フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 「にんじん」ジュウル・ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ヴァロトン挿絵+オリジナル新補注+原文) 「湯呑」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「狸油に酔う」 »

2023/11/27

柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「棚谷家の怪」

[やぶちゃん注:本書は昭和三六(一九六一)年一月に東京堂から刊行された。この総題の「随筆辞典」はシリーズ物の一書。本書については、初回の冒頭注を、また、作者については、私の『柴田宵曲 始動 ~ 妖異博物館 「はしがき」・「化物振舞」』の私の冒頭注を参照されたい。

 底本は国立国会図書館デジタルコレクションのこちらを使用した。新字新仮名である。但し、加工データとして、所持する筑摩書房『ちくま文芸文庫』の「奇談異聞辞典」(底本を解題したもの・二〇〇八年刊)を加工データとして使用させて貰った。ここに御礼申し上げる。

 読みが振れる、若い読者が躓くかも知れぬ箇所には《 》で読みを添えた。引用文の場合は歴史的仮名遣を用いた。なお、( )は柴田自身が附したルビである。

 また、柴田のストイックな編集法を鑑み、私の注は、どうしても必要と判断したもののみとした。幸い、有意な部分は私が既に電子化注したものがあるので、それをリンクさせてもいる。但し、この原本は新字新仮名であるため、私が電子化していない引用文の原本に当たることが出来たものは、極力、視認出来るように、国立国会図書館デジタルコレクションや他のデータベースの当該部をリンクさせるように努めた。

 なお、辞典形式であるので、各項目を各個に電子化する。公開は基本、相互の項目に連関性がないものが多いので、一回一項或いは数項程度とする。

 

 棚谷家の怪【たなやけのかい】 〔黒甜瑣語巻四[やぶちゃん注:『ちくま文芸文庫』版では『一編ノ四』とある。]〕宿《やど》の老婆が兄たりし棚谷某の義父にてありし人、秋の夜のつれづれ独りごち家に居《ゐ》たりしが、席(たたみ)の縁池間(へちあひ)より卓筆《たくひつ》の長《たけ》ほどの駿馬武者[やぶちゃん注:「ちくま」版も同じだが、後掲する活字本原本では『騎馬武者(きばむしや)』となっているから、宵曲の当たった本の誤字、或いは、宵曲の誤字、或いは、底本の誤植である。]三四人出て、馳駆《ちく》[やぶちゃん注:「走りまわること」。或いは、「敢然と力を尽くすこと」。]して戦ふ。烟管(きせる)を以《も》ちてこれを打てば皆なし。茶頃(しばらく)してまた一人出《いで》たり。金甲焜燁《きんかふこんよう》[やぶちゃん注:立派で堅固な鎧が光り輝くこと。]、大将軍の風に以たり[やぶちゃん注:同活字本では『似たり』。誤植の可能性が大。]。弓に矢を搭(は)め引満《いんまん》しける[やぶちゃん注:ここは「十分に弓を引き絞った」の意。]。また烟管を上げて覗《ねら》ひて打ちしが、かの矢に射られしと思ひしは、定めて我烟管にて自傷《あやまち》せしなるべし。その時より一眼を失せり。心欝の祟りしならんか。『異聞録』に徐玄之が蚍蜉王(おほあり)を見し事もあり。

[やぶちゃん注:「黒甜瑣語」「空木の人」で既出既注。国立国会図書館デジタルコレクションの活字本(明治二九(一八九六)年版)のこちらで視認出来る。これは本書の『第一編』の『第四卷』であるから「ちくま」版のそれが正しい。なお、そこでは、本文標題は『○棚谷家の怪事』であるが、「目次」では『棚谷家の怏事』。「怏事」とは通常では歴史的仮名遣では「やうじ」(ようじ)で、通常は「怨みごと」の意。結果すれば、それでもよいが、これは「怪事」の誤字であろう。

 

 思うに、これは、妄想性の強い統合失調症の幻覚か、或いは、慢性の重いアルコール性精神病の典型的なそれである。私は、偏愛する平安末期から鎌倉初期頃に描かれた奇病や治療法を描いた絵巻物「病草紙(やまひのさうし)」の中の、現在は仮に「小法師の幻覚を生ずる男」と解説されるそれを、いの一番に想起した。その画像は、林正樹氏のサイト「地獄草子 餓鬼草子 病草紙」の「病草紙」のページの下から二番目で視認出来る。私は高校時代には心理学科を志望しており(心理学科も受験したが、落ちた)、現在まで、精神病関係の諸本を読み続けているが、慢性アルコール中毒者の幻覚は驚くべきもので、患者が、病室の白い壁をいつまでも見て、時々、笑っているので、医師が「何が見えるのですか?」と尋ねるとと、「面白い映画を見てるのさ。」と答えるほどである。また、同疾患では、しばしば、小さな昆虫や蜘蛛・甲殻類(特に何故かカニ)が、わらわらと自分の身体に群がってくる幻覚を見るので、この話とも、或る程度の親和性が感じられるのである。]

« 「にんじん」ジュウル・ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ヴァロトン挿絵+オリジナル新補注+原文) 「湯呑」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「狸油に酔う」 »