フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「公家の遊人」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「孔雀飛ぶ」 »

2023/10/18

フライング単発 甲子夜話卷之十七 29 孔雀の飛たるを見たる事

[やぶちゃん注:現在、作業中である柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」のために必要となったので、フライングして電子化する。句読点の変更・追加と、読み・記号・改行・段落を加えた。漢文部は後に〔 〕で推定訓読(一部補塡)を示した。]

 

29-17 孔雀の飛(とび)たるを見たる事

 孔雀は、處々に飼(かひ)てあれども、其(その)飛ぶを見たる者、なし。

 予、在城せしとき、庭籠(ていろう)に養置(やしなひおき)たるが、掃夫(さうふ)、誤(あやまり)て、籠(かご)を開きしかば、其(その)雄、出(いで)たり。

「あれ々々。」

と云ふ中(うち)に、飛揚(とびあが)りて、空を翔(かけ)ること、雲に及(およぶ)が如く、最も高ふ[やぶちゃん注:ママ。]して、その行くこと、平かなり。

 丹霄(たんせう)を彌(わた)りて、外城にや到りけん、其尾を曳(ひく)を仰ぎ見れば、風鳶(たこ)に孔雀をしつらへたるに異ならず。「本草綱目」に、

『孔雀、交趾・雷羅諸州、甚多。生高山喬木之上。又云、「數十群飛、棲-岡陵。」又云、「雨レバ則尾重クシテ、不ㇾ能高飛スルコト、南人因ㇾ之。」。』〔孔雀ハ、交趾(かうち)・雷・羅の諸州、甚だ、多し。高山の喬木の上に生ず。又、云はく、「數(す)十、群飛し、岡陵(かうりよう)に棲遊(せいいう)す。」と。又、云はく、「雨(あめふ)れば、則ち、尾、重くして、高飛すること能はず、南人、因(より)て、往(ゆき)て、之れを捕ふ。」と。〕

 これ等の文、讀過(よみすご)せる人は、多かるべけれど、飛(とび)たる所を見し者、あらざるべし。

■やぶちゃんの呟き

「丹霄」(現代仮名遣の音は「たんしょう」)は、「朝焼けの澄み切った雲一つ無い大空」の意。

「交趾」コーチ。ベトナム北部のホン(ソンコイ)川流域の地方。

「雷」雷州。唐代から元初にかけて、現在の広東省雷州市一帯に設置された州。

「羅」比較的新しい羅州は、南北朝から北宋初年にかけて、現在の広東省湛江市北部に設置された州。

『「本草綱目」に、……』同じ部分が、私の「和漢三才圖會卷第四十四 山禽類 孔雀(くじやく) (インドジャク・マクジャク)」に引用されているので、参照されたい。これを見ると、静山の引用は、複数の箇所を継ぎ接ぎしたものであることが判る。敢えて、それを本文では分離しなかった。

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「公家の遊人」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「孔雀飛ぶ」 »