFO地球外生命体の乗物と肯定する者(私も高校時代まではその一人であった。研究会も作った)の間で流行った、「エンゼル・ヘア」(Angel Hair)かいな? 一九五二年、天使の髪が空から漂い、フランスの町オロロン(私は十代の前半に読んだUFO研究書では、この地名の方をよく覚えている)とガイヤックに落ちたとされる。サイト「WordsSideKick.com」の「フランス、オロロンのエンジェルヘアufo」を読まれたい。一方、それより前のポルトガルの「ファティマの奇跡」の際にもこれが降ったとも言われる。また、ブログ「珍奇ノート」の「エンゼル・ヘア ― UFOとともに現れる繊維状の謎の物体 ―」もよいが、何より、「Yahoo! Japan 知恵袋」のこちらの「エンゼル・ヘア」への質問で「ベストアンサー」とされた「笑われ男さん」の記事がコンパクトながら、よくフラットなデータとしてよく纏まっていると思う。なお、英文ウィキの当該記事もよく書けている。

「八月十四日」本篇の前後では、年を特定出来ない。

「怪異辨斷」「西川如見著」西川如見(にしかわじょけん 慶安元(一六四八)年~享保九(一七二四)年)はの天文暦算(れきさん)家。肥前国の人。本名は忠英。天文・地理・暦学・博物学など、広く研究した。儒教的自然観と実証主義的立場を調和させ、漢洋知識の折衷をはかった。著に「華夷通商考」などがある(小学館「日本国語大辞典」に拠った)。国立国会図書館デジタルコレクションの『西川如見遺書』第五編「怪異断弁」(全八巻)・西川忠亮明治三二(一八九九)年出版)のここの左丁から、次のコマにかけて、書かれてある。

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「解毒酒」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「毛降る」 »