フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「狐と魚」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「狐と鐘撞」 »

2023/10/04

フライング単発 甲子夜話續篇卷之六十四 6 野州黑羽城内【大關領所】、狐の事

[やぶちゃん注:現在、作業中である柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」のために必要となったので、フライングして電子化する。句読点の変更・追加と、読み・記号・改行・段落を加えた。]

 

64-6

 大關括齋(おほせきかつさい)、訪(おとな)はれしときの話に、

「吾が城内に【括齋が居所は黑羽と云(いひ)て、城主に非ざれど、其處は山上にして全く城地(じやうち)なり。「昔、下野國造(しもつけのくにつきり)が住(すみ)し所ならん。」と。因(よつ)て、彼(かの)地には、かく、稱すれば、話言(わげん)のまゝに、爰に「城内」とは記せり。】、時の鐘を撞く人あり。

 最も下賤にして、農夫にはあらぬばかりの者なり。

 その居處(きよしよ)に、いつしか、狐、來り、後(のち)は、甚だ、馴れ、懇ろになりて、屢々(しばしば)、往來せり。

 其(その)狐、純白なり。

 其(それ)、來(きた)るときは、從狐(じゆうこ)數(す)十匹ありて、奴僕(ぬぼく)の如し。

 白狐(びやくこ)、よく古昔(ふるむかし)のことを語り、且(かつ)、世上、異變あれば、必ず、告ぐ。

 彼(かの)狐、馴(なる)るまゝに、或(あるい)は、彼の男の膝上(ひざうへ)に登ることあるに、其體(そのからだ)、殊に重し。

 その群狐、來(きた)るとき、人、至れば、忽ち、烟盆(たばこぼん)等のかげに、身を隱すに、來人(くるひと)の目には、曾て、視ゆることなし。

 又、時としては、菓子など持來(もちきた)ることあり。黑羽の城下にて賣る所の物なり。されば、賣店(うりみせ)の菓子、亡失(ばうしつ)すかと思へば、さはなくして、狐、人と化(ばけ)て來り買(かひ)求むるなり。又、持來る菓子の紙袋に、土痕(ツチアト[やぶちゃん注:珍しい静山のルビ。])あること、有り。これは、狐の、口にくはへ、途上を曳來(ひききた)る者か。」

と云ふ。

 いかにも、奇談なり。

■やぶちゃんの呟き

「大關括齋」下野国黒羽藩十一代藩主大関増業(おほせきますなり 天明元(一七八一)年~弘化二(一八四五)年)であろう。彼の戒名は「括囊院殿通理美中大居士」である。伊予大洲藩主加藤泰衑(やすみち)の八男で、下野黒羽藩十代藩主大関増陽(ますはる)の養子となり、文化八(一八一一)年、藩主となった。藩校「何陋(かろう)館」を設立し、「練武館」をひらいた。隠居後、科学・医学などの研究に努めた学者肌の人物で、医学書「乗化亭奇方」や、後世に於いて、科学史・技術史書として高く評価された故実書「止戈枢要」(しかすうよう)など、多くのジャンルに及ぶ著作を残している。同藩庁は黒羽陣屋で、現在の栃木県大田原市前田(グーグル・マップ・データ)にあった。

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「狐と魚」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「狐と鐘撞」 »