フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「狸の筆蹟」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「狸の宝劔」 »

2023/12/01

「にんじん」ジュウル・ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ヴァロトン挿絵+オリジナル新補注+原文) 「日課」

[やぶちゃん注:ジュール・ルナール(Jules Renard 一八六四年~一九一〇年)の “ Poil De Carotte(原題は訳すなら「人参の毛」であるが、これはフランス語で、昔、「赤毛の子」を指す表現である。一八九四年初版刊行)の岸田国士による戦前の翻訳である。

 私は既にサイト版「にんじん ジュウル・ルナアル作 岸田国士訳 挿絵 フェリックス・ヴァロトン(注:やぶちゃん copyright 2008 Yabtyan)」で、新字新仮名遣のそれを十五年前に電子化注している。そこでは、底本は岩波文庫版(一九七六年改版)を用いたが、今回は、国立国会図書館デジタルコレクションのジュウル・ルナアル作岸田國士譯「にんじん」(昭和八(一九三三)年七月白水社刊。リンクは標題のある扉)を用い、正字正仮名遣で電子化し直し、注も新たにブラッシュ・アップする。また、本作の挿絵の画家フェリックス・ヴァロトンFelix Vallotton(一八六五年~一九二五年:スイス生まれ。一八八二年にパリに出、「ナビ派」の一員と目されるようになる。一八九〇年の日本版画展に触発され、大画面モノクロームの木版画を手掛けるようになる。一九〇〇年にフランスに帰化した)の著作権も消滅している。上記底本にはヴァロトンの絵はない(当時は、ヴァロトンの著作権は継続していた)が、私は彼の挿絵が欠かせないと思っているので、岩波版が所載している画像を、今回、再度、改めて取り込み、一部の汚損等に私の画像補正を行った。

 ルビ部分は( )で示したが、ざっと見る限り、本文を含め、拗音・促音は使用されていないので、それに従った。傍点「丶」は下線に代えた。底本の対話形式の部分は、話者が示されダッシュとなる一人の台詞が二行に亙る際、一字下げとなっているが、ブラウザの不具合が起きるので、詰めた。三点リーダは「…」ではなく、「・・・」であるのはママである。各話の末尾に若い読者を意識した私のオリジナルな注を附した(岸田氏の訳は燻し銀であるが、やや語彙が古いのと、私(一応、大学では英語が嫌いなので、第一外国語をフランス語にした)でも、原文と照らしてみて、首をかしげる部分が幾分かはある。中学二年生の時、私がこれを読んだときに立ち返ってみて、当時の私なら、疑問・不明に思う部分を可能な限り、注した。原文はフランスのサイト“Canopé Académie de Strasbourg”の“Jules Renard OIL DE CAROTTE (1900)”PDF)のものをコピーし、「Internet archive」の一九〇二年版の原本と校合し、不審箇所はフランス語版“Wikisource”の同作の電子化も参考にした。詳しくは、初回の冒頭注を参照されたい。そこで述べたが、底本の対話形式の部分は、話者が示され、ダッシュとなる一人の台詞が二行に亙る際、一字下げとなっているが、ブラウザの不具合が起きるので、詰めてある。ところが、ここは、二段落目以降、総てが、「にんじん」の独擅場であるので、恐らく、底本では植字工がそれを、初回ページ最後の二行ではそれを実行しているにも関わらず、次のページをめくってみると、通常の版組の頭から印刷されてしまって、通常の形になったまま、最後まで、その版組で終わってしまっている。半数以上の読者は、それに気づかずに読み終えてしまうであろうから、敢えて言っておく。なお、戦後版では、それは底本ではちゃんと行われてある(但し、サイト版は同様の理由からそれを再現はしていない)。

 

Nikka

 

      日  課

 

 

 「拍子拔けがしたらう」と、にんじんは、臺所で、アガアトと二人きりになつてから云つた――「がつかりしちや駄目だよ。こんなことはしよつちゆうあるんだから・・・。だけど、そんな壜をもつて何處へ行くの」

 「穴倉へですよ、にんじん坊つちやん」

 

にんじん――おつと待つた。穴倉へは僕が行くんだ。梯子段があぶなくつて、女の人は滑つて首の骨をへし折つちまひさうなんだ。そいつを僕が平氣で降りられたもんで、それから、この僕でなけれやならないつてことになつたんだ。赤い封蠟と靑い封蠟をちやんと見分けられるしね。

 僕が空樽を賣ると、そいつは僕の收入(みいり)になるんだぜ。兎の皮だつてさうだよ。お金はお母さんに預けとくんだ。

 よく打合せをしとかう、いゝかい、お互に仕事の邪魔をしないやうにね。

 朝は、僕が犬の小屋を開ける。それから、スープも僕がやることになつてる。晚は、これも僕が、口笛で呼んで寢かせつける。町へ出てなかなか歸つてこないやうな時は、待つてるんだ。

 それから、母さんとの約束で、鷄小舍は、僕がいつも閉めに行くことになつてる。僕はまた草挘(むし)りもする。どんな草でもいゝつてわけに行かないからね。くつついてる土は、足ではらつて、あとの穴を埋めとく。草は家畜にやるんだ。

 運動のために、僕は、父(とう)さんの手傳ひをして薪を切ることになつてゐる。[やぶちゃん注:「薪」は戦後版では、『まき』とルビする。それを採る。]

 父さんが生きたまゝ持つて歸つた獵の獲物は、僕が首をひねる。君とエルネスチイヌ姉さんが羽根を挘(むし)るんだぜ。

 魚の腹は、僕が割く。腸(わた)も出す。それから、浮囊は踵でぴちんと潰す。

 さういふ時、鱗を取るのは君だよ。それから、井戶から水を汲み上げるのもね。[やぶちゃん注:「鱗」通常の読者は、百%、「うろこ」と読む。しかし、戦後版では『こけ』と振っている。而して、本書のずっと後の章「釣針」の冒頭の一文中で、『魚(さかな)の鱗(こけ)』と岸田氏はルビを振っているので、ここも「こけ」と読むこととする。]

 糸卷の糸をほどく時は、僕が手傳ふから。

 珈琲は、僕が挽く。

 旦那さんが泥だらけの靴を脫いだら、僕がそいつを廊下へ持つて出る。だが、エルネスチイヌ姉さんは、上履(うはぐつ)を持つてくる權利を誰にも讓らないんだ。自分で刺繍繡をしたからなんだ。

 大事な使ひは僕が引き受ける。遠道(とほみち)をするときだとか、藥屋や醫者へ行く時もさうだ。

 君の方は、小さな買物やなんか、村の中だけの走り使ひをするわけだ。

 しかし、君は、每日二三時間、それも年が年中、川で洗濯をしなけれやならない。こいつが一等辛い仕事だらう。氣の毒だがやつてくれ。僕にや、それだけはどうすることもできないんだ。でも、時々は、暇があつたら、僕も手を藉(か)してあげるよ、洗濯物を生籬(いけがき)の上へひろげる時なんかにね。

 あゝ、さうさう、注意しとくけどね、洗濯物は、決して果物の樹の上へひろげちやいけないよ。旦那さんは君に小言なんか云やしない。いきなり、そいつを地べたの上へ彈(はじ)き飛ばしちまふから。すると奧さんは、ちよつと泥がついたゞけでもう一度川へ行つて來いといふよ。

 靴の手入は君に賴むよ。獵に行く靴へは、うんと油を塗つてくれ給へ。ゴム靴には、ぼつちり靴墨をつけるんだ。でないと、あいつは、こちこちになるからね。

 泥のついた半ズボンは、一所懸命に落とさなくつたつていゝ。旦那さんは、泥がついてたほうがズボンの持ちがいゝつていふんだ。なにしろ、掘り返した土ん中を、裾もまくらずに步くんだからね。旦那さんは僕を連れてく時がある。獲物を僕が持つんだ。さういふ時、僕は、ズボンの裾をまくつた方がいゝ。すると、旦那さんは僕にかう云ふんだ――

 「にんじん、お前は碌な獵師になれんぞ」

 しかし、奧さんは、僕にかう云ふんだ――

 「ズボンを汚したら承知しないから・・・。耳がちぎれても知らないよ」

 こいつは、趣味の問題だ。

 要するに、君だつてそんなに悲觀することはないさ。僕の休暇中は、二人で用事を分擔しよう。それから、姉さんと兄さんと僕が、また寄宿へ歸るやうになつたら、君の用事も少なくなる。つまり、おんなじわけだ。

 それに、誰も君に對しちや、それほど辛く當りやしないよ。うちに來る人たちに訊いて見給ひ[やぶちゃん注:ママ。以下、同じ。訛りのような俗っぽい口つき(文法の誤り)を意訳的に再現した岸田氏の確信犯の仕儀のように私には思われる。]。みんなさういふから。――姉さんのエルネスチイヌは優しきこと天使の如しだし、兄貴のフエリツクスは心ばえ[やぶちゃん注:ママ。]いとも氣高く、旦那さんは、資性廉直、判斷に狂ひがない。奧さんは、こりや、稀に見る料理の名人だ。君の眼からは、恐らく、家族中で僕が一等むづかし屋に見えるだらう。なに、根を洗や、ほかのものと違ひはないのさ。たゞ、扱ひ方を知つてれやいゝんだ。それに、僕の方でも考へるし、惡いところは直しもする。謙遜ぶらずに云へば、僕、だんだん人間がましにはなつて來たんだ。若し君の方で、少しでもその氣になつてくれれや、僕たちは、非常にうまく調子を合はして行けると思ふんだ。

 あゝ、駄目だぜ、僕のことをこれから「にんじん坊つちやん」なんて呼んぢや。「にんじん」つて呼び給ひ、みんなとおんなじやうに。「若旦那さん」ていふよりや短くつていゝ。たゞ君のお祖母さんのオノリイヌみたいに、「かうだよ」とか、「かうしてやらう」なんて云はないでくれ給ひ。僕あ、それが嫌ひさ。君のお祖母さんは、何時もさういふんだもの、僕あ癪にさわつてね。

 

[やぶちゃん注:原本はここから。「にんじん」は恰も慇懃無礼な「小姑」のように滔々と日課・「ルピック家」の掟(おきて)や役割分担を詳細に亙って教える。しかし、悪意は見られない。寧ろ、偉そうに語りながら、外から来た同世代の少女に(恐らくは「にんじん」より僅かに年上であろう)、フラットな今まで感じたことのない他者への、女性への、親近性を、かすかに感じ、或いは、幾分か、彼女に興味を持っている雰囲気さえも字背に感じられる。また、翻って読み解くなら、「にんじん」は「ルピック家」の体の好い下男並みの扱いを受けさせられてしまっているということも、本篇の今一つの主意であることが、判る仕組みとなっているのである。アガアトも内心、最後には、『この子は、この家の中にあって、なんて可哀そうな立場なんだろう。』という思いが萌しているのではないか? アガアトの反応が描かれない分、それを暗に強く感じさせる、と私は思うのである。なお、この丁寧な言いの背後には、アガアトの追放に加担した「にんじん」の内心の後ろめたさも影響していると読むべきでもあろう。

「赤い封蠟と靑い封蠟」ワインの等級、若しくは、ビンテージの區別を示すものと思われる。現行では、「赤」は日々の通常の食卓用、「青」は少し豪華なそれや、改まった場面での上級物を指すことが多いようである。

「どんな草でもいゝつてわけに行かないからね」これは草の種類をよく知つていないと、折角、植えた大事な植物や、人の食用・薬用になる有用な植物まで雑草として抜いてしまうことになるから僕の役目なんだよ、といふにんじんが植物学に詳しい知識人であることの、半ば自慢である。

「遠道(とほみち)」中・遠距離のお使い。

「ゴム靴には、ぼつちり靴墨をつけるんだ」「ぼつちり」は高知方言で「ちょうどいい具合な感じで」の意味があるが、それではない。何故なら、そもそも原文は“peu”で、これは「少しだけ・ごく少量」の意であるからである。恐らくは思うに、原稿は半濁音だったのを、植字工が誤植した可能性が極めて高い。事実、戦後版では『ぽっちり』となっているのでである。

「資性廉直」生まれつきの資質・心が清らかで、欲を持たず正直なこと。

「根を洗や」「結局のところはさ」の意。]

 

 

 

 

    Le Programme

 

   Ça vous la coupe, dit Poil de Carotte, dès qu’Agathe et lui se trouvent seuls dans la cuisine. Ne vous découragez pas, vous en verrez d’autres. Mais où allez-vous avec ces bouteilles ?

   À la cave, monsieur Poil de Carotte.

 

     POIL DE CAROTTE

   Pardon, c’est moi qui vais à la cave. Du jour où j’ai pu descendre l’escalier, si mauvais que les femmes glissent et risquent de s’y casser le cou, je suis devenu l’homme de confiance. Je distingue le cachet rouge du cachet bleu.

   Je vends les vieilles feuillettes pour mes petits bénéfices, de même que les peaux de lièvres, et je remets l’argent à maman.

   Entendons-nous, s’il vous plaît, afin que l’un ne gêne pas l’autre dans son service.

   Le matin j’ouvre au chien et je lui fais manger sa soupe. Le soir je lui siffle de venir se coucher. Quand il s’attarde par les rues, je l’attends.

   En outre, maman m’a promis que je fermerais toujours la porte des poules.

   J’arrache des herbes qu’il faut connaître, dont je secoue la terre sur mon pied pour reboucher leur trou, et que je distribue aux bêtes.

   Comme exercice, j’aide mon père à scier du bois.

   J’achève le gibier qu’il rapporte vivant et vous le plumez avec soeur Ernestine.

   Je fends le ventre des poissons, je les vide et fais péter leurs vessies sous mon talon.

   Par exemple c’est vous qui les écaillez et qui tirez les seaux du puits.

   J’aide à dévider les écheveaux de fil.

   Je mouds le café.

   Quand M. Lepic quitte ses souliers sales, c’est moi qui les porte dans le corridor, mais soeur Ernestine ne cède à personne le droit de rapporter les pantoufles qu’elle a brodées elle-même.

Je me charge des commissions importantes, des longues trottes, d’aller chez le pharmacien ou le médecin.

   De votre côté, vous courez le village aux menues provisions.

   Mais vous devrez, deux ou trois heures par jour et par tous les temps, laver à la rivière. Ce sera le plus dur de votre travail, ma pauvre fille ; je n’y peux rien. Cependant je tâcherai quelquefois, si je suis libre, de vous donner un coup de main, quand vous étendrez le linge sur la haie.

   J’y pense : un conseil. N’étendez jamais votre linge sur les arbres fruitiers. Monsieur Lepic, sans vous adresser d’observation, d’une chiquenaude le jetterait par terre, et madame Lepic, pour une tache, vous renverrait le laver.

   Je vous recommande les chaussures. Mettez beaucoup de graisse sur les souliers de chasse et très peu de cirage sur les bottines. Ça les brûle.

   Ne vous acharnez pas après les culottes crottées. Monsieur Lepic affirme que la boue les conserve. Il marche au milieu de la terre labourée sans relever le bas de son pantalon. Je préfère relever le mien, quand monsieur Lepic m’emmène et que je porte le carnier.

   Poil de Carotte, me dit-il, tu ne deviendras jamais un chasseur sérieux.

   Et madame Lepic me dit :

   Gare à tes oreilles si tu te salis.

   C’est une affaire de goût.

   En somme vous ne serez pas trop à plaindre. Pendant mes vacances nous nous partagerons la besogne et vous en aurez moins, ma soeur, mon frère et moi rentrés à la pension. Ça revient au même.

   D’ailleurs personne ne vous semblera bien méchant. Interrogez nos amis : ils vous jureront tous que ma soeur Ernestine a une douceur angélique, mon frère Félix, un coeur d’or, monsieur Lepic l’esprit droit, le jugement sûr, et madame Lepic un rare talent de cordon-bleu. C’est peut-être à moi que vous trouverez le plus difficile caractère de la famille. Au fond j’en vaux un autre. Il suffit de savoir me prendre. Du reste, je me raisonne, je me corrige ; sans fausse modestie, je m’améliore et si vous y mettez un peu du vôtre, nous vivrons en bonne intelligence.

   Non, ne m’appelez plus monsieur, appelez-moi Poil de Carotte, comme tout le monde. C’est moins long que monsieur Lepic fils. Seulement je vous prie de ne pas me tutoyer, à la façon de votre grand’mère Honorine que je détestais, parce qu’elle me froissait toujours.

 

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「狸の筆蹟」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「狸の宝劔」 »