フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 「にんじん」ジュウル・ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ヴァロトン挿絵+オリジナル新補注+原文) 「尾籠ながら」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「大力の尼」 »

2023/11/25

譚海 卷之十二 狂人の尼勇力の事(フライング公開)

[やぶちゃん注:現在、作業中である柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」のために必要となったので、フライングして電子化する。特異的に句読点・記号の変更・追加と、読みを加え、段落も成形した。]

 

 母のをさなかりしとき、向(むかひ)なる家に、女子(によし)兄弟[やぶちゃん注:ここは「姉妹」の意。]、住むものあり。いづれの家中の娘にて有(あり)けるか、浪人して、住みわたるなり。

 姊(あね)は尼にて、妹(いもと)は手習を女子(をんなこ)どもに、をしへ、世をわたる事なるに、此尼人(あまびと)、折々、むら氣(け)にて、ひとり言(ごと)をいはるゝ時も、有り。

 又、常は、ものごしやさしく、うちむかひて、かたらふときは、本性(ほんしやう)なる時、殊に、うるはしく、なつかしき人也しが、思ひかけず、大(だい)ぢからなる尼にて、夫(それ)を知る人、なかりしに、或時、水をくみ入るゝ男、水がめの臺を、あしく置きたるよし。

「されど、水を、なかば、くみ入(いれ)ぬれば、いかがせん。」

と、妹の申しけるに、やがて、姊あま、立(たち)より、水くみの男を、よびて、

「われ、このかめを、もてあげるまゝ、いふまゝに、なほしてよ。」

とて、水のたゝヘたるかめを、左右の手にて、中(ちゆう)にもちあげ、臺を、なほさせければ、水くみの男、おそるおそる、臺をなほして、にげ去りぬ。

 それをば、母、

「見たりし。」

と、物がたりなり。

 この尼うへ、さるべき方へ緣付きたりしが[やぶちゃん注:尼になる前の話である。]、夫(をつと)のふるまひに、腹たつ事ありて、やがて、夫を、うちふせて、大釜を引(ひき)あげて、かぶせつつ、さいなみければ、その兄弟[やぶちゃん注:ここは夫の実際の兄弟。]、聞き驚きて、

「あるまじき事。」

とて、不緣に及(および)しかば、やがて親なる人の、尼にせしより、かく、妹の家に居(をり)たれども、折々、本性のたがへる時は、妹を、うちふせて、さいなみける。力の强きまゝ、妹なる人も、殊にめいわくして、後々は、別れ別れになりぬるとぞ。

[やぶちゃん注:本譚海のルーティン電子化は未だ「卷五」の後半までだが、少なくとも、そこまでは、作者津村淙庵の個人的な親族を含む直(じ)き話(ばなし)は、まず、なかった。この「卷十二」には、しかし、そうした話柄が有意に見られる。その点で、今までの電子化注の特異点とは言える。なお、津村は京都生まれであるから、或いはこの話、江戸ではなく、京がロケーションか。この大力の尼、俗人であった時から、奇異な行動が突然出現するところからは、一種の脳内の細胞に発生する異常な神経活動に由来する癲癇発作をきたす神経疾患の持ち主であったかと思われる。数年前に故人となったが、私が小学校の頃、波状的な「いじめ」に合うのを、常に守って呉れた親友にSA君がいたが、彼は典型的な癲癇症であった(実は当時、彼のカウンセリングを担当していたのが、私の叔母であった。カウンセリングの最中でも私の名がよく出、その時は楽しそうに話したと、後年、聴いた)。突如、怪力を出して同級生の半グレ連中を、五、六人、投げ飛ばしたり、学校の高圧鉄塔にするすると攀じ登ったりした。何故か、私だけを「親友」と私に言い、「やぶ医者」と呼んでいた(私は小学生の時は医師になりたかった。一歳半から四歳半まで左肩関節結核性カリエスを患って、病院と医者は親しい憧れの存在だったからであろう)。私がいじめられているのを知ると、それ以降、毎日、下校は彼が一緒に帰ってくれた。病気のため、六年生の日光への修学旅行には彼だけが行けなかった。私がごくごく安い土産物屋の日光名所を描いた栞のセットを、彼の家を訪ねて、お土産にあげた。彼は、それを握って、彼が座ったまま、長く泣いていたのを、今も私は忘れられない……。]

« 「にんじん」ジュウル・ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ヴァロトン挿絵+オリジナル新補注+原文) 「尾籠ながら」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「大力の尼」 »