フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 僕の愛する「にゃん」
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 只野真葛 むかしばなし (104) 熊本藩四代藩主細川宣紀の側室扱いの騒動 | トップページ | 只野真葛 むかしばなし (106) 平助、後の仙台藩第十代藩主伊達斉宗(幼名、徳三郎)二歳を救う »

2023/12/27

只野真葛 むかしばなし (105) 小便組女顚末

 

一、世のもてあましものとする小便組(せうべんぐみ)の女を、さる公義衆、かゝへられしに、おさだまりのごとく、三日ばかりは、よくつとめ、のちは、床(とこ)の上に小便をしたりしを、少しも、おどろく色、なかりしかば、大便を、したゝか、仕(し)ておきし、とぞ。

[やぶちゃん注:「小便組」江戸時代、妾(めかけ)奉公に出て、わざと、寝小便を垂れ、暇(いとま)を出されるのをよいことに、支度金や給金を詐取する女、或いは、そうした詐欺行為を企む集団や仲間。「おししぐみ」「ししぐみ」「手水組(ちょうずぐみ)」或いは、単に「小便」とも呼んだ。]

 主人は、やはり、いかりの色なく、下人に申付(まふしつけ)て、犬をくゞし[やぶちゃん注:「括(くく)す」縛る。]たるごとく、四ツ繩にしばらせて、中庭に𢌞(まわし)おろし、むしろにて、小屋をかけて、後(うしろ)に大部な、くひ、打(うち)て、それに、繩を結付(ゆひつけ)、人のくひあませし飯汁(めしじる)を、ひとつ器(うつは)に入れて、日に、三度ヅヽ、あてがひ、いやしめ、かひて、出入(でいりの)人々に見せて、

「床上(とこうへ)に、糞(くそ)まり仕(し)ちらし候畜生を、かひたるてい、御覽ぜよ。」

とて、はぢをあたひ[やぶちゃん注:ママ。]しと聞(きく)ぞ、こゝろよきしかたなる。

 此主人、「きりやう人(じん)」[やぶちゃん注:「器量人」。]と見へたり。

 やどは、このよしを聞つけて、日ごとに、いとまを願(ねがひ)にくれども、一向、とりあわず、

「畜生を、人と見たがへしは、手前のそゝう[やぶちゃん注:ママ。「粗相」「麁喪」。]なり。されど高金(たかがね)いだして、かゝへしもの故、約束の日數(ひかず)、通(かよふ)は、かふ心なり。」[やぶちゃん注:「かふ心」は「孝心(かうしん)」が正しい。或いは、「妾買(めかけが(か)ひ)」に懸けた洒落かも知れぬ。]

とて、ゆるさず、百日近く糺明(きうめい)して後(のち)、ゆるしたり。

 小便組の、よき、いましめなり。

« 只野真葛 むかしばなし (104) 熊本藩四代藩主細川宣紀の側室扱いの騒動 | トップページ | 只野真葛 むかしばなし (106) 平助、後の仙台藩第十代藩主伊達斉宗(幼名、徳三郎)二歳を救う »