フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 甲子夜話卷之七 13 飛驒一揆のとき、岩村侯の物頭兩人の事 | トップページ | 甲子夜話卷之七 15 神祖御終焉のとき藤堂高虎改宗幷その葬地の事 »

2023/10/20

甲子夜話卷之七 14 町入御能拜見のとき雨天になりし有樣

7―14

 近年のことなりしが、何の時か忘れたり。

 大城、御祝儀、御能、町入りのとき、中ばより、雨、つよく降出(ふりいだし)たることあり。

 此日、兒(こ)、肥州も、御能見物に出居(いでをり)たり。

 町人どもへ、おのおの、傘を與へらる。中々、群集のことゆゑ、雨を防ぐこと、能はず。又、退き避(さく)べき蔭もなければ、半(なかば)は頭(かしら)に雨そゝぐもの、多し。

 やがて、衆人の頭より、氣、たちて、殆ど㸑煙(さんえん)の如くなりしと。大勢の有さま、想ふべし。予は退隱の後ゆゑ、聞(きき)及ぶのみ。

■やぶちゃんの呟き

「兒、肥州」静山の三男松浦肥前守熈(ひろむ 寛政三(一七九一)年~慶応三(一八六七)年)。彼は当該ウィキによれば、寛政七(一七九五)年、『父・清の嫡子となる。長兄・章の廃嫡、次兄・武の死去に伴う措置であった』とあり、文化三(一八〇六)年十一月、『父清の隠居により』、『家督を相続』している。また、『能楽に通じていた熈は、独特な形態を持つ謡曲「平戸三興囃子」を興し、隠居した後には古謡をもとに平戸囃子の様式に護国の願いを加えた神能「平壺」などを完成させた』とある。

「㸑煙」炊飯の煙。東洋文庫版では『きんえん』とルビするが、「㸑」に「キン」の音はない。

« 甲子夜話卷之七 13 飛驒一揆のとき、岩村侯の物頭兩人の事 | トップページ | 甲子夜話卷之七 15 神祖御終焉のとき藤堂高虎改宗幷その葬地の事 »