フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「執念の怪火」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「獣面人心」 »

2023/11/08

フライング単発 甲子夜話卷十七 13 獸、人心ある事

[やぶちゃん注:現在、作業中である柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」のために必要となったので、フライングして電子化する。句読点の変更・追加と、読み・記号・改行・段落を加えた。この話、三話からなるので、そこを一行空けた。]

 

17―13

 獸(けもの)に人心あり。人にして獸心あるはいかなることにや。

 予が領國にて、作事奉行川上澤次郞、神崎(かうざき)と云ふ處の茅地(かやち)を、役所と農夫との仕分見分(しわけけんぶん)に往(ゆき)しとき、山下の海濱に、猿、居《ゐ》たり。

『心得ざること。』

に思ひ、近より見れども、不ㇾ去。

 そのうへ、手を揚げて、招くゆゑ、彌(いよいよ)怪(あやし)く、寄付(よりつき)たるに、猿、片手を、潮(うしほ)の中に入れたり。

 諦視(ていし)[やぶちゃん注:じっと見つめること。子細に見ること。]すれば、猿、石間(いしま)の蚫(あはび)を取らんとせしを、蚫、その手を、しめつけて、岩にはさまり、動くこと、協(かな)はざるなり。澤次郞、

『むごきこと。』

に思(おもひ)て、その蚫を、引(ひき)はなしたれば、猿、喜びたる體(てい)にて、頭を下げ、兩手を地につき、平伏して、去れり。

「これ、拜謝の意なるべし。」

と、人、聞きて、これを憐(あはれ)めり。

 

 又、領分の東界(ひがしさかひ)は西嶽(にしのたけ)と云(いひ)て、深山なり。

 その麓の村を「世知原(せちばる)」と云(いふ)。

 或日、この處の人家の前に、山狗(やまいぬ)【狼なり。「山狗」は方言。】出(いで)て、口をあきて居《を》るゆゑ、農夫、これを見て訝(いぶか)り思(おもふ)には、

『この獸、山を離れて村里に來(きた)るべきやう、なし。且つ、口をあきて居(を)れど、人を食ふ體(てい)も、なし。』

と、近よりたるに、少しも動かざれば、農も懼(おそろ)しければ、片手に鎌を持ちながら、其口中を窺(うかがひ)みるに、咽(のど)の中に、白きもの、見ゆ。

 能く能く視れば、鹿を取り食ひ、其脇骨、咽の奧にたちて、惱めるなり。

 農、乃(すなはち)、鎌を、かの口に當てゝ、齧(かま)れぬ用心して、手を、口中にさし入れ、其骨を、取(とり)のけければ、山狗、うれしき體(てい)にて、靜(しづか)に去りたり。

 翌朝、農、起出(おきいで)たるに、戶外(こがい)に、牛に、牽綱(ひきづな)つけたるを、誰(たれ)つれ來りたるとも知(しれ)ず、放ちて、有り。

 剩(あまつさ)へ、その綱に、雉子(きじ)一羽、つなぎ付けて、有り。

「是(これ)、思ふに、前日の山狗、酬禮(しうれい)の爲に、他の耕牛を奪ひて、報(むくい)たるならん。」

と、人、云合(いひあ)へり。

 

 又、これは江戶の話なり。旗下(はたもと)の御番士、一色熊藏と云(いひ)しが、物語せしは、

「某(なにがし)と云へる旗下人(はたもとにん)の領地にて、これも、狼、出(いで)て、口をあきて、人に近づくゆゑ、口中を見たるに、何か、獸骨を、たてたるを見て、拔(ぬき)てやりたれば、狼、喜(よろこび)たる體にて、去る。その明日(あくるひ)、一小兒(いちしやうに)、門外に棄てあり、と云ふ。何(いづ)れの者なるを知らず。健(すこやか)に見えしとて、某、憐んで。己(おの)が子の如く育(そだて)たるに、盛長して後は、嗣子(しし)とせし、となり。某、もとより、子、無(なく)して、常に憂居(うれひゐ)けるを、狼、よくも知りて、報謝の意もて、此兒を、いつ方[やぶちゃん注:ママ。]よりか、奪來(うばひきた)りしもの、と覺ゆ。狼の連來(つれきた)りたるに違(ちがひ)なきは、其肩さきに、齒痕(はきず)あり。然(さ)れば、くわへ[やぶちゃん注:ママ。]來れる證(あかし)なり。其兒(こ)、年長(としちやう)じて、子孫も出來(でき)て、今に至(いたり)て、連綿と相續(あひつづき)て勤居(つとめを)るが、其肩には、齒痕の如きもの、有り、と云ふ。」

 其家の名は、聞かず。

■やぶちゃんの呟き

「作事奉行」殿舎の造営・修理などの建築、及び、広く土木工事を掌った藩の役人。

「神崎」長崎県長崎市木鉢町に神崎(こうざき)神社(金貸稲荷)があり(グーグル・マップ・データ)、ここは長崎湾の奥、長崎港の入り口に当たる。

「西嶽」現在の長崎県佐世保市世知原町(せちばるちょう)西ノ岳(にしのたけ)であろう(グーグル・マップ・データ航空写真)。

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「執念の怪火」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「獣面人心」 »