フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「狸の幻術」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「狸の腹鼓」 »

2023/11/28

譚海 卷之五 同國小田原最勝乘寺にて狸腹鼓うちし事(フライング公開)

[やぶちゃん注:現在、作業中である柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」のために必要となったので、フライングして電子化する。特異的に句読点・記号の変更・追加と、読みを加え、段落も成形した。]

 

 「狸、腹つゞみ、打(うつ)。」といふ事、慈鎭和尙の歌にも見えて、昔より有(ある)事也。

 但(ただし)、彼(かの)鼓打(うつ)事、人をまどはさんとてする事か、又は、獨ひとり)、つゞみ打ちて樂しと思へるにか、など、云(いひ)あひけるに、或人、

「さにあらず。此二ツの外の事也。一とせ、我、箱根最乘寺に宿せし比(ころ)、狸、つゞみ打(うつ)といふ事を、まさしく見たり。これは、狸、一つに非ず、二ツにて、する事なり。其比(そのころ)も、

『をかしき事、堪(たへ)がたき物なれば、必ず、聲たてず、息せず、忍びて、見よ。』

と申せしかば、有(ある)月夜に、客殿の戶のすき間より伺ひしに、頓(やが)て、庭に狸、二つ、をどり出(いで)、かなた、こなた、たはむれ、遊ぶ。是(これ)、雌雄の狸なり。『交合せん。』とて、かく、たはむれあふが、二つの狸、たはれて[やぶちゃん注:戯れて。]、飛(とび)ちがふ時、腹と、腹とを、打(うち)あはすれば、さながら、つゞみの樣に聞ゆるなり、あまたたび、打合(うちあひ)する時は、誠に、餘所にては、「鼓打(うつ)」ともいひつべき程也。そこの、のたまふたぐひには、あらざる事なり。」

と語りし。

 珍しき物語りなり。

[やぶちゃん注:いかにも面白い話だが、眉唾だな。

「同國」この前話が相模国の話であることに由る。

「小田原最勝乘寺」現在の神奈川県南足柄市大雄町(だいゆうまち)にある曹洞宗大雄山最乗寺(グーグル・マップ・データ)。山岳部の顧問をしていた頃、春登山で金時山へ登攀する際の登山口であったから、何度も行った。

「慈鎭和尙」天台僧で歌人・文人(史書「愚管抄」の作者)としても知られた慈円(久寿二(一一五五)年~嘉禄元(一二二五)年)。「慈鎭」は諡号。父は摂政関白藤原忠通、摂政関白九条兼実は同母兄。天台座主には四度就任している。

「慈鎭和尙の歌にも見えて」とあるが、和歌嫌いの私は、よう知らん。どなたか、御教授あれかし。]

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「狸の幻術」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「狸の腹鼓」 »