フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「鶴の上の仙人」 / 「つ」の部~了 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「手形傘」 »

2023/12/10

「にんじん」ジュウル・ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ヴァロトン挿絵+オリジナル新補注+原文) 「自分の意見」

[やぶちゃん注:ジュール・ルナール(Jules Renard 一八六四年~一九一〇年)の “ Poil De Carotte(原題は訳すなら「人参の毛」であるが、これはフランス語で、昔、「赤毛の子」を指す表現である。一八九四年初版刊行)の岸田国士による戦前の翻訳である。

 私は既にサイト版「にんじん ジュウル・ルナアル作 岸田国士訳 挿絵 フェリックス・ヴァロトン(注:やぶちゃん copyright 2008 Yabtyan)」で、新字新仮名遣のそれを十五年前に電子化注している。そこでは、底本は岩波文庫版(一九七六年改版)を用いたが、今回は、国立国会図書館デジタルコレクションのジュウル・ルナアル作岸田國士譯「にんじん」(昭和八(一九三三)年七月白水社刊。リンクは標題のある扉)を用い、正字正仮名遣で電子化し直し、注も新たにブラッシュ・アップする。また、本作の挿絵の画家フェリックス・ヴァロトンFelix Vallotton(一八六五年~一九二五年:スイス生まれ。一八八二年にパリに出、「ナビ派」の一員と目されるようになる。一八九〇年の日本版画展に触発され、大画面モノクロームの木版画を手掛けるようになる。一九〇〇年にフランスに帰化した)の著作権も消滅している。上記底本にはヴァロトンの絵はない(当時は、ヴァロトンの著作権は継続していた)が、私は彼の挿絵が欠かせないと思っているので、岩波版が所載している画像を、今回、再度、改めて取り込み、一部の汚損等に私の画像補正を行った。

 ルビ部分は( )で示したが、ざっと見る限り、本文を含め、拗音・促音は使用されていないので、それに従った。傍点「丶」は下線に代えた。底本の対話形式の部分は、話者が示されダッシュとなる一人の台詞が二行に亙る際、一字下げとなっているが、ブラウザの不具合が起きるので、詰めた。三点リーダは「…」ではなく、「・・・」であるのはママである。各話の末尾に若い読者を意識した私のオリジナルな注を附した(岸田氏の訳は燻し銀であるが、やや語彙が古いのと、私(一応、大学では英語が嫌いなので、第一外国語をフランス語にした)でも、原文と照らしてみて、首をかしげる部分が幾分かはある。中学二年生の時、私がこれを読んだときに立ち返ってみて、当時の私なら、疑問・不明に思う部分を可能な限り、注した。原文はフランスのサイト“Canopé Académie de Strasbourg”の“Jules Renard OIL DE CAROTTE (1900)”PDF)のものをコピーし、「Internet archive」の一九〇二年版の原本と校合し、不審箇所はフランス語版“Wikisource”の同作の電子化も参考にした。詳しくは、初回の冒頭注を参照されたい。

 

Jibunnoiken

 

     自分の意見

 

 

 ルピツク氏、兄貴のフエリツクス、姉のエルネスチイヌ、それと、にんじん、この四人は、根のついた切珠が燃えてゐる暖爐の傍らで、寢るまでの時間を過す。四つの椅子が、それぞれ前脚を中心にして前後に搖れる。議論をしてゐるのだ。で、にんじんは、ルピツク夫人がそこにいない間に、自分一個の意見を陳べるのである。

 「僕としちやあ、家族つていふ名義は、凡そ意味のないもんだと思ふんだ。だからさ、父さん、僕は、父さんを愛してるね。ところが、父さんを愛してるつていふのは、僕の父さんだからといふわけぢやないんだ。僕の友だちだからさ。實際、父さんにや、父親としての資格なんか、まるでないんだもの。しかし、僕あ、父さんの友情を、深い恩惠として眺めてゐる。それは決して報酬といふやうなもんぢやない。しかも、寬大にそれを與へ得るんだ」

 「ふむ」

と、ルピツク氏は應(こた)える。

 「おれはどうだい?」

 「あたしは?」

と、兄貴のフエリツクスに、姉のエルネスチイヌである。

 「おんなじことさ」と、にんじんは云ふ――「偶然が、たゞ君達を、僕の兄、僕の姉と決めたゞけだ。それを僕が君達に感謝するわけはないだらう。僕たち三人が同時にルピツクの姓を名乘つてるからつて、それは誰の罪だ? 君たちは、それを拒むことはできなかつたんだ。望んでもゐない血緣に繫がれることが、君たち、滿足かどうか、僕あ、それを知る必要もない。たゞ、兄さん、僕あ、君の庇護に對して、それから、姉さん、君の手厚い心盡しに對して、僕あお禮を云ふよ」

 「甚だ行き屆きません」[やぶちゃん注:原文は“À ton service”で、「御遠慮なく」「どういたしまして」であるが、謙遜めいたおちゃらかしに過ぎない。]

と、兄貴のフエリツクスは云ふ。

 「何處から考へついたの、そんな夢みたいなこと?」

 姉のエルネステイヌはいふ。

 「それに、僕の云つてることは・・・」と、にんじんは附け加へる――「一般的には、たしかにさう云へるんだ。個人的の問題は避けよう。だから、母さんが若し此處にゐれば、母さんの前で、僕あ、おんなじことを云ふよ」

 「二度は云へないだらう」

 と、兄貴のフエリツクスが云ふ。

 「僕の話の、どういふところが惡いの?」と、にんじんは答へる――「僕の考へを變に取らないでおくれよ。僕に愛情が缺けてゐると思つたら間違ひだ。僕あ、これで、見かけよりや、兄さんを愛してゐるんだぜ。しかし、この愛情たるや、月並な、本能的な、紋切型のやうなもんぢやない。意志が働いてゐる。理性に導かれてゐる。云はゞ論理的なものだ。さうだ、論理的、僕の探してゐた言葉はこれだ」

 「おいおい、その癖は何時やめるんだい、自分で意味のわからんやうな言葉をやたら使ふ癖は・・・?」

 ルピツク氏は、さういつて起ち上つた。寢に行くのである。が、彼はなほ言葉をついだ――

 「殊に、そいつを、お前の年で、ほかのものに言つて聞かせるなんて・・・。若し亡くなつたお前のお祖父さんに、そんな輕口をわしがこれつばかりでも言つてみろ。早速、蹴つ飛ばされるか、ひつぱたかれるかして、わしがどこまでもお祖父さんの息子だつてことを知らされるだけだ」

 「暇つぶしに話してるんだからいゝぢやないの」

と、にんじんは、そろそろ不安である。

 「默つてる方がなほいゝ」

 ルピツク氏は、蠟燭を取り上げた。

 父親の姿は消える。兄貴のフエリツクスが、その後にくつついて行く。

 「ぢや、失敬、昔のお灸友達!」

と、彼はにんじんに云ふ。

 それから、姉のエルネステイヌが座を起つ。そして、嚴かに――

 「おやすみなさい」

と、云つた。

 にんじんは、ひとり取り殘されて、途方に暮れる。

 昨日、ルピツク氏は、物の考へ方について、もつと修行をしろと、彼に注意したのである――

 「我々つて、いつたいなんだ? 我々なんて、ありやせん。總ての人つていふのは、誰でもないんだ。お前は、聞いてきたことをぺらぺら言ひすぎる。ちつとは自分で考へるやうにしろ。自分一個の意見を云へ。初めは、一つきりでもかまはん」

 最初に試みたその意見が、さんざんなあしらひを受けたので、にんじんは、煖爐の火に灰をかぶせ、椅子を壁に沿つて並べ、柱時計にお辭儀ぎをして、部屋へ引き退る。その部屋といふのは、穴倉へ降りる階段に通じてゐて、みなが穴倉の間と呼んでゐるのである。夏は凉しくて氣持のいゝ部屋だ。獵の獲物は、そこへ置くと裕に一週間はもつのである。最近殺した兎が、皿の中で鼻から血を出してゐる。幾つもの籠は、牝鷄にやる粒餌でいつぱいだ。にんじんは、兩腕をまくり上げ、臂まで突つ込んで、そいつを搔き廻す。何時までやつても飽きない。

 平生なら、外套掛けに引つ掛けてある家中のものゝ着物が、彼の眼を惹くのである。それはまるで、めいめいの長靴を、きちんと上の棚にのせておいて、さて悠々と首を縊つた自殺者のやうだ。[やぶちゃん注:戦後版では『家じゅう』。は前例に徴して「うちぢゆう」と訓じておく。]

 しかし、今夜は、にんじんは怖くないのである。寢臺の下を覗(のぞ)いて見ることもしない。月の光も、木の影も、庭の井戶さへも、氣味が惡くない。井戶と云へば、こいつは、窓から飛び込みたいもののために、わざわざ堀[やぶちゃん注:ママ。近世はおろか、戦前の作家でもこの字を「掘」に代用する。]つてあるやうに見えるのだ。

 怖いと思えば怖いのだらう。が、彼は、もう怖いなんていふことは考へない。シヤツ一枚で、赤い敷石の上を、なるたけ冷たくないやうに踵だけで步くことも忘れてゐる。

 それから、寢床へはひり、濕つた漆喰(しつくひ)の處どころにできた水脹(みづぶく)れを見つめながら、彼は、自分の意見を推し進める。なるほど、自分のために納(しま)つておかねばならぬから、これを自分の意見といふのであらう。

 

[やぶちゃん注:原本は、ここから。

「お灸友達」原文は“vieux camarade à la grillade”。“vieux camarade”は「昔馴染みの友」で、“grillade”は「グリルすること・炙った鉄や鉄製の網による焼肉料理」という意味である。昭和四五(一九七〇)年明治図書刊の『明治図書中学生文庫』14の倉田清氏訳の「にんじん」でも、倉田氏は同じく「お灸友だち」と訳し、以下のやうな注を附しておられる。『幼い頃、いたずらをしたこらしめのために、いっしょに母からお灸をすえられた友だち、つまり』(互いに悪戯好きだった)『兄弟という意味』とあるのだが、私は不学ながら、「お灸友だち」といふ語を聞いたことがない。解説されている意味は、(そうした「厳しい折檻」を「グリルすること」に喩えているという点では)なるほど分からないではないが、それにしても、やっぱり聞きなれない妙な訳語と言う奇異な印象が残る。一九九五年臨川書店刊の佃裕文氏訳の『ジュール・ルナール全集』第三巻では、あっさりと「いとしの友!」と訳しておられる。私は、寧ろ、これでいいと思う。注なしでは分からない訳語は私には良訳とは思われないし、私は中学二年生の時にここを読んだ際、『本当に日本人の大人は(フランス人ではない)、こんな「お灸友だち」といふ言葉を使うんだ!』と、大阿呆に感心してしまったからである。なお、医療としての「灸」は古くに中国・日本からヨーロッパに齎されて、医学療法としては知られてはいた。しかし、折檻としての「お灸をすえる」という表現に相当する逐語的な言葉はないように私は感じる。

「庭の井戶」:この「井戸」は「不吉な井戸」である。それは、戦後版(リンクは私のサイト版一括HTML版)の最後の岸田国士氏の解説『「にんじん」とルナアルについて』の中の一節でも明らかに示されてある。

   *

 さて、彼の死後十数年の後発表された「日記」を読むとわかるのだが、「にんじん」の父親ルピック氏は、ある日、なんの前ぶれもなく、寝室に閉じこもったまま、猟銃で見事に自殺した、という記録があり、それから、母親ルピック夫人も、これはずっと後のことであるが、「にんじん」と縁故のある井戸の中に落ちて死んでいるのを、人々が発見したことが、はっきり誌されてある。故意か、過失か、それはわからない。この二つの陰惨な事件は、作品「にんじん」のなかに取り扱われていないのは年代からいっても当然のことであるが、この種のドラマを予想させるような険悪な雰囲気はただ一か所を除いてまったくないといってよい。少なくとも、「にんじん」という作品の印象は、そういう面を強く出すか出さないかで、全然違ってくる。作者ルナアルが、小説「にんじん」に織り込もうとした主題の精神は、彼の真実を愛し、執拗(しつよう)なまでに事物の核心に迫ろうとする態度ゆえに、さらに、なにものかを附け加えることによって、一個の美しい物語を貫き、支える精神となっていることがわかる。彼は写実主要たるべく、あまりに詩人であった。

   *

なお、この不幸な父と母の死の事件については、以上の岸田氏の解説中の『「にんじん」の父親ルピック氏は、ある日、なんの前ぶれもなく、寝室に閉じこもったまま、猟銃で見事に自殺した、という記録があり、それから、母親ルピック夫人も、これはずっと後のことであるが、「にんじん」と縁故のある井戸の中に落ちて死んでいるのを、人々が発見したことが、はっきり誌されてある。』という箇所に対して、私は、以下のように注した。

   *

私はここにこの注を附す事を幾分かためらっていたが、それはルナールを愛する人にとって、やはり大切な事実と考え、ここに附記することとする。1999年臨川書店刊の佃裕文の「ジュール・ルナール全集16」の年譜によれば、ジュール・ルナールの父、フランソワ・ルナール(François Renard)氏は1897年6月19日、不治の病に冒されていることを知り、心臓に銃を発射して自殺している(この「不治の病」の病名は年譜上では明確に示されてはいない。直前の同年年譜には肺鬱血とあり、重篤な左心不全の心臓病等が想定される)。ジュール33歳、「にんじん」出版の二年後のことであった。その後、ジュールは亡父の後を慕うように狩猟に夢中になり、その年の11月迄、創作活動から離れていることが年譜から窺われる。そして、ジュールの母、アンヌ=ローザ、ルナール(AnneRosa Renard)夫人は1909年8月5日、家の井戸で溺死した。『事故かあるいは自殺。――ルナールは書いている《…事故だと私は思う》(八月十日、エドモン・エセー宛て書簡)』(上記年譜より引用)。ジュール45歳、これに先立つ1907年のカルマン・レヴィ社から刊行された「にんじん」はジュール自身の書簡によれば1908年7月6日現在で8万部を売っていた――ジュール・ルナールは母の亡くなった翌年、1910年5月22日、亡くなった。彼は、母の亡くなった直後、「あの」思い出の両親の家を改装し、そこに住むことを心待ちにしていた、が、それは遂に叶わなかったのである――

   *]

 

 

 

 

     Les Idées personnelles

 

  1. Lepic, grand frère Félix, soeur Ernestine et Poil de Carotte veillent près de la cheminée où brûle une souche avec ses racines, et les quatre chaises se balancent sur leurs pieds de devant. On discute et Poil de Carotte, pendant que madame Lepic n’est pas là, développe ses idées personnelles.

   Pour moi, dit-il, les titres de famille ne signifient rien. Ainsi, papa, tu sais comme je t’aime ! or, je t’aime, non parce que tu es mon père ; je t’aime, parce que tu es mon ami. En effet, tu n’as aucun mérite à être mon père, mais je regarde ton amitié comme une haute faveur que tu ne me dois pas et que tu m’accordes généreusement.

   Ah ! répond M. Lepic.

   Et moi, et moi ? demandent grand frère Félix et soeur Ernestine.

   C’est la même chose, dit Poil de Carotte. Le hasard vous a faits mon frère et ma soeur. Pourquoi vous en serais-je reconnaissant ? À qui la faute, si nous sommes tous trois des Lepic ? Vous ne pouviez l’empêcher. Inutile que je vous sache gré d’une parenté involontaire. Je vous remercie seulement, toi, frère, de ta protection, et toi, soeur, de tes soins efficaces.

   À ton service, dit grand frère Félix.

   Où va-t-il chercher ces réflexions de l’autre monde ? dit soeur Ernestine.

   Et ce que je dis, ajoute Poil de Carotte, je l’affirme d’une manière générale, j’évite les personnalités, et si maman était là, je le répéterais en sa présence.

   Tu ne le répéterais pas deux fois, dit grand frère Félix.

   Quel mal vois-tu à mes propos ? répond Poil de Carotte. Gardez-vous de dénaturer ma pensée ! Loin de manquer de coeur, je vous aime plus que je n’en ai l’air. Mais cette affection, au lieu d’être banale, d’instinct et de routine, est voulue, raisonnée, logique. Logique, voilà le terme que je cherchais.

   Quand perdras-tu la manie d’user de mots dont tu ne connais pas le sens, dit M. Lepic qui se lève pour aller se coucher, et de vouloir, à ton âge, en remontrer aux autres ? Si défunt votre grand-père m’avait entendu débiter le quart de tes balivernes, il m’aurait vite prouvé par un coup de pied et une claque que je n’étais toujours que son garçon.

   Il faut bien causer pour passer le temps, dit Poil de Carotte déjà inquiet.

   Il vaut encore mieux te taire, dit M. Lepic, une bougie à la main.

   Et il disparaît. Grand frère Félix le suit.

   Au plaisir, vieux camarade à la grillade ! dit-il à Poil de Carotte.

   Puis soeur Ernestine se dresse et grave :

   Bonsoir, cher ami ! dit-elle.

   Poil de Carotte reste seul, dérouté.

   Hier, M. Lepic lui conseillait d’apprendre à réfléchir :

   Qui ça, on ? lui disait-il. On n’existe pas. Tout le monde, ce n’est personne. Tu récites trop ce que tu écoutes. Tâche de penser un peu par toi-même. Exprime des idées personnelles, n’en aurais-tu qu’une pour commencer.

   La première qu’il risque étant mal accueillie, Poil de Carotte couvre le feu, range les chaises le long du mur, salue l’horloge et se retire dans la chambre où donne l’escalier d’une cave et qu’on appelle la chambre de la cave. C’est une chambre fraîche et agréable en été. Le gibier s’y conserve facilement une semaine. Le dernier lièvre tué saigne du nez dans une assiette. Il y a des corbeilles pleines de grain pour les poules et Poil de Carotte ne se lasse jamais de le remuer avec ses bras nus qu’il plonge jusqu’au coude.

   D’ordinaire les habits de toute la famille accrochés au portemanteau l’impressionnent. On dirait des suicidés qui viennent de se pendre après avoir eu la précaution de poser leurs bottines, en ordre, là-haut, sur la planche.

   Mais, ce soir, Poil de Carotte n’a pas peur. Il ne glisse pas un coup d’oeil sous le lit. Ni la lune ni les ombres ne l’effraient, ni le puits du jardin comme creusé là exprès pour qui voudrait s’y jeter par la fenêtre.

   Il aurait peur, s’il pensait à avoir peur, mais il n’y pense plus. En chemise, il oublie de ne marcher que sur les talons afin de moins sentir le froid du carreau rouge.

   Et dans le lit, les yeux aux ampoules du plâtre humide, il continue de développer ses idées personnelles, ainsi nommées parce qu’il faut les garder pour soi.

 

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「鶴の上の仙人」 / 「つ」の部~了 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「手形傘」 »