フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「白猿刀を奪う」 | トップページ | 只野真葛 むかしばなし (95) »

2023/12/26

只野真葛 むかしばなし (94)

 

一、七月半頃、年魚《あゆ》、しきりにとれる時、夕方より雨ひまなくふりしに、

「こよひは川主(かはぬし)も漁には出(いで)じ。いざ徒ごとせん。」

とて、八弥、小性(こしやう)の梅津河右衞門をつれて、孫澤のかたへ、ぬすみ川つかひに行(ゆき)しに、狐火(きつねび)のおほきこと、左右の川ふちを、のぼり、くだり、數もしれざりし、とぞ。

『あの狐どもめが、魚を、くひたがりて。』

と、心中にくみながら、だんだん、河をのぼりて、魚をとることおびたゞしく、

「大ふごに、一ぱいとらば、やめん。」

と約束して、とりゐるうち、はるか河上(かはかみ)にて、大かがりをたく影、見えたり。

 ふと、みつけて、兩人とも、立(たち)よどみ、

「もしや、この雨にも、河主の、年魚とりに、いでしや。」

「何にもせよ、今、少しにて、一ぱいになれば、やめずに、とるべし。くらき夜なれば、よも見つけられじ。」

と、やはり、魚をとりゐたるに、かゞりの置(おき)所より、人、壱人(ひとり)、たひまち[やぶちゃん注:底本にママ注記あり。「たいまつ」(松明)。]を付(つけ)て、川に、をりき[やぶちゃん注:ママ。]たり、「夜ともし」をするていなり【「夜ともし」とは、よる、川中へ、かがりをふりて、魚をとることなり。]】[やぶちゃん注:底本に『原頭註』とある。]。

『すわや[やぶちゃん注:ママ。「すはや」が正しい。]。』

と、心さわぎしかど、

『あなたは、壱人、こなたは、兩人なれば、見とがめらるゝとも、いかゞしてか、のがれん。』

と、心をしづめて見居(みゐ)たりしに、よく打(うち)まもりて、河右衞門が曰(いふ)、「あれは、人にたがはぬやうなれども、誠の人にては、あらじ。持(もち)たる火の、上にのみ、上りて、下に落(おつ)ることのなきは、まことの火に、あらず。」

といふ故、よく見るに、いかにも、あやしき火なり。

 兩人、川中に立(たち)て、おどろかで、有(あり)しかば、一間ばかり、ちかくへ、來りて立居(たちをり)しが、

『ばかしそこねし。』

とや、おもひけん、人の形は、

「はた」

と消(きえ)て、あかしばかり、中《ちう》をとびて、岡へ上りし、とぞ。

「まさしく、ちかく、狐のばけたるを見しこと、はじめてなり。」

と、八弥、はなしなり。

 河右衞門は、眞夜中に、河をつかひて、物におどろかぬ人なり。

 覺左衞門、はなし。

[やぶちゃん注:以上は、「奥州ばなし 狐火」と、ほぼ同内容である。そちらで、綿密に注を附してあるので、見られたい。]

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「白猿刀を奪う」 | トップページ | 只野真葛 むかしばなし (95) »