フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 譚海 卷之五 狐猫同類たる事 附武州越ケ谷にて猫おどる事 / 卷之五~了(ルーティン仕儀) | トップページ | 「にんじん」ジュウル・ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ヴァロトン挿絵+オリジナル新補注+原文) 「オノリイヌ」 »

2023/11/29

「にんじん」ジュウル・ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ヴァロトン挿絵+オリジナル新補注+原文) 「水浴び」

[やぶちゃん注:ジュール・ルナール(Jules Renard 一八六四年~一九一〇年)の “ Poil De Carotte(原題は訳すなら「人参の毛」であるが、これはフランス語で、昔、「赤毛の子」を指す表現である。一八九四年初版刊行)の岸田国士による戦前の翻訳である。

 私は既にサイト版「にんじん ジュウル・ルナアル作 岸田国士訳 挿絵 フェリックス・ヴァロトン(注:やぶちゃん copyright 2008 Yabtyan)」で、新字新仮名遣のそれを十五年前に電子化注している。そこでは、底本は岩波文庫版(一九七六年改版)を用いたが、今回は、国立国会図書館デジタルコレクションのジュウル・ルナアル作岸田國士譯「にんじん」(昭和八(一九三三)年七月白水社刊。リンクは標題のある扉)を用い、正字正仮名遣で電子化し直し、注も新たにブラッシュ・アップする。また、本作の挿絵の画家フェリックス・ヴァロトンFelix Vallotton(一八六五年~一九二五年:スイス生まれ。一八八二年にパリに出、「ナビ派」の一員と目されるようになる。一八九〇年の日本版画展に触発され、大画面モノクロームの木版画を手掛けるようになる。一九〇〇年にフランスに帰化した)の著作権も消滅している。上記底本にはヴァロトンの絵はない(当時は、ヴァロトンの著作権は継続していた)が、私は彼の挿絵が欠かせないと思っているので、岩波版が所載している画像を、今回、再度、改めて取り込み、一部の汚損等に私の画像補正を行った。

 ルビ部分は( )で示したが、ざっと見る限り、本文を含め、拗音・促音は使用されていないので、それに従った。傍点「丶」は下線に代えた。底本の対話形式の部分は、話者が示されダッシュとなる一人の台詞が二行に亙る際、一字下げとなっているが、ブラウザの不具合が起きるので、詰めた。三点リーダは「…」ではなく、「・・・」であるのはママである(今回分には一箇所だけ「……」があるが、百%、誤植である)。各話の末尾に若い読者を意識した私のオリジナルな注を附した(岸田氏の訳は燻し銀であるが、やや語彙が古いのと、私(一応、大学では英語が嫌いなので、第一外国語をフランス語にした)でも、原文と照らしてみて、首をかしげる部分が幾分かはある。中学二年生の時、私がこれを読んだときに立ち返ってみて、当時の私なら、疑問・不明に思う部分を可能な限り、注した。原文はフランスのサイト“Canopé Académie de Strasbourg”の“Jules Renard OIL DE CAROTTE (1900)”PDF)のものをコピーし、「Internet archive」の一九〇二年版の原本と校合し、不審箇所はフランス語版“Wikisource”の同作の電子化も参考にした。詳しくは、初回の冒頭注を参照されたい。

 

Mizuabi

 

     

 

 

 やがて時計が四時を打たうとしてゐるので、にんじんは、矢も楯もたまらず、ルピツク氏と、兄貴のフエリツクスを起すのである。二人は、裏庭の榛(はしばみ)の木の下で眠つていた。[やぶちゃん注:「榛」「はしばみ」。双子葉植物綱ブナ目カバノキ科ハシバミ属 Corylus の仲間を總稱するが、原作では“noisetiers”とあり、これは“Noisetier commun”で、ハシバミ属のヨーロツパの代表種であるヘーゼルナッツが穫れるところの、セイヨウハシバミCorylus avellanaと見てよい。]

 「出かけるんだらう」と、彼は云ふ。

 

 兄貴のフエリツクス――行かう。猿股を持つといで。

 ルピツク氏――まだ暑いぞ、きつと。

 兄貴のフエリツクス――僕あ、日が照つてる時の方がいゝや。

 にんじん――それに、父さんだつて、ここより水つ緣(ぷち)の方がいゝよ。草の上へ寢轉んどいでよ。

 ルピツク氏――さ、先へ步け。ゆつくりだぞ。死んぢまつちやなんにもならん。

 

 だが、にんじんは、早くなる足並みを、やつとのことで緩めてゐるのである。足の中を蟻が這つてゐるやうな氣持だ。肩には、模樣のない、嚴しい自分の猿股と、それから、兄貴の、赤と靑との縞の猿股をかついでゐる。元氣いつぱいといふ顏付で、彼は喋る。自分だけのために歌を唱ふ。木の枝へぶらさがつて跳ぶ。空中で泳ぐ眞似をする。さて兄貴に云ふ――[やぶちゃん注:「嚴しい」「いかめしい」。]

 「ねえ、兄(にい)さん、水へはいると、きつと好い氣持だね。うんと泳いでやらあ」

 「生意氣云へ!」

と、兄貴のフエリツクスは、馬鹿にしきつた返事をする。

 なるはど、にんじんは、ぴたりと鎭まる。

 彼は、今、乾きゝつた低い石垣を、眞つ先に、ひらりと飛び越えた。すると、忽ち、眼の前を小川が流れてゐるのである。はしやいでゐる暇もなかつた。

 魔性の水は、その表面に、寒々とした影を反射させてゐた。

 齒を嚙み合せるやうに、ひたひたと波の音を立て、臭ひともつかぬ臭ひが立ち昇つてゐる。

 この中へはひるわけである。ルビツク氏が、時計を眺めて、決めたゞけの時間を計つてゐる間、この中でぢつとしてゐ、この中で動きまはらなければならない。にんじんは、顫へ上る。元氣を出して、こんどこそはと思ふのだが、いよいよとなると、またその元氣がどつかへ行つてしまふ。水を見ると、遠くの方から引張られるやうで、つひ[やぶちゃん注:ママ。]ぐらぐらつとなるのである。

 にんじんは、一人離れて、着物を脫ぎはじめる。瘠せてゐるところや、足の恰好を見られるのがいやでもあるが、それより、獨りで、誰れ憚らず顫へたいのだ。[やぶちゃん注:「足の恰好を見られるのがいや」その真相は本章末で明らかにされる。]

 彼は、一枚二枚脫いで行つて、そいつを丁寧に草の上で疊む。靴の紐を結び合せ、それをまた、何時までもかゝつてほどく。

 猿股を穿く。短いシヤツを脫ぐ。だが、もうしばらく待つてゐるのである。彼は包み紙の中でべたべたになる林檎糖のやうに、汗をかいてゐるからだ。

 さうかうするうちに、兄貴のフエリツクスは、もう川を占領し、我がもの顏に荒しまはつてゐる。腕で擲り、踵で叩き、泡を立てる。そして、流れのまん中で、猛烈果敢に、騷ぎ狂ふ波の群れを、岸めがけて追い散らすのである。[やぶちゃん注:「擲り」「なぐり」。]

 「お前はもう、やめか」

 ルピツク氏はにんじんに云つた。

 「からだを乾かしてたんだよ」

 やつと、彼は決心する。地べたに坐る。そして、爪先を水に觸れてみる。その足の趾は、靴が小さ過ぎて擦りむけてゐた。さうしながら、また、胃の腑のあたりをさすつてみた。恐らく、食つたものがまだこなれてゐないだらう。それから木の根に沿つてからだを滑らせる。[やぶちゃん注:「趾」「ゆび」。この漢字は「足の指」を示す漢字である。本章末に出る方には『趾(ゆび)』とちゃんと振ってある。]

 木の根で、脛、腿、それから臀をひつかかれる。水が腹まで來ると、もう上へあがらうとする。逃げ出さうとする。濡れた糸が、獨樂の紐を捲くやうに、だんだんからだへ捲きついて行くやうな氣持だ。が、からだを支へてゐた土塊(つちくれ)が崩れる。すると、にんじんは滑り落ちる。姿を消す。水の底を逼ふ。やつと起ち上る。咳き込み、唾を吐き、息をつまらせ、眼がかすみ、頭がぼうつとする。[やぶちゃん注:「獨樂」老婆心ながら、「こま」と読む。「逼ふ」はママ。戦後版は『這う』で、「逼」には「迫る・近づく」や「狭まる・縮まる」の意味しかないので、誤記か誤植と思ったが、実は、後にも出るので、岸田氏の思い込みの誤用であることが判明した。

 「潜(もぐ)りはうまいぢやないか」

と、ルピツク氏は云ふ。

 にんじんは、すると、

 「あゝ、だけど、僕あ、きらひさ。耳ん中へ水が溜つちやつた。頭が痛くなるよ、きつと・・・」

 彼は、そこで、泳ぎの練習ができる場所、つまり、膝で砂の上を步きながら、兩腕を前の方へ動かせるところを探す。

 「あんまり急にやるからいけないんだ。手を振つたまゝ動かしちや駄目だよ、髮の毛を挘るんぢやあるまいし。その足を使ふんだ、足を……。どうもしてないぢやないか」[やぶちゃん注:「挘る」「むしる」。「……」は特異点の使用である。ここだけであるので、或いは植字工が、うっかり普通の六点リーダを誤植してしまったものだろう。]

 かうルピツク氏が云ふと、

 「足を使はないで泳ぐ方がむづかしいんだよ」

と、にんじんは云ふ。

 が、一生懸命にやつてみようとすると、兄貴のフエリツクスがそれをさせない。しよつちゆう邪魔をするのである。

 「こつちへおいでよ、にんじん。もつと深いところがあるぜ。こら、足がつかないや。沈むぜ。御覽よ、ほら、僕が見へる[やぶちゃん注:ママ。以下も同じ。]だらう。そらこの通り・・・見えなくなるよ。そいぢや、こんだ、あの柳の木の方へ行つてろよ。動いちやいけないよ。そこまで十ぺんで行くからね」[やぶちゃん注:「こんだ」は「今度(こんど)」の変化した語で江戸時代からある語彙である。]

 「數へてるよ」

 と、にんじんは、がたがた顫へながら、肩を水から出し、まるで棒杭のやうに動かずにゐるのである。

 更に、彼は、泳がうとしてからだを屈める。ところが、兄貴のフエリツクスは、その背中へ攣ぢ登つて、飛び込みをやる。

 「こんだ、お前の番さ、ね、僕の背中へおあがりよ」

 「僕あ、自分で練習してるんだから、ほつといておくれよ」

 にんじんは、かう云ふのである。

 「もう、よし。みんな出ろ。ラムをひと口づゝ飮みに來い」

と、ルビツク氏は呼ぶ。

 「もう出るの?」

と、にんじんが云ふ。

 今になると、彼はまだ出るのが厭なのだ。水浴びに來たのに、これくらゐでは物足りない。出なければならないと思ふと、水がもう怖くはないのである。さつきは鉛、今は、羽根だ。獅子奮迅の勢で暴れまくる。危險など眼中にない。人を救ふために、自分の命を棄てゝかゝつたやうだ。おまけに、誰もしてみろと云はないのに水の中へ頭を突込む。溺れた人間の苦しみを味ふためである。

 「早くしろよ」 と、ルピツク氏は叫ぶ――「さもないと、兄さんがラムをみんな飮んヂまうぞ」[やぶちゃん注:前の台詞の後の字空けは、ママ。誤植であろう。戦後版は改行せず、繋がっている。]

 ラムなら、あんまり好きぢやないのだが、にんじんは、云ふ――

 「僕の分は、誰にもやらないよ」

 さうして、彼は、それを老兵の如く飮み干す。

 

ルピツク氏――よく洗はなかつたな。くるつぷしに、まだ垢がついてる。

にんじん――泥だよ、こりや。

ルピツク氏――いゝや、垢だ。

にんじん――もう一度水へはいつて來ようか。

ルピツク氏――明日除(と)ればいい。また來よう。

にんじん――うまい具合に天氣ならね。

 

 彼は、指の先へ、タオルの乾いたところを、つまり兄貴が濡らさずにおいてくれたところを捲きつけて、からだを拭く。頭が重く、喉はいがらつぽいのだが、彼は、大聲を立てゝ笑ふのである。といふのは、兄貴とルピツク氏が、彼の捻じくれた足の址(ゆび)を見て、へんてこな戲談をいつたからだ。[やぶちゃん注:「戲談」「じようだん」。]

 

[やぶちゃん注:原本はここから。

「猿股」原文は“calecons”で、「猿股」は誤りとは言えないが、下着の印象が強いから、単純に「パンツ」、若しくは「水泳パンツ」と譯した方が、若年層の読者の誤解を生まないであろう。因みに、ふと思つたが、袴の一種で例のドラマの「水戸黄門」の穿いている輕衫(かるさん)の語源は、ポルトガル語の「ズボン」に相当する“caçlão”であるが、これは同語源ように思われる。

「林檎糖」原文は“sucre de pomme”(シュクル・ド・ポム)。ルーアン特産の円柱状をしたリンゴ飴菓子。レモン汁や、キャラメル・エキス、リンゴのエキスをベースとして飴状に成し、それを冷やす際、巧みな手動で棒状に巻いて造る。長さは七センチメートル、直径一センチメートルの小さなものから、長さ三十四センチメートル、直径五センチメートルもの特大サイズのものまである(サイト「フランス菓子ラボ」のこちらを参照した)。

「ラム」サトウキビから採つた糖蜜を発酵させて造つた蒸留酒。アルコール度数は一般には約四十五パーセント程度と高いが、言わずもがなだが、ルピック氏は子供らの冷えた体を温めるために飲ませているのである。]

 

 

 

 

    Le Bain

 

   Comme quatre heures vont bientôt sonner, Poil de Carotte, fébrile, réveille M. Lepic et grand frère Félix qui dorment sous les noisetiers du jardin.

   Partons-nous ? dit-il.

     GRAND FRÈRE FÉLIX

   Allons-y, porte les caleçons !

     MONSIEUR LEPIC

   Il doit faire encore trop chaud.

     GRAND FRÈRE FÉLIX

   Moi, j’aime quand il y a du soleil.

     POIL DE CAROTTE

   Et tu seras mieux, papa, au bord de l’eau qu’ici. Tu te coucheras sur l’herbe.

     MONSIEUR LEPIC

   Marchez devant, et doucement, de peur d’attraper la mort.

 

   Mais Poil de Carotte modère son allure à grand-peine et se sent des fourmis dans les pieds. Il porte sur l’épaule son caleçon sévère et sans dessin et le caleçon rouge et bleu de grand frère Félix. La figure animée, il bavarde, il chante pour lui seul et il saute après les branches. Il nage dans l’air et il dit à grand frère Félix :

   Crois-tu qu’elle sera bonne, hein ? Ce qu’on va gigoter !

   Un malin ! répond grand frère Félix, dédaigneux et fixé.

   En effet, Poil de Carotte se calme tout à coup.

   Il vient d’enjamber, le premier, avec légèreté, un petit mur de pierres sèches, et la rivière brusquement apparue coule devant lui. L’instant est passé de rire.

   Des reflets glacés miroitent sur l’eau enchantée.

   Elle clapote comme des dents claquent et exhale une odeur fade.

   Il s’agit d’entrer là-dedans, d’y séjourner et de s’y occuper, tandis que M. Lepic comptera sur sa montre le nombre de minutes réglementaire. Poil de Carotte frissonne. Une fois de plus son courage, qu’il excitait pour le faire durer, lui manque au bon moment, et la vue de l’eau, attirante de loin, le met en détresse.

   Poil de Carotte commence de se déshabiller, à l’écart. Il veut moins cacher sa maigreur et ses pieds, que trembler seul, sans honte.

   Il ôte ses vêtements un à un et les plie avec soin sur l’herbe. Il noue ses cordons de souliers et n’en finit plus de les dénouer.

   Il met son caleçon, enlève sa chemise courte et, comme il transpire, pareil au sucre de pomme qui poisse dans sa ceinture de papier, il attend encore un peu.

   Déjà grand frère Félix a pris possession de la rivière et la saccage en maître. Il la bat à tour de bras, la frappe du talon, la fait écumer, et, terrible au milieu, chasse vers les bords le troupeau des vagues courroucées.

   Tu n’y penses plus, Poil de Carotte ? demande monsieur Lepic.

   Je me séchais, dit Poil de Carotte.

   Enfin il se décide, il s’assied par terre, et tâte l’eau d’un orteil que ses chaussures trop étroites ont écrasé. En même temps, il se frotte l’estomac qui peut-être n’a pas fini de digérer. Puis il se laisse glisser le long des racines.

   Elles lui égratignent les mollets, les cuisses, les fesses. Quand il a de l’eau jusqu’au ventre, il va remonter et se sauver. Il lui semble qu’une ficelle mouillée s’enroule peu à peu autour de son corps, comme autour d’une toupie. Mais la motte où il s’appuie cède, et Poil de Carotte tombe, disparaît, barbote et se redresse, toussant, crachant, suffoqué, aveuglé, étourdi.

   Tu plonges bien, mon garçon, lui dit monsieur Lepic.

   Oui, dit Poil de Carotte, quoique je n’aime pas beaucoup ça. L’eau reste dans mes oreilles, et j’aurai mal à la tête.

   Il cherche un endroit où il puisse apprendre à nager, c’est-à-dire faire aller ses bras, tandis que ses genoux marcheront sur le sable.

   Tu te presses trop, lui dit M. Lepic. N’agite donc pas tes poings fermés, comme si tu t’arrachais les cheveux. Remue tes jambes qui ne font rien.

   C’est plus difficile de nager sans se servir des jambes, dit Poil de Carotte.

   Mais grand frère Félix l’empêche de s’appliquer et le dérange toujours.

   Poil de Carotte, viens ici. Il y en a plus creux. Je perds pied, j’enfonce. Regarde donc. Tiens : tu me vois. Attention : tu ne me vois plus. À présent, mets-toi là vers le saule. Ne bouge pas. Je parie de te rejoindre en dix brassées.

   Je compte, dit Poil de Carotte grelottant, les épaules hors de l’eau, immobile comme une vraie borne.

   De nouveau, il s’accroupit pour nager. Mais grand frère Félix lui grimpe sur le dos, pique une tête et dit :

   À ton tour, si tu veux, grimpe sur le mien.

   Laisse-moi prendre ma leçon tranquille, dit Poil de Carotte.

   C’est bon, crie M. Lepic, sortez. Venez boire chacun une goutte de rhum.

   Déjà ! dit Poil de Carotte.

   Maintenant il ne voudrait plus sortir. Il n’a pas assez profité de son bain. L’eau qu’il faut quitter cesse de lui faire peur. De plomb tout à l’heure, à présent de plume, il s’y débat avec une sorte de vaillance frénétique, défiant le danger, prêt à risquer sa vie pour sauver quelqu’un, et il disparaît même volontairement sous l’eau, afin de goûter l’angoisse de ceux qui se noient.

   Dépêche-toi, s’écrie M. Lepic, ou grand frère Félix boira tout le rhum.

   Bien que Poil de Carotte n’aime pas le rhum, il dit :

   Je ne donne ma part à personne.

   Et il la boit comme un vieux soldat.

 

     MONSIEUR LEPIC

   Tu t’es mal lavé, il reste de la crasse à tes chevilles.

     POIL DE CAROTTE

   C’est de la terre, papa.

     MONSIEUR LEPIC

   Non, c’est de la crasse.

     POIL DE CAROTTE

   Veux-tu que je retourne, papa ?

     MONSIEUR LEPIC

   Tu ôteras ça demain, nous reviendrons.

     POIL DE CAROTTE

   Veine ! Pourvu qu’il fasse beau !

 

   Il s’essuie du bout du doigt, avec les coins secs de la serviette que grand frère Félix n’a pas mouillés, et la tête lourde, la gorge raclée, il rit aux éclats, tant son frère et M. Lepic plaisantent drôlement ses orteils boudinés.

 

« 譚海 卷之五 狐猫同類たる事 附武州越ケ谷にて猫おどる事 / 卷之五~了(ルーティン仕儀) | トップページ | 「にんじん」ジュウル・ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ヴァロトン挿絵+オリジナル新補注+原文) 「オノリイヌ」 »