フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 「博物誌」ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ボナール挿絵+オリジナル新補注+原文) 「かは沙魚」 | トップページ | 「博物誌」ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ボナール挿絵+オリジナル新補注+原文) 「庭のなか」 »

2023/11/14

「博物誌」ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ボナール挿絵+オリジナル新補注+原文) 「鯨」

[やぶちゃん注:本電子化はサイトの「心朽窩新館」で偏愛する『ジュール・ルナール「博物誌」岸田国士訳(附 Jules Renard “ Histoires Naturelles ”原文+やぶちゃん補注版)』を公開している(新字新仮名戦後版)が、今回は国立国会図書館デジタルコレクションの正字正仮名のもの、戦前の岸田國士譯ジュウル・ルナアル 「博物誌」(昭一四(一九三九)年白水社刊)の画像(リンク先は当該書の標題附き扉二)を視認出来るようになったことから、それをブログ版として、新規まき直しで、零から始めることとしたものである。詳しくは初回の冒頭注を参照されたい。

 また、ボナールの画像に就いては、十六年前のそれではなく、再度、新潮文庫版のそれを、新たにOCRで読み込み、補正・清拭して用いる。注も一からやり直すこととし、原文は前回のものを調べたところ、アクサンテギュの落ちが有意に認められたので(サイト版は敢えてそのままにしておいた)、新たにフランスのサイト“TEXTES LIBRES”の電子化された同書原文のものをコピー・ペーストさせて戴くこととすることとした。

 

 

   

 

 

 コルセットを作るだけの材料は、ちやんと口に中に持つてゐる。が、なにしろ、この胴まはりぢや……!

 

[やぶちゃん注:「コルセット」から、哺乳綱鯨偶蹄目正鯨類 Autoceta(現生鯨類 Neoceti )の内、ヒゲクジラ小目 Mysticeti のヒゲクジラ類に同定される(言っておくと、しばしば誤認された記載があるが、コルセットに用いたのは、クジラの「骨」ではなく、「ひげ」である(ルナールがここで「ちやんと口に中に持つてゐる」と証明している)ので注意されたい)。ウィキの「鯨ひげ」によれば、『ヒゲクジラ亜目の動物の上顎部に見られる、繊維が板状となった器官で』、『ひげ板とも言う。口腔内の皮膚がヒゲクジラ類で独自に変化したもので、髭や毛とは由来が異なる。濾過摂食のためのフィルターとしての役割を持つ。弾力性などに優れることから、プラスチックなどの普及以前には各種工業素材に利用され、捕鯨の重要な目的にもなった』とあり、『素材としての鯨ひげ』の項に、『加工しやすい程度の硬さで、引っ張り強度があり、軽く、弾力性があるなどの優れた性質があるため、エンバ板とも呼ばれ、古くから様々な製品の素材に用いられてきた。古い例としては、正倉院に鯨ひげ製の如意が宝物として収められている。特にセミクジラ科』Balaenidae『のものは、長くて非常に柔軟かつ弾力があることから重宝され、結果としてセミクジラ科の乱獲の一因ともなった』(☜)『その後、弾力のある金属線やプラスチックが普及したため、現在では工芸的な用途を除いては需要は殆どない』とし、『衣服』の条に、『整形用の骨に用い』た。『西洋ではコルセットやクリノリン』(crinoline:一八五〇年代後半に欧米でスカートを膨らませるために発明された鯨ひげや針金を輪状にして重ねた骨組みの下着)『などの女性用下着やドレスの腰部、日本では裃』(かみしも)『の肩など』に使われたとあるので、サイト版では、『なにしろ、この胴まわりだけじゃ……同定しかねる!』と私は洒落たのだが、以上の記載から、

セミクジラ上科セミクジラ科ホッキョククジラ属ホッキョククジラ Balaena mysticetus

 同セミクジラ科セミクジラ属ミナミセミクジラ Eubalaena Australia

  同セミクジラ属タイセイヨウセミクジラ Eubalaena glacialis

  同セミクジラ属セミクジラ Eubalaena japonica

の四種に絞ってよいようである。ボナールの絵はない。]

 

 

 

 

LA BALEINE

 

Elle a bien dans la bouche de quoi se faire un corset, mais avec ce tour de taille !...

 

« 「博物誌」ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ボナール挿絵+オリジナル新補注+原文) 「かは沙魚」 | トップページ | 「博物誌」ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ボナール挿絵+オリジナル新補注+原文) 「庭のなか」 »