フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「鼠の宿替」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「濃州仙女」 »

2023/12/25

柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「煉酒」 / 「ね」の部~了

[やぶちゃん注:本書は昭和三六(一九六一)年一月に東京堂から刊行された。この総題の「随筆辞典」はシリーズ物の一書。本書については、初回の冒頭注を、また、作者については、私の『柴田宵曲 始動 ~ 妖異博物館 「はしがき」・「化物振舞」』の私の冒頭注を参照されたい。

 底本は国立国会図書館デジタルコレクションのこちらを使用した。新字新仮名である。但し、加工データとして、所持する筑摩書房『ちくま文芸文庫』の「奇談異聞辞典」(底本を解題したもの・二〇〇八年刊)を加工データとして使用させて貰った。ここに御礼申し上げる。

 読みが振れる、若い読者が躓くかも知れぬ箇所には《 》で読みを添えた。引用文の場合は歴史的仮名遣を用いた。なお、( )は柴田自身が附したルビである。

 また、柴田のストイックな編集法を鑑み、私の注は、どうしても必要と判断したもののみとした。幸い、有意な部分は私が既に電子化注したものがあるので、それをリンクさせてもいる。但し、この原本は新字新仮名であるため、私が電子化していない引用文の原本に当たることが出来たものは、極力、視認出来るように、国立国会図書館デジタルコレクションや他のデータベースの当該部をリンクさせるように努めた。

 なお、辞典形式であるので、各項目を各個に電子化する。公開は基本、相互の項目に連関性がないものが多いので、一回一項或いは数項程度とする。

 

 煉酒【ねりざけ】 〔黒甜瑣語巻一〕林大仏が年々湊《みなと》へ著岸《ちやくがん》の摂州神戸<神戸港>の船長《せんどう》甚左なる者あり。彼が物語りに、一年海上に見知らぬ黒船に遇ひけり。人の云ふなる、かゝる船には海賊外法(げほふ)[やぶちゃん注:異教徒。魔術師・妖術師の意も含む。但し、後に示す活字本では『げはう』とルビする。個人的には悩ましい。何故かというと、歴史的仮名遣では一般名詞の「法」は「はふ」だが、仏教用語では「ほふ」が正しいからである。しかし、仏教の「法(ほふ)」から「外」れる異教であるわけだから、私は「げほふ」に軍配を挙げる。]の者を載すると聞きたり。その難を避けんとて、桐葉金一方を紙にひねり、かの船に投ぜしに、その時かの黒船より恠(あや)しき人出《いで》て、莞爾々々(にこ《にこ》)笑ひて一《ひとつ》の瓶《かめ》を贈れり。甚左受け得て瓶の口を開くに、膏薬のかたまりしやうの物にて、酒気鼻を撲(う)つ。伝へ聞きし煉酒てふものならんと、少しく沸湯(にえゆ)を用ひ、一碗《かなまり》の中へ漬《ひた》すに、名も知らぬ醇醪(よいにごりざけ)なり。異船は何国の者か知りがたしと語りし。煉酒の法を聞くに、今や本邦にも広まり、粗(ほぼ)これを製するに黒丸子《こくぐわんし》の大なるを常に薬籠(やくろう)に入れて、要する時盃水《さかづきみづ》へ二三粒を浮ぶと云ふ。

[やぶちゃん注:「黒甜瑣語」「空木の人」で既出既注。国立国会図書館デジタルコレクションの活字本(明治二九(一八九六)年版)のこちらで視認出来る。標題は「目次」では『煉酒(ねりさけ)』。これは「練り酒」とも書き、本邦産のものは、白酒(しろざけ)に似て、濃く粘りけのある酒で、通常は普通の清酒に混ぜて飲む。蒸した糯米(もちごめ)を酒とまぜ、石臼で挽いて漉して製した。「練り貫き酒」「練貫」「練り」とも言った。博多産の物が有名で、現在も「博多練酒」として販売されているものがあるが、固形物ではなく、ヨーグルトのような濁り酒である。ここに登場する粒状のものは、恐らく麹のような、乾燥発酵させた固形の酒と思われる。「月桂冠」公式サイト内の「東アジアの酒 風土と文化により育まれた、各地域固有の発酵文化」に、『最近の調査研究の結果、稲の原産地は中国の雲南省からインドのアッサムに及ぶ照葉樹林帯であるとされています。この地域でつくられている酒は、ヒエ、アワ、ムギ、米などの穀粒を、茹でたり、蒸したりした後、竹むしろの上でさまし、白い麹を加え、水は全く加えず、竹駕籠やカメなどに入れてそのまま発酵させます。「チャン」とか「トンパ」と呼ばれるパサパサした固体の酒です』(☜)。『雲南省のアシ族は、この酒をそのまま箸でつまんで食べヒマラヤ地帯の人々はこれを「ピトム」と呼ぶ太い竹筒の中につめ、熱湯を注ぎ溶け出した液体を細い竹のストローで飲みます。この原始的な醸造法こそ、東アジアの酒の源流で』、紀元前二~三『世紀、稲作複合文化の一つとして、日本へも伝播したと考えられています。最近の遺伝子による調査から、長江下流を稲作起源地とする説もあります』。ここに出るのは、この「チャン」・「トンパ」に近いものであろう。リンク先に中国の豆腐型の固形麹の画像があるが、外側は黝ずんでいる。

「林大仏」不詳。

「黒船」二ヶ所ともそうなっているが、前記の活字本では、『異船』となっている。昭和四三(一九六八)年刊の「人見蕉雨集 第一冊」(『秋田さきがけ叢書』一)も当該部を確認したが、やはり『異船』であった。宵曲の底本は『単行』とあるのみで、書誌が不明である。私は「異船」の方が正しい気がする

「桐葉金一方」前掲活字本では、右に『桐葉』に『とうよう』、『方』に『ほう』と振り、左に『葉』に『きん』、『一方』に『いちぶ』とルビを振る。しかし、後者の「きん」は「金」の字の左に附すのを、植字工が誤植したものと思われる。「桐葉金」は江戸時代を通じて流通した(但し、後記は等価の一部銀の流通で激減した)一分金。一両の四分の一。長方形で、小さい。表面には、上部に扇枠に五三の桐紋、中部に「一分」の文字、下部に五三の桐紋が刻印されてある。「方」は一分金の形の「四角」を以ってそれを指すに代えたのであろう。

「醇醪」前記活字本では、『しゆんりやう』と振る。この底本のルビ、『よい』が気になる。著者が振るなら「よき」であろう。この訓読み、宵曲が勝手に附したものと推定する。

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「鼠の宿替」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「濃州仙女」 »