フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「狸と中間」 | トップページ | 「にんじん」ジュウル・ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ヴァロトン挿絵+オリジナル新補注+原文) 「麵麭のかけら」 »

2023/11/27

柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「狸と老女」

[やぶちゃん注:本書は昭和三六(一九六一)年一月に東京堂から刊行された。この総題の「随筆辞典」はシリーズ物の一書。本書については、初回の冒頭注を、また、作者については、私の『柴田宵曲 始動 ~ 妖異博物館 「はしがき」・「化物振舞」』の私の冒頭注を参照されたい。

 底本は国立国会図書館デジタルコレクションのこちらを使用した。新字新仮名である。但し、加工データとして、所持する筑摩書房『ちくま文芸文庫』の「奇談異聞辞典」(底本を解題したもの・二〇〇八年刊)を加工データとして使用させて貰った。ここに御礼申し上げる。

 読みが振れる、若い読者が躓くかも知れぬ箇所には《 》で読みを添えた。引用文の場合は歴史的仮名遣を用いた。なお、( )は柴田自身が附したルビである。

 また、柴田のストイックな編集法を鑑み、私の注は、どうしても必要と判断したもののみとした。幸い、有意な部分は私が既に電子化注したものがあるので、それをリンクさせてもいる。但し、この原本は新字新仮名であるため、私が電子化していない引用文の原本に当たることが出来たものは、極力、視認出来るように、国立国会図書館デジタルコレクションや他のデータベースの当該部をリンクさせるように努めた。

 なお、辞典形式であるので、各項目を各個に電子化する。公開は基本、相互の項目に連関性がないものが多いので、一回一項或いは数項程度とする。

 なお、和歌二首は一行ベタだが、ブラウザの不具合を考え、上句と下句を分離し、後者を有意に字下げした。]

 

 狸と老女【たぬきとろうじょ】 〔兎園小説拾遺巻三〕文政十一年三月中比、雲峯の家に久しく仕へし老女有り。名をやちといへり。年七十余りになりぬれば、名をよぶ人もなく、只婆々とぞいひける。婆々が親族皆たえて、引取り食ふ者なく、掛るべき便りなければ、千秋を主人の家に過せよとて憐みおきけり。かゝりし程に、この年の三月中頃より、何の病《やまひ》もなきに、俄かに気絶して、暫く息かよはざりしに、一時計《ばか》りありて、やゝ人心地付きにき。さばれ身体自由ならずして、只日にまして食餌《しよくじ》すゝみて、常に十倍し、且つその間に餅菓子を求めければ、渠がまにまに与へけり。かゝれば、みたびの食の外、しばしも物たうべぬいとまなかりき。死に近き者のかく健啖なるを、あやしとおもはざる者なし。渠《かれ》手足こそ自由ならね、夜毎にいとおもしろげに歌うたひ、或ひは友来れりとて、高らかに独りごとなどす。或ひは又はやしたてて拍子とるおとなども聞えし事有り。或ひはいたく酒にゑひたる如くにて熟睡し、日の登るまでさめざることも有りけり。主人いぶかりて、松本良輔てふくすしに、脈うかゞはせしに、脈は絶えてなし。少しくあるが如くなれども、脈にあらず。奇なる病ひなるかな。薬方つかず。全く老髦(たうもう)の致す所、心気を失ひて脈絡通ぜず。只補ふの外なしとて、時々来診してけり。かくて月日をふるまゝに、婆々が半身自然と減じて、後には骨出《いで》て穴をなし、その穴の内より、毛の生たるやうの者見ゆるとて、看病せし者、おどろきのゝしりけり。兎角する程に、春(文政十二年)になりければ、息気あるにより腰湯をあみせ、敷物など日々に敷き替へて、いたはらせけるに、婆々よろこびて、しばらく謝すること限りなし。食餌など養ひの為に、主人沙汰して小女を付け置きつ。とかうする程に又冬になりければ、きるもの皆脱ぎかへさせたるに、脱したるきる物に狸にや、毛物の毛多くつきてあり。またその臭気高く、鼻をうがつ計りなるに、人々いよいよあやしみけり。これよりして後、をりをり狸の婆々が枕辺を徘徊し、或ひは婆々が衾《ふすま》の間《あひだ》より尾など出すことありとて、かの小女いたくおそれて、寄りも得つかざりしを[やぶちゃん注:「得」は不可能の呼応の副詞「え」に漢字を当て字したもの。]、主人のねんごろに諭しなどするに、後には馴れておそれずなりぬ。されば夜毎に婆々が唄ふ歌などを聞き覚えて、こよひは又何をうたひやするとて、待ちがほなるもいとをかしかりき。後々に至りては、婆々のふしどに狸多くつどひたるにや、つづみ・笛・太鼓・三味せんにて、はやすが如き音聞え、婆々は声高やかに歌うたひけり。また一夜はやしに合《あは》して、をどる足音の聞えし事もありけり。またある朝婆々が枕辺に、柿を多くつみおきしこと有るよしを、婆々に問へば、こは昨夜の客が、わが身をよくいたはらせ給はするよろこびにとて、まゐらせしなりといふ。さばれ皆いぶかりて、くらふものもなし。こゝろみにさきて見るに誠の柿なり。看病せる小女に皆とらしつ。また一日《いちじつ》、切もちひを多く枕辺におかれしことあり。これも狸のおくりものなるべし。主の浅からずあはれめるを、友狸の感じて、かゝる事をしつるにや。禽獣(きんじう)もまた感ずるよしありて、仁に報ゆる心にやと人みないひけり。また一夕《いつせき》火の玉手まりのごとく、婆々の枕辺を飛びめぐりたり。かの小女おそるおそるこれを見しに、赤きまりの光り有る物にて、手にもとられず、忽ち消えうせてなかりしといふ。つぎの日、婆々にこれを問ひしに、この夜は女客ありて、まりをつきたりと答ふ。また一夜、火の玉桔槹<はねつるべ>せしことあり。これを婆々に問へば、羽子をつきたるなりと答ふ。また一日、婆々歌をよみしとて、紙筆を乞ひつゝ書きつくるを見るに、

 朝顔の朝は色よく咲ぬれど

     夕は尽るものとこそしれ

 婆々は無筆にて、歌などよむべき者にあらず。こもまた狸のわざなるべし。また一日、婆々が画《ゑ》をかきて、かの小女にあたへしを見るに、蝙蝠に旭《あさひ》をゑがきて賛あり。その賛に

 日にも身をひそめつゝしむかはほりの

     よをつゝがなくとびかよふなり

と有り。婆々画を書く者にあらず。これもまた古狸のわざなり。かくてますますものおほくたうべること、三たび毎に八九椀、その間は芳野団子五六本ほどもなく金鍔焼餅二三十など、かくの如く日々健啖なれども、病ひは聊かもおきる気色なし。かくて一夕、婆々がふしどに、光明赫奕(かくえき)として紫雲起り、三尊の弥陀あらはれて、婆々の手を引くがごとく、将(ゐ)てゆき給ふと見えければ、例の小女おどろきおそれ、あわてまどひ走り来りて、あるじ夫婦にしかじかと告げしかば、あるじ雲峯、その妻と共に走りて、其ふし戸にゆき見れば、婆々はうまい[やぶちゃん注:熟睡。]して、目にさへぎる者なし。さる程に、このとし(文政十二年)十一月二日の朝、雲峯の妻、良人に告ぐるやう、昨夜ふりたる狸の、婆々のふし戸より出《いで》て座中をめぐり、戸節《とふし》の透(すき)より出でゆきにきといふ。婆々はその儘いき絶えけり。思ふに始め婆々が頓死せし時、そのなきがらに老狸《らうり》のつきてありしなり。こは雲峯の話せられしを、そがまゝに書きしるすになん。

[やぶちゃん注:私の『曲亭馬琴「兎園小説拾遺」 第二 「麻布大番町奇談」』で正規表現で電子化注済み。]

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「狸と中間」 | トップページ | 「にんじん」ジュウル・ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ヴァロトン挿絵+オリジナル新補注+原文) 「麵麭のかけら」 »