フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 「博物誌」ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ボナール挿絵+オリジナル新補注+原文) 「蝸牛」 | トップページ | 2,030,000ブログ・アクセス突破 »

2023/11/09

「博物誌」ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ボナール挿絵+オリジナル新補注+原文) 「蛙」

[やぶちゃん注:本電子化はサイトの「心朽窩新館」で偏愛する『ジュール・ルナール「博物誌」岸田国士訳(附 Jules Renard “ Histoires Naturelles ”原文+やぶちゃん補注版)』を公開している(新字新仮名戦後版)が、今回は国立国会図書館デジタルコレクションの正字正仮名のもの、戦前の岸田國士譯ジュウル・ルナアル 「博物誌」(昭一四(一九三九)年白水社刊)の画像(リンク先は当該書の標題附き扉二)を視認出来るようになったことから、それをブログ版として、新規まき直しで、零から始めることとしたものである。詳しくは初回の冒頭注を参照されたい。

 また、ボナールの画像に就いては、十六年前のそれではなく、再度、新潮文庫版のそれを、新たにOCRで読み込み、補正・清拭して用いる。注も一からやり直すこととし、原文は前回のものを調べたところ、アクサンテギュの落ちが有意に認められたので(サイト版は敢えてそのままにしておいた)、新たにフランスのサイト“TEXTES LIBRES”の電子化された同書原文のものをコピー・ペーストさせて戴くこととすることとした。

 

 

    

 

 

 ぱつと留め金が外れたやうに、彼女らはその彈機(ばね)をはずませる。

 彼女らは、煮立つたフライ油のねつとりした雫のやうに、草のなかから跳ね上る。

 彼女らは、睡蓮の廣い葉の上に、靑銅の文鎭のやうにかしこまつてゐる。

 一匹のやつは、喉をいつぱいにあけて空氣を飮み込んでゐる。その口から、腹の貯金箱の中へ、一錢入れてやれさうだ。

 彼女らは、水底の泥のなかから、溜息のやうに昇つて來る。

 ぢつとしてゐると、水面に覗いてゐる大きな眼のやうでもあり、どんより澱んだ沼の腫物(できもの)のやうでもある。

 茫然として、石切り職人のやうに坐りこんだまま、彼女らは夕日に向つて欠伸をする。

 それから、うるさく喚(わめ)きたてる露天商人のやうに、その日の耳新しい出來事を聲高に話す。

 今晚、彼女らのところでは、お客をするらしい。君には聞えるか、彼女らがコップを洗つてゐる音が?

 時おり、彼女らはぱつと蟲を銜(くは)へる。

 また或る連中は、ただ戀愛だけに沒頭してゐる。

 どれもこれも、それらは、釣り好きの男を誘惑する。

 私はその邊の枝を折つて、なんなく釣竿をこしらへる。外套にピンが一本揷してある、それを曲げて釣針にする。

 釣絲にも困りはしない。

 然し、それだけは揃つても、まだ毛絲の屑か何か、なんでもいい、赤い物の切れつぱしを手に入れなければならぬ。

 私は自分のからだを搜し、地面を搜し、空を搜す。

 たうとうなんにも見つからず、私はつくづく自分の上着の釦孔を眺める。ちやんと口をあいて、すつかり用意のできてゐるその釦孔は、別に不平をいふわけではないが、さう直ぐには例の赤リボン[後注*参照]で飾つてもらへさうにもない。[やぶちゃん後注*:この部分には以下の筆者の二行の割注が本文同ポイント丸括弧で入る。『(註・レジヨン・ドヌウル勳章の略章)』とある。]

 

Kaeru

 

[やぶちやん注:ここは主人公(ルナール)が蛙を釣ることに躍起となっていることから、これはフランス料理の“Cuisse de grenouille”(「グルヌイユの腿肉」)で使われている、脊索動物門脊椎動物亜門両生綱無尾目カエル亜目アカガエル科アカガエル亜科アカガエル属ヨーロッパトノサマガエル Rana esculenta ととってよい。私は何度か食したが、普通の鶏肉より遙かに美味である。なお、サイト「カエル動画図鑑」の「ヨーロッパトノサマガエル」で、鳴き声とともに動画が視認出来る。

「睡蓮」被子植物門双子葉植物綱スイレン目スイレン科スイレン属 Nymphaea 。世界中に分布し、五十種ほどが知られる(因みに、日本にはスイレン属スイレン亜属ヒツジグサ Nymphaea tetragona 一種のみしか自生しない)。

「まだ毛絲の屑か何か、なんでもいい、赤い物の切れつぱしを手に入れなければならぬ。」辻昶訳一九九八年岩波文庫刊「博物誌」では、注があり、『かえるをつるとき、針先になにか目につきやすい物をひっかけて目の前動かすと、かえるは虫とまちがえてそれにとびつく』とある。

「レジヨン・ドヌウル勳章」レジオン・ドヌール勲章(Ordre national de la Légion d'honneur:「名誉軍団国家勲章」)はナポレオン・ボナパルトにより一八〇二年に制定されたフランスの栄典。当該ウィキによれば、『フランスはナポレオン時代以後に政体が幾度か変化し』て、その都度、『章飾の意匠が変更されるなどしたものの』、本『勲章は運用が続けられ、第五共和政下の現在でも同国の最高位勲章に位置付けられている』とあり、最高位のグランクロワ(Grand-Croix:大十字)級の正章と副章(ここで岸田が註しているところの――赤いリボン――に附された下の物)の写真もある。一九九四年臨川書店刊『ジュール・ルナール全集』第五巻所収の佃裕文訳「博物誌」の「蛙」の後注によれば、『レオン・ギシャールによれば』、『ヌーヴェル・ルヴュ』『誌では、この作品は「諸大臣に」献じられ、叙勲については、ルナールはアントワーヌ座の『にんじん』が大当たりした後の、一九〇〇年八月十五日まで待たねばならなかった』とある。ルナールはその日、レジオン・ドヌール勲章の五位ある内の第五位の「シュヴァリエ」級(Chevalier,:騎士・勲爵士)を授与されている。]

 

 

 

 

LES GRENOUILLES

 

Par brusques détentes, elles exercent leurs ressorts.

Elles sautent de l'herbe comme de lourdes gouttes d'huile frite.

Elles se posent, presse-papiers de bronze, sur les larges feuilles du nénuphar.

L'une se gorge d'air. On mettrait un sou, par sa bouche, dans la tirelire de son ventre.

Elles montent, comme des soupirs, de la vase.

Immobiles, elles semblent, les gros yeux à fleur d'eau, les tumeurs de la mare plate.

Assises en tailleur, stupéfiées, elles bâillent au soleil couchant.

Puis, comme les camelots assourdissants des rues, elles crient les dernières nouvelles du jour.

Il y aura réception chez elles ce soir ; les entendez-vous rincer leurs verres ?

Parfois, elles happent un insecte.

Et d'autres ne s'occupent que d'amour.

Et toutes, elles tentent le pêcheur à la ligne.

Je casse, sans difficulté, une gaule. J'ai, piquée à mon paletot, une épingle que je recourbe en hameçon.

La ficelle ne me manque pas.

Mais il me faudrait encore un brin de laine, un bout de n'importe quoi rouge.

Je cherche sur moi, par terre, au ciel.

Je ne trouve rien et je regarde mélancoliquement ma boutonnière fendue, toute prête, que, sans reproche, on ne se hâte guère d'orner du ruban rouge.

 

« 「博物誌」ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ボナール挿絵+オリジナル新補注+原文) 「蝸牛」 | トップページ | 2,030,000ブログ・アクセス突破 »