フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« フライング単発 甲子夜話續篇卷四十一 9 幽靈の似(ニセ)を爲し老婦人八丈嶋遠島の事 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「新田神霊」 »

2023/12/22

柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「贋幽霊」

[やぶちゃん注:本書は昭和三六(一九六一)年一月に東京堂から刊行された。この総題の「随筆辞典」はシリーズ物の一書。本書については、初回の冒頭注を、また、作者については、私の『柴田宵曲 始動 ~ 妖異博物館 「はしがき」・「化物振舞」』の私の冒頭注を参照されたい。

 底本は国立国会図書館デジタルコレクションのこちらを使用した。新字新仮名である。但し、加工データとして、所持する筑摩書房『ちくま文芸文庫』の「奇談異聞辞典」(底本を解題したもの・二〇〇八年刊)を加工データとして使用させて貰った。ここに御礼申し上げる。

 読みが振れる、若い読者が躓くかも知れぬ箇所には《 》で読みを添えた。引用文の場合は歴史的仮名遣を用いた。なお、( )は柴田自身が附したルビである。

 また、柴田のストイックな編集法を鑑み、私の注は、どうしても必要と判断したもののみとした。幸い、有意な部分は私が既に電子化注したものがあるので、それをリンクさせてもいる。但し、この原本は新字新仮名であるため、私が電子化していない引用文の原本に当たることが出来たものは、極力、視認出来るように、国立国会図書館デジタルコレクションや他のデータベースの当該部をリンクさせるように努めた。

 なお、辞典形式であるので、各項目を各個に電子化する。公開は基本、相互の項目に連関性がないものが多いので、一回一項或いは数項程度とする。

 

 贋幽霊【にせゆうれい】 〔甲子夜話続篇巻四十一〕高橋作左衛門が子両人、八丈遠嶋になりしとき、十四人とか一同に出船せし中に、五十五歳なる婦もその中なりし。その婦のゆゑを聞くに、去年三月築地<東京都中央区内>辺大火の後、幽霊と偽り人を欺き盗をせし者とぞ。その幽霊の仕方は身に白き衣(きもの)を著《き》、衣の腰より下を黒く染め、脊に黒き版(いた)の幅広なるを負ひ、ちらりちらりと人前に出《いで》、また迯去《にげさ》らんとするときは、負ひたる板黒きゆゑ、人目には消失《きえう》せたるが如し。斯くして多く人を欺き、人の迯行きしあとにて家財を奪ひ去りしとなり。実に新しき仕方なりと人々云ひしが、文化年中深川永代橋墜ちしとき、既に斯《かくの》事ありて、夜話前編第二巻に載せたり。さればその故智《ふるぢゑ》を仮りたるなり。 〔甲子夜話巻二〕この時<文化四年八月永代落橋の際>一両日を経てその辺の家夜幽霊出づ。白衣披髪して来るゆゑ、家人は溺死の亡魂ならんと駭き恐れて皆迯げ去る。この如きこと度々なれば、人々心づきその家財を省みるに、失亡多かりける。奸盗(かんとう)の人を欺きし詭術(きじゆつ)にてぞ有りける。またこの時堂兄稲垣氏、祭礼を見に往き楼上に居《をり》たるが、何か騒動せし物音なりしが、やがて満身水に濡れたる衣服きし男女の、その下を通りたる体《てい》を疑ひ見ゐたる中に、一人の銀鼈甲(《ぎん》べつこう)の櫛簪(くしかんざし)を手にあまる程、一束に握り走り行くを、跡より一人追かけ行きける。これはまさしく盗み取りたる物と覚えしと。かゝる騒擾危難の中にも盗賊は亦この如く有りける。 〔文化秘筆巻二〕当三月<文化十五年>のころの由、松平肥後守様御国、奥州若松<福島県会津若松市>にて右御家来軽き人の由、女房病死の所、右女房を不便(ふびん)に存じ、明暮その事のみ申し、右亭主病気付き候由、それより右女房毎夜八ツ時<午前二時>のころ参りて、伏り居り候枕元に参り候て、私は存命の内持居り候諸品、心にかかりうかみ申さず候に付、何とぞ何とぞ私の望みの品々、私に下され候様に申す。亭主臆病者にて夜著を引かぶり伏り、何のかんざしを下され候様に申せば、押入の櫛筥《くしばこ》の内に有ㇾ之候間、持參候様申せば、幽霊自分にて持参り候。右の通り、毎晩八ツ時分に戸をたたき、枕元に参りすわり、色々の物を持ち、著用まで持参り、亭主は弥〻《いよいよ》病気重くなり候所、近辺の心易き友、右亭主に何故に右の通りの病気出で候哉《や》と相尋ね候へば、貴様故に申す、私の亡妻毎晩参りて私の枕元に参り、著用等よこし候様申して持帰り候、この事甚だ心にかかり、かくの次第と申す。右心安き友、左候はゞ今晩も参るべき間、手前かげにかくれ居り、見糺(ただ)し申すべく候旨申し、何時比哉《なんどきごろや》と相尋ね候へば八ツ時分に参り、戸をたたき候、それより明け候へば内に入り、御咄し申候次第と申す。左候はゞ今晩参りて戸をたたき候はゞ、明け候て物かげより見申すべき旨、約束にて帰り、九ツ時分<夜半十二時>のころ、右の心易き友参りて蔭にかくれ居り候へば、程なく八ツ時に相成《あひなる》の比、例の通り幽霊白支度《しろじたく》にて参り、右友蔭より承り居り候へば、例の通り品物を取りに参り候。右かくれ居り候友、幽霊の後ろより抱き留め、燈をよくてらし見候へば、白き物を著、青ざめたる顔色にて、ちと不審の心うかみ、流に連れ参りて顔を見候へば右亡妻の病中より死後迄、頼み置き候心易き人の女房、幽霊となり毎夜参り、色々の品盗み取り候由、その事あらはれ召捕られ、程々の咎仰付けられ候由、恩田半五左衛門殿実母、肥後守様御国に逗留に参りて承られ候由、半五左衛門咄にて承る。

[やぶちゃん注:「甲子夜話続篇巻四十一」は事前に「フライング単発 甲子夜話續篇卷四十一 9 幽靈の似(ニセ)を爲し老婦人八丈嶋遠島の事」として、正字表現で電子化注しておいた。宵曲は冒頭の枕をカットしている。

「甲子夜話巻二」のそれは、「甲子夜話卷之二 45 深川八幡宮祭禮のとき永代橋陷る事」で既にルーティンで電子化注済み。

「文化秘筆」「文化秘筆巻一」作者不詳。文化より文政(一八〇四年~一八三〇年)の内の十年ばかりの見聞を集録した随筆。国立国会図書館デジタルコレクションの『未刊隨筆百種』第八(三田村鳶魚校訂・随筆同好会編・昭和2(一九二七)年米山堂刊)のここで正字表現で視認出来るのが、それである(右ページ八行目以降)が、類話というより、同話である。]

« フライング単発 甲子夜話續篇卷四十一 9 幽靈の似(ニセ)を爲し老婦人八丈嶋遠島の事 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「新田神霊」 »