フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« フライング単発 甲子夜話卷八 6 或老侯、隅田川にて竜まきに逢ふ事 | トップページ | 「にんじん」ジュウル・ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ヴァロトン挿絵+オリジナル新補注+原文) 「鶴嘴」 »

2023/11/26

柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「竜巻」

[やぶちゃん注:本書は昭和三六(一九六一)年一月に東京堂から刊行された。この総題の「随筆辞典」はシリーズ物の一書。本書については、初回の冒頭注を、また、作者については、私の『柴田宵曲 始動 ~ 妖異博物館 「はしがき」・「化物振舞」』の私の冒頭注を参照されたい。

 底本は国立国会図書館デジタルコレクションのこちらを使用した。新字新仮名である。但し、加工データとして、所持する筑摩書房『ちくま文芸文庫』の「奇談異聞辞典」(底本を解題したもの・二〇〇八年刊)を加工データとして使用させて貰った。ここに御礼申し上げる。

 読みが振れる、若い読者が躓くかも知れぬ箇所には《 》で読みを添えた。引用文の場合は歴史的仮名遣を用いた。なお、( )は柴田自身が附したルビである。

 また、柴田のストイックな編集法を鑑み、私の注は、どうしても必要と判断したもののみとした。幸い、有意な部分は私が既に電子化注したものがあるので、それをリンクさせてもいる。但し、この原本は新字新仮名であるため、私が電子化していない引用文の原本に当たることが出来たものは、極力、視認出来るように、国立国会図書館デジタルコレクションや他のデータベースの当該部をリンクさせるように努めた。

 なお、辞典形式であるので、各項目を各個に電子化する。公開は基本、相互の項目に連関性がないものが多いので、一回一項或いは数項程度とする。

 

 竜巻【たつまき】 〔甲子夜話巻八〕先年竜まきとて、暴風雨ありしとき、諸船この難に遭ふもの多し。或老侯家根舟《やねぶね》にて大川に遊び居しが、白鬚祠《》の辺とかこの風に遭ひたり。川水すさまじく巻かへり、その舟を空中にまき揚ぐること、一丈余にやありけんと云ふ。その時舟中に侯の妾《せう》もありしが、心かしこき者にて、わが腰帯を解き、侯を舟の柱に結《いはひ》つけたり。やがて舟は一と落しに川中に墜ちたるに、侯は何事もなかりしが、髪の元結切れたりと云ふ。同舟の人に溺者《おぼれるもの》もありと聞けり。 〔塵塚談〕不忍池<東京都台東区内>より天明年間[やぶちゃん注:一七八一年から一七八九年まで。]竜巻ありけり。佐渡・越後・越中の海中には、夏の日竜騰《のぼ》る事度々有りと。その節は虚空より黒雲下り来れば、海中の潮水滝を逆に掛けし如く、逆巻きのぼり黒雲中に入る。その雲の中に竜の形の如きもの見ゆると伝へ聞けり。その如く不忍池より黒雲逆巻きのぼり、竜騰りしと見え、近辺家屋を損し、火の見櫓など倒せしなり。その次第を聞くに、北海にて竜騰るの形勢に少しも替らず同様なり。これをもて見れば、小しき池底にも竜蟄伏《ちつぷく》し、池水時気に乗じて発達し、上よりは応じて雲下り、上下相感動し、竜昇るものなるべし。唐土《もろこし》には井中《ゐのうち》より竜飛び出し事『五雑俎』に見えたり。中古武州金沢<神奈川県横浜市金沢区のことか>に一寺の和尚、硯を所持す。或日大雨す。時に硯破れて竜昇りしとかや。これ等の事もあれど、不忍池などに潛蔵《せんざう》[やぶちゃん注:「潛」の正字はママ。]すべきものとは思はざりき。かく書きぬれど、竜は雷とひとしく奇なる物、吾党のさらに測り知る所に非ず。

[やぶちゃん注:前者は事前に「フライング単発 甲子夜話卷八 6 或老侯、隅田川にて竜まきに逢ふ事」として正字表現で公開しておいた。後者「塵塚談」は今まで出なかったのが、ちょっと意外であったが、江戸後期の医師小川顕道(元文二(一七三七)年~文化一三(一八一六)年)。江戸小石川白山御殿跡近くで生まれる。小石川養生所の初代の長(肝煎)となった小川笙船の孫とされる。三十七歳の安永二(一七七三)年、「養生囊」を刊行、医療に対する心得違いなどを諭している。「薬といふものは、皆、毒物にして、平日嗜むべき物にあらず。」など、常識的で理に叶った意見が多い。かく、大衆向けに医療の啓蒙書を書いた。一時は相模国藤沢に居住したらしい。本「塵塚談」は文化一一(一八一四)年に彼が書いた随筆で、当時の風俗を描写している。著書は他に「佐志茂草」・「民家養生訓」の医書二点が残る。国立国会図書館デジタルコレクションの『燕石十種』第一(岩本佐七編・明治四〇(一九〇七)年国書刊行会刊)のこちらで正字表現で視認出来る。

「五雑俎」「五雜組」とも表記する。明の謝肇淛(しゃちょうせい)が撰した歴史考証を含む随筆。全十六巻(天部二巻・地部二巻・人部四巻・物部四巻・事部四巻)。書名は元は古い楽府(がふ)題で、それに「各種の彩(いろどり)を以って布を織る」という自在な対象と考証の比喩の意を掛けた。主たる部分は筆者の読書の心得であるが、国事や歴史の考証も多く含む。一六一六年に刻本されたが、本文で、遼東の女真が、後日、明の災いになるであろう、という見解を記していたため、清代になって中国では閲覧が禁じられてしまい、中華民国になってやっと復刻されて一般に読まれるようになるという数奇な経緯を持つ。不全本でも、本邦で本草学者に大いに活用されたのだから、「瓢簞から駒」のような事実があるのである。以上は、恐らくは同書の「卷九」の「物部一」の以下。「中國哲學書電子化計劃」のこちらで採ったが(一部の漢字を正字化し、記号も変えた)、表記不能字は、「維基文庫」版でも同じで、影印本も見られないので、「■」とした。

   *

物之猛者、不能相下。如龍潛水中、以虎頭投之、則必驚怒簸騰、淘出之乃已。西域人獻獅子、有擊井傍樹者、獅子■徨不安、少頃、風雨晦冥、龍從井中飛出、是交相畏也。

   *

 なお、後者の、硯から龍が昇天する話柄は類話が多い。例えば、「耳嚢 巻之八 硯中龍の事」「耳嚢 巻之八 石中蟄龍の事」がそれで、他にも私の怪奇談集にはまだある。ただ、実は酷似するものに、「奇異雜談集巻第五」の「㊀硯われ龍の子出で天上せし事」があり、そこではロケーションを『武藏に「金河(かながは)の宿」と云ふ大所』とし、そこの『金河全世[やぶちゃん注:ママ。「全盛」。]のとき』の『禅宗の寺』とするのは、地名に不審があり(私の注を参照)、これが「武藏」が誤りで、「金河」が六浦の「金澤」の誤記とすれば、全くの同話のような気がしてならないのである。比較されたい。

« フライング単発 甲子夜話卷八 6 或老侯、隅田川にて竜まきに逢ふ事 | トップページ | 「にんじん」ジュウル・ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ヴァロトン挿絵+オリジナル新補注+原文) 「鶴嘴」 »