フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 只野真葛 むかしばなし (107) 桑原家の思惑に〆の怨念再び / 源四郎死去後の顚末 | トップページ | 只野真葛 むかしばなし (109) 松前藩用人の「おもくろしい」話 »

2023/12/27

只野真葛 むかしばなし (108) 平助、神明の私娼窟へ行く

 

一、父さま、中年の頃、さる他家の家中の人と、病家にて懇意に被ㇾ成しが、其人、神明(しんめい)の女郞に、なじみ、殊の外、はまりて、他のはなしを、せず【人さひ[やぶちゃん注:ママ。「さへ」。]見れば、「神明へ、遊びにゆけ、遊びにゆけ。」と、すゝめし、とぞ。】[やぶちゃん注:底本に『原頭註』とある。]。

 ある時、來りて、

「どうぞ神明ヘ、一度、我等も、つれ立(だち)、御(お)いで、あれ。」

と、すゝめし、とぞ。

 父樣は、

「神明へは、行(ゆき)しこと、なし。」

と御斷(おことわり)被ㇾ成しを、

「いや、さやうに、すてられぬ所なり。私(わたくし)あいかたの女(をんな)が、私を、とりあつかふ、しんせつさ。誠に吉原・品川・深川などには、又、あのやふな[やぶちゃん注:ママ。]實(じつ)な女郞は、ござりません。どうぞ、つれ立(だつ)ござつて、あの女の、とりあつかへぶりを見て被ㇾ下。」

とは、逢度(あふたび)には、すゝめる事、ぜひなく、

「左樣なら、參りませふ[やぶちゃん注:ママ。]。」

とて、つれ立有(だちあり)しに、道すがらも、其女の事ばかり、かたり、

「それが、外(ほか)の客へも、そふ[やぶちゃん注:ママ。]することでは、なるほど、つゞきますまひ[やぶちゃん注:ママ。]。私に、かぎりて、あのやうにしてくれると申(まふす)事、なり。」

など、大(おほ)きにのび過(すぎ)たるていにて有(あり)しに、神明の女郞屋へ行(ゆき)しに、

「少々、故障(こしやう)の義がござりまして、お客を、とらせませぬ」

と斷(ことわり)しを、

「それは。せつかく來たに。折(をり)あしきことなり。それなら、おれが合(あひ)かたの女を、一寸、よんで、くりやれ。」

と、いへば、

「いや。其女の事に付(つき)ての事で、ござります。」

「それは、氣づかひ。どうした。」

と、いへば、

「昨晚、外(ほか)の客と、心中いたして、死(しに)ました。」

と、いはれて、

「ハア。」

とて、歸る、ばかばかしさ。

「是ほど、拍子のぬけし事は、なかりし。」

と、御(お)はなしなりし。

[やぶちゃん注:「神明」芝神明、現在の港区芝大門(グーグル・マップ・データ)の「芝大神宮」の前の通りの両側には、料亭が並び、「神明三業組合」が組織されていた(但し、それが許可されてあったのは、平助が生まれる前の万治四・寛文元(一六六一)年~寛文一二・寛文一三年・延宝元年(一六七三)年である)。当時は「芝海老芸者」と呼ばれ、ここには「岡場所」(半公認の私娼)や、違法な「私娼窟」、及び、男色客専門の「陰間茶屋」が立ち並んでいた。後の平助の生きた時代も、恐らくは、未公認のそうした私娼があったものと推察される。]

« 只野真葛 むかしばなし (107) 桑原家の思惑に〆の怨念再び / 源四郎死去後の顚末 | トップページ | 只野真葛 むかしばなし (109) 松前藩用人の「おもくろしい」話 »