フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「人形の魂」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「盗人の沈酔」 / この一篇のみを収載する「ぬ」の部 »

2023/12/22

柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「木偶目瞬(にんぎょうのまたたき)」 / 「に」の部~了

[やぶちゃん注:本書は昭和三六(一九六一)年一月に東京堂から刊行された。この総題の「随筆辞典」はシリーズ物の一書。本書については、初回の冒頭注を、また、作者については、私の『柴田宵曲 始動 ~ 妖異博物館 「はしがき」・「化物振舞」』の私の冒頭注を参照されたい。

 底本は国立国会図書館デジタルコレクションのこちらを使用した。新字新仮名である。但し、加工データとして、所持する筑摩書房『ちくま文芸文庫』の「奇談異聞辞典」(底本を解題したもの・二〇〇八年刊)を加工データとして使用させて貰った。ここに御礼申し上げる。

 読みが振れる、若い読者が躓くかも知れぬ箇所には《 》で読みを添えた。引用文の場合は歴史的仮名遣を用いた。なお、( )は柴田自身が附したルビである。

 また、柴田のストイックな編集法を鑑み、私の注は、どうしても必要と判断したもののみとした。幸い、有意な部分は私が既に電子化注したものがあるので、それをリンクさせてもいる。但し、この原本は新字新仮名であるため、私が電子化していない引用文の原本に当たることが出来たものは、極力、視認出来るように、国立国会図書館デジタルコレクションや他のデータベースの当該部をリンクさせるように努めた。

 なお、辞典形式であるので、各項目を各個に電子化する。公開は基本、相互の項目に連関性がないものが多いので、一回一項或いは数項程度とする。

 本篇を以って、「に」の部は終わっている。]

 

 木偶目瞬【にんぎょうのまたたき】 〔奇遊談巻三ノ下〕宝暦十二三年の頃にやありけん、予<川口好和>が幼かりしとき、東山極楽寺真如堂の長押《なげし》のうへに彫りたる仙人の中に、正面よりは北の間《ま》、蝦蟇仙《がません》の人形の眼光、いつとなく光りかゞやき、下より望みみるに、左右上下へ瞳《ひとみ》うごき、いかさまにも天にやのぼらん、地にや立たんとみえける。初めは六十六部といふもの見出しけるとぞ。幼きときなりしかど、多く人のむらがり集《つど》ひけることは忘れず。さて日頃へて、あまりの群集《ぐんじゆ》ゆゑに、かねて堂中《だうちゆう》に住みなれし鳩鳥《はと[やぶちゃん注:後掲する活字本で二字へルビする。]》ども驚ろきさわぎ飛び違ひけるに、この仙人の頭面(かしら)にあたりければ、なにか小さき瞳のごときもの落ちたり。これを堂司《だうす》のやせ法師拾ひ見れば、表は黒く裏は白き大指《おほゆび》の頭《かしら》ほどなるものなり。さて上《うへ》なる仙人を見あぐれば、今まで動きし眼《まなこ》はたとやみてけり。さてはと寺僧どもかけはしして[やぶちゃん注:梯子を掛けて。]、恐れつゝも登りて見れば、この長押の人形ども、眼目《がんもく》いづれも玉眼《ぎよくがん》にてありしが、このがま仙人の眉毛の所は、高くけづりあげて、上の布《ぬの》をはりて蛤粉(ごふん)にてぬりしが、年へてかの布むくりあがりて落つべきに、わづかなる布の糸に、かのかけたる眉毛かゝりて、わざと下げしやうになりたるが、きらきらと動くに、黒きかたうつれば左を見、白きかたうつれば右を見るごとくうつれるなり。さても怪しきことは世になきことなりとぞ思はれぬ。

[やぶちゃん注:「奇遊談」川口好和著が山城国の珍奇の見聞を集めた随筆。全三巻四冊。寛政一一(一七九九)年京で板行された。旅行好きだった以外の事績は未詳。国立国会図書館デジタルコレクションの『日本隨筆大成』巻十一(昭和三(一九二八)年日本随筆大成刊行会刊のここで当該部が視認出来る(よくルビが振られてあるので一部を参考にした)。標題は『○木偶(にんぎやう)仙人(せんにんの)目瞬(めまじき)』(「めまじき」は瞬きをすることを指す)。

「宝暦十二三年」一七六二年一月二十五日から一七六四年二月一日まで。

「東山極楽寺真如堂」現在の京都市左京区浄土寺真如町にある天台宗鈴聲山(れいしょうざん)真正極楽寺(しんしょうごくらくじ:グーグル・マップ・データ)。「真如堂」はこの寺全体の通称であるが、ここは、その本堂であろう。サイド・パネルのこの画像などを見ると、確かにそれらしいものがありそうだが、拡大しても判らない。残念だ。この本堂は重要文化財で、享保二(一七一七)年に再建されているから、著者が見たのは、その後のことである。

「蝦蟇仙」中国の仙人の一人としてよく知られる蝦蟇仙人。青蛙神(せいあしん:三本足の蟾蜍(ヒキガエル)の霊獣とされ、三本の足は、前足が二本、後足が一本で、後足は「蝌蚪」(オタマジャクシ)の尾のように中央に付いている。天災を予知する力を持つ霊獣若しくは神で、非常に縁起の良い「福の神」とされ、「青蛙将軍」「金華将軍」などとも呼ばれる。道教教徒の間で特に信仰されていた)を従えて妖術を使うとされる。当該ウィキによれば、『左慈』(さじ:後漢末期の方士。字は元放。揚州廬江郡の人。「後漢書」に記載があり、後の小説「三国志演義」にも登場する)『に仙術を教わった三国時代の呉の葛玄、もしくは呂洞賓』(りょ どうひん 七九六年~?:唐末宋初の道士。中国の代表的な仙人である「八仙」の一人)『に仙術を教わった五代十国時代後梁の劉海蟾』(りゅう かいせん)『をモデルにしているとされる。特に後者は日本でも画題として有名であり、顔輝』の「蝦蟇鉄拐図」(がまてっかいず)の『影響で』、『李鉄拐(鉄拐仙人)と対』(つい)『の形で描かれる事が多い。しかし、両者を一緒に描く典拠は明らかでなく、李鉄拐は八仙に選ばれているが、蝦蟇仙人は八仙に選ばれておらず、中国ではマイナーな仙人である。一方、日本において』は、『蝦蟇仙人は仙人の中でも特に人気があり、絵画、装飾品、歌舞伎・浄瑠璃など様々な形で多くの人々に描かれている』とある。鉄拐は私の好きな仙人だが、実際には、中国の仙画の中には、実在していた劉海蟾=蝦蟇仙人=鉄拐仙人とする絵も残っている。

「玉眼」私はよく知っているが、小学館「日本大百科全書」をから引いておく。『仏像の眼部に水晶をはめ込んで、実際の人間の眼(め)に近い輝きを持たせたもの。彫像の頭部を、像自体の矧(は)ぎ目とは別に、面部を割り離し、面部の内側を刳(く)って眼に穴を開け、レンズ状に磨いた水晶の薄片を当てて、内側に瞳(ひとみ)を描いた絹や紙を宛がって、綿で押さえ、さらに木片で押さえる。この当て木は周囲から竹針で止めるが、漆で接着した例もある。玉眼は』鎌倉時代の『運慶の創案ともいうが、それ以前』の仁平元(一一五一)年の『奈良・長岳寺阿弥陀(あみだ)三尊にすでに使用されている。俗説としてガラスを使ったともいうが、ガラスを使用した例は』、『近世のごくわずかな例を除いては』、『ない』とある。しかし、精巧なそれを作るためには、頭部を刳り抜くか、「寄せ木造り」にする必要があり、分解される「寄せ木造り」によって、部分の仏師の分業(工房化)が細部まで精緻になるのは、鎌倉時代以降のことである。]

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「人形の魂」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「盗人の沈酔」 / この一篇のみを収載する「ぬ」の部 »