フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「立山の幽霊」 | トップページ | 「にんじん」ジュウル・ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ヴァロトン挿絵+オリジナル新補注+原文) 「苜蓿(うまごやし)」 »

2023/11/26

「にんじん」ジュウル・ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ヴァロトン挿絵+オリジナル新補注+原文) 「土龍」

[やぶちゃん注:ジュール・ルナール(Jules Renard 一八六四年~一九一〇年)の “ Poil De Carotte(原題は訳すなら「人参の毛」であるが、これはフランス語で、昔、「赤毛の子」を指す表現である。一八九四年初版刊行)の岸田国士による戦前の翻訳である。

 私は既にサイト版「にんじん ジュウル・ルナアル作 岸田国士訳 挿絵 フェリックス・ヴァロトン(注:やぶちゃん copyright 2008 Yabtyan)」で、新字新仮名遣のそれを十五年前に電子化注している。そこでは、底本は岩波文庫版(一九七六年改版)を用いたが、今回は、国立国会図書館デジタルコレクションのジュウル・ルナアル作岸田國士譯「にんじん」(昭和八(一九三三)年七月白水社刊。リンクは標題のある扉)を用い、正字正仮名遣で電子化し直し、注も新たにブラッシュ・アップする。また、本作の挿絵の画家フェリックス・ヴァロトンFelix Vallotton(一八六五年~一九二五年:スイス生まれ。一八八二年にパリに出、「ナビ派」の一員と目されるようになる。一八九〇年の日本版画展に触発され、大画面モノクロームの木版画を手掛けるようになる。一九〇〇年にフランスに帰化した)の著作権も消滅している。上記底本にはヴァロトンの絵はない(当時は、ヴァロトンの著作権は継続していた)が、私は彼の挿絵が欠かせないと思っているので、岩波版が所載している画像を、今回、再度、改めて取り込み、一部の汚損等に私の画像補正を行った。

 ルビ部分は( )で示したが、ざっと見る限り、本文を含め、拗音・促音は使用されていないので、それに従った。傍点「丶」は下線に代えた。底本の対話形式の部分は、話者が示されダッシュとなる一人の台詞が二行に亙る際、一字下げとなっているが、ブラウザの不具合が起きるので、詰めた。三点リーダは「…」ではなく、「・・・」であるのはママである。各話の末尾に若い読者を意識した私のオリジナルな注を附した(岸田氏の訳は燻し銀であるが、やや語彙が古いのと、私(一応、大学では英語が嫌いなので、第一外国語をフランス語にした)でも、原文と照らしてみて、首をかしげる部分が幾分かはある。中学二年生の時、私がこれを読んだときに立ち返ってみて、当時の私なら、疑問・不明に思う部分を可能な限り、注した。原文はフランスのサイト“Canopé Académie de Strasbourg”の“Jules Renard OIL DE CAROTTE (1900)”PDF)のものをコピーし、「Internet archive」の一九〇二年版の原本と校合し、不審箇所はフランス語版“Wikisource”の同作の電子化も参考にした。詳しくは、初回の冒頭注を参照されたい。

 

Mogura

 

     土 龍

 

 

 にんじんは道ばたで、煙突掃除のやうに黑い一匹の土龍を見つける。好い加減玩具にした揚句、そいつを殺さうと決心する。そこで、何んべんも空中へ放り上げるのであるが、それは石の上へ落ちるやうにうまく投げるのである。[やぶちゃん注:「玩具」「おもちや」。]

 初めは、なかなか具合よく、すらすら行く。

 土龍はもう脚が折れ、頭が割れ、背中が破れ、一向死太さうにはみえない。[やぶちゃん注:「一向死太さう」「いつかうしぶとさう」。戦後版では、意味が上手く伝わらないと思われたか、岸田氏は『根つからしぶとくもなさそうだ。』と改訳している。]

 すると、驚いた。にんじんは、土龍がどうしても死なゝいといふことに氣がつく。家の高さよりも高く、天まで屆くほどほうり上げても、さつぱり効き目がない。[やぶちゃん注:「家」は先行するものと同じく、「うち」と訓じておく。]

 「こね野郞(やろう)! 死なねえや。」[やぶちゃん注:最後に句点を打っているのは、本書では特異点である。]

 なるほど、血だらけになつた石の上で、土龍はぴくぴく動く。脂肪(あぶら)だらけの腹がこごりのやうに顫え、その顫え方が、さも生命のある證據のやうに見える。[やぶちゃん注:「脂肪」戦後版では『あぶら』とルビする。それを採。る「顫え」二ヶ所ともママ。歴史的仮名遣は「ふるへる」が正しい。「生命」戦後版では『いのち』と振るが、このままでは、「せいめい」と読んでしまう。「いのち」がよい。]

 「こね野郞!」と、にんじんは躍氣になつて呶鳴る――「まだ死なねえか」

 彼はまたそれを拾ひ上げる。罵倒する。そして、方法を變へる。

 顏を眞赤にし、眼に淚を溜め、彼は土龍に唾をひつかける。それから、すぐそばの石の上を目がけて、力まかせに投げつける。

 それでも、例の不恰好な腹は、相變らず動いてゐる。

 かうして、にんじんが、死にもの狂ひになつて、叩きつければ叩きつけるほど、土龍は、餘計死なゝいやうに見えて來る。

 

[やぶちゃん注:「土龍」は言わずもがな、哺乳綱食虫(モグラ)目 Insectivoraモグラ科 Talpidaeのモグラ類、或いは、タイプ種のモグラ族ヨーロッパモグラ属ヨーロッパモグラ Talpa europaea としておく。因みに、「土龍」は中國語では「ミミズ」を指し、どこかで誤伝されたものではないかと思われる(ミミズはモグラの主食という連関という点では不思議な誤りではある)。偶然だが、この一週間ほど、私の猫の額ほどの前庭に、モグラが何度もなかなか立派なコニーデを作り出し、この注の最中にも、亡き母の遺愛のバラの木の下の、その火山を崩して、平たくしてきたばかりである。

「こね野郞」如何にも憎たらしいといつた時に、「この野郎」を鼻にかかつてくぐもつた言い方をすることがあるが、その際、「の」の音が同じナ行の「ぬ」や「ね」のような音になる。その発音上の変異を、岸田氏は、そのまま、文字に写したものではないかと思われる。所持する小学館「日本国語大辞典」で引くと、「このやろう」の項の最後の『発音』の箇所に、『コノヤロー〈なまり〉コネァロ〔岩手・福島〕コネロ・コンナエロ〔山形〕』とあった。しかし、岸田氏の家系は東北ではなく、旧紀州藩士の家系である。どこかで誰か東北出身の知人からでも聴き覚えて、いかにも憎たらしい言い方で面白く思って、使われたものかも知れない。

 さて。私は中学二年の折り、これを読んで、本書の中で「にんじん」の残酷な加虐性に強く印象づけられた、というより、彼を『ちょっと気持ちの悪い奴だ。』と思ったのを思い出す。しかし、大半の読者はお判りであろうが、この、死にそうで、いっかな、死なない、しぶとい反骨の気魄でのみ生きているような「傷だらけモグラ」は、まさに家族はおろか、大半の人々から疎外されている「にんじん」自身のカリカチャア、いやさ、鏡像に、これ、他ならない。それに気づくには、高校時代に岸田訳で再読するまで、愚鈍な私は待たねばならなかったのであった。小学校六年生の頃から、ジグムント・フロイトの著作に親しんできた私であったが、そうした精神のアンビバレンツを、実際にはまるで理解していなかったのだと、今にして思う始末であった。

 

 

 

 

     La Taupe

 

   Poil de Carotte trouve dans son chemin une taupe, noire comme un ramonat. Quand il a bien joué avec, il se décide à la tuer. Il la lance en l’air plusieurs fois, adroitement, afin qu’elle puisse retomber sur une pierre.

   D’abord, tout va bien et rondement.

   Déjà la taupe s’est brisé les pattes, fendu la tête, cassé le dos, et elle semble n’avoir pas la vie dure.

   Puis, stupéfait, Poil de Carotte s’aperçoit qu’elle s’arrête de mourir. Il a beau la lancer assez haut pour couvrir une maison, jusqu’au ciel, ça n’avance plus.

   Mâtin de mâtin ! elle n’est pas morte, dit-il.

   En effet, sur la pierre tachée de sang, la taupe se pétrit ; son ventre plein de graisse tremble comme une gelée, et, par ce tremblement, donne l’illusion de la vie.

   Mâtin de mâtin ! crie Poil de Carotte qui s’acharne, elle n’est pas encore morte !

   Il la ramasse, l’injurie et change de méthode.

   Rouge, les larmes aux yeux, il crache sur la taupe et la jette de toutes ses forces, à bout portant, contre la pierre.

   Mais le ventre informe bouge toujours.

   Et plus Poil de Carotte enragé tape, moins la taupe lui paraît mourir.

 

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「立山の幽霊」 | トップページ | 「にんじん」ジュウル・ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ヴァロトン挿絵+オリジナル新補注+原文) 「苜蓿(うまごやし)」 »