フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 「博物誌」ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ボナール挿絵+オリジナル新補注+原文) 「豚」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「嫉妬の智慧」 »

2023/11/06

譚海 卷之八 藝州家士の妻奸智ある事(フライング公開)

[やぶちゃん注:現在、作業中である柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」のために必要となったので、フライングして電子化する。特異的に句読点・記号の変更・追加と、読みを加え、段落も成形した。注は不要と判断した。]

 

 藝州にある家司、婢(ひ/はしため)を愛して、密會せしに、男、婢の寢所へ行(ゆき)たるあしたは、其妻、必ず、知りて、口舌(くぜつ)たえざりけり。

 男も、妻のやかましきをいとひて、能(よく)寢たるほどをうかゞひ、深夜に、隨分、おとせずゆけども、翌日、妻の是(これ)をしりて、責めのゝしる事、神(かみ)の如くなれば、此男、あやしく思ひて、年月、經たるに、ある夜、

『婢の寢所へ、ゆかん。』

とて、閨(ねや)のふすまを、ひそかに明(あけ)たれば、ふすまのしりに、おされて、豆、ひとつ、まろび出たり。

 男、おもふやう、

『されば、この豆を、かくのごとく戶尻におきて、豆の戶じりになき折(をり)は、それと、さとりて、かく、いふ事。』

と、思ひよりて、そのよ、婢のところより歸りて、ふすまを明(あく)るとき、もとのごとく、豆を、ふすまのしりに、置きて、いねければ、翌日、妻の口舌もなく、柔和なる體(てい)なれば、いよいよ、此豆のゆゑに、さとらる事をしりて、婢の寢所よりもどる時は、豆を元のごとく戶じりに置(おき)たるに、やゝしばしは、口舌もなく、男、よろこびて、

『仕(し)すましたり。』

と、思ひしに、月ごろ、ふる後(のち)は、豆を、いつものごとく置きていぬれども、妻、又、密會をしりて、やかましく口舌いふ事、前時(まへのとき)に、こえたり。

 男、心を留(と)めて見るに、

『その後は、豆をも、おかざれど、能(よく)知る事、甚(はなはだ)、不思議なる事。』

と、怪しみしに、ある夜、又、

『婢のもとへ、ゆかん。』

とて、ふすまのかけがねを、ひそかに、はづす時、かけ金(がね)を髮の毛一すぢにて、結びとぢて、あり。

 男、

『さればこそ。此頃、豆もおかざれど、此事をしるは、如ㇾ此(かくのごとく)かけがねを、髮の毛にて結び置(おき)たるが、引ききれてある夜(よ)は、我(わが)密會をさとりしりて、いふなりけり。』

と推量して、心友(しんいう)に物語(ものがた)りて、笑ひけるとぞ。

「女の、をろかなる[やぶちゃん注:ママ。]智も、嫉妬のかたに用(もちふ)れば、かくの如く、奇妙成(なる)はたらきは、する事。」

と、いへりけるとぞ。

 

« 「博物誌」ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ボナール挿絵+オリジナル新補注+原文) 「豚」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「嫉妬の智慧」 »