フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 只野真葛 むかしばなし (95) | トップページ | 只野真葛 むかしばなし (97) »

2023/12/27

只野真葛 むかしばなし (96)

 

一、工藤家數寄屋町のかり宅は、石崎九郞右衞門といへる町人のたてし家作なり。

 此人は、もと、駕《かご》のものの「口入(くちいれ)」をして、世をわたりし人なりしが、ふと、金をまふけて[やぶちゃん注:ママ。]大町人(だいちやうにん)の中間へ入(いり)しに、いつも出合(であふ)の時は、

「ものしらず。」

「不風雅。」

とて、なかまはづれにばかり成(なり)しを、無念に、おもひて居(をり)しに、辰ノ年の大火にて、江戶中、燒失、三嶋地面も、けむりと成て、借手(かりて)もなかりし時、九郞右衞門、

「此時ならん。」

と、工夫して、三嶋吉兵衞に相談して、地面をかりて、普請、其外、家びらきのせつ、「中間(なかま)ふるまひ」のことまで、萬事をまかせて賴(たのみ)しかば、三嶋は、もとより大風流の物しり人、

「落(おとし)わらふ人數(にんず)の、何ほどのことやしらん。其義ならば、よろしくぞ、はからふべし。」

とて【「故よきなぐさみ」と悅(よろこび)て、うけ合(あふ)。】[やぶちゃん注:底本に『原頭註』とある。]、公家衆の家居(いへゐ)のごとくに、圖を引(ひき)て、普請をし、庭には「源氏籬(ませ)」をまわし、「見こしの赤松」・「軒端の紅梅」など、すべて、下人の目なれぬことばかりして、普請出來後(しゆつたいご)、「なかまふるまひ」の日は、上段の間に御簾《みす》を懸(かけ)て、上野(うえの)の樂人(がくじん)をたのみ、音樂を奏じて、饗應ごとせし故、かねて口きくなかまども、一言(いちごん)もなく、ほめることさへ、しらざりしは、心地よかりしことなりし。

[やぶちゃん注:「辰ノ年の大火」幼少の真葛のトラウマとなると同時に、彼女を成人後に「経世済民」の考え方に導いたとされる、明和九壬辰(みずのえたつ)年二月二十九日(一七七二年四月一日)に目黒行人坂(現在の東京都目黒区下目黒一丁目付近:グーグル・マップ・データ)で発生した「明和の大火」。「3」を参照。

「三嶋」出火元から考えて、東京都品川区西五反田にある三島稲荷神社附近と思われる(グーグル・マップ・データ)。

「上野の樂人」上野東照宮の祭日で音曲を奏でる者。

「源氏籬(ませ)」数寄屋建築にある「源氏塀」(げんじべい)。グーグル画像検索「源氏塀」をリンクさせておく。]

 それからあとは、公家の氣取りにて、衣類を仕立(したて)、まことの公家は見しこともなき故、萬事、芝居のまねなりしとぞ。[やぶちゃん注:以下は、底本も改段落あり。]

 九郞右衞門、妻も、はやく世をさり、娘、壱人(ひとり)有(あり)しを、「お姬」とよび、祕藏せしが、普段着には、白無垢に緋鹿子(ひがのこ)ふりそで、淺黃(あさぎ)のしごきなりし、とぞ。

 片目、つぶれしに、入目(いれめ)して、婿ゑらみのうち、九郞右衞門も死し、後(のち)、桑原に居候(ゐさうらふ)にて有(あり)し「佐七」といふ男を、伯父樣、世話にて被ㇾ遣しが、手もなく、追出(おひだ)されたり。

「外(ほか)に、姬が氣に入(いり)し男、有(あり)し。」

との、ことなりし。

 其緣切(えんきり)のかけ合(あひ)に、桑原へおくりし文(ふみ)の上書(うはがき)は、

「隆朝(りゆうてう)樣 姬より」

と、かきてこしたりし、とぞ。

 娘ばかりにて、跡も、たへたる家とは成(なり)しなり。

[やぶちゃん注:「隆朝」真葛の母方の祖父で仙台藩医桑原隆朝如璋(りゅうちょうじょしょう 元禄一三(一七〇〇)年頃~安永四(一七七五)年:如璋は医号であろう。読みは推定)の後を継いだ、真葛の母「お遊」の弟桑原隆朝純(じゅん)。「26」を参照されたい。]

« 只野真葛 むかしばなし (95) | トップページ | 只野真葛 むかしばなし (97) »