フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「猫物を言う」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「鼠の薬」 »

2023/12/24

柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「鼠の怪異」

[やぶちゃん注:本書は昭和三六(一九六一)年一月に東京堂から刊行された。この総題の「随筆辞典」はシリーズ物の一書。本書については、初回の冒頭注を、また、作者については、私の『柴田宵曲 始動 ~ 妖異博物館 「はしがき」・「化物振舞」』の私の冒頭注を参照されたい。

 底本は国立国会図書館デジタルコレクションのこちらを使用した。新字新仮名である。但し、加工データとして、所持する筑摩書房『ちくま文芸文庫』の「奇談異聞辞典」(底本を解題したもの・二〇〇八年刊)を加工データとして使用させて貰った。ここに御礼申し上げる。

 読みが振れる、若い読者が躓くかも知れぬ箇所には《 》で読みを添えた。引用文の場合は歴史的仮名遣を用いた。なお、( )は柴田自身が附したルビである。

 また、柴田のストイックな編集法を鑑み、私の注は、どうしても必要と判断したもののみとした。幸い、有意な部分は私が既に電子化注したものがあるので、それをリンクさせてもいる。但し、この原本は新字新仮名であるため、私が電子化していない引用文の原本に当たることが出来たものは、極力、視認出来るように、国立国会図書館デジタルコレクションや他のデータベースの当該部をリンクさせるように努めた。

 なお、辞典形式であるので、各項目を各個に電子化する。公開は基本、相互の項目に連関性がないものが多いので、一回一項或いは数項程度とする。

 

 鼠の怪異【ねずみのかいい】 〔兎園小説第九集〕今玆《こんじ》(文政乙酉)四月、奥州伊達郡保原《ほばら》<福島県伊達市保原町>といふ所の大経師松声堂(俗称福井重吉、俳名万年)の物語に、おのれ事は南部の産にて、この春、親族の方より消息して、世にめづらしき事をしらせ起したり。そは南部盛岡<盛岡市>より凡そ二十里許りおくに、福岡といふ所にて、そこに青木平助といふ旧家あり。その家作のふるき事、五六百年前に造りなしたるが、そのまゝにて住居来《すまゐきたり》れり。げにその家、今やうの造りざまにあらず、いかにも由あるものの末ならんと思はるになり。しかるにこの春二月の比、あるじ兵助の夢に、棟の上に一塊のほのほ炎炎《えんえん》ともゆと見て、驚きさめてふと仰ぎ見れば、こはそもいかにぞや。夢に見たるにつゆ違《やが》はず。おのれが寐《ね》たる上の棟に、火燃えゐたりければ、あわてふためき起き上り、手早くはしごをものして、手ごろなる器に水を入れ、水をそゝぎかけなどしければ、忽ちに火はきえてさせる事なし。あるじとゞろく胸はやゝ静まりしかども、いかなることにて、この怪しみのありけるにやと思へば、さらに心安からねど、かゝる事を家の内のものに告げしらさば、さこそ物の化《ばけ》たゝりならんと云ひのゝしりてうるさかるべし。何《なん》にまれ、今少し試みばやと、ひとりむねにをさむるものから、その暁までいもねられであかしゝとぞ。かくてあけの朝起き出でて、例のごとくうからうちよりて、朝いひたふべんとする折、かの宵にことありし棟とおぼしき処より、物のはたと落ちたり。思ひもかけぬ事なれば、女わらべなどは、あれとさわぎて飛びのきつ。あるじは心にかゝ心ふしもあれば、さてこそとて、きとそのものを見とむるに、いと年ふりて大きなる鼠のおなじ程なるが、その数九つ、尻と尻とつき合せて、わらふだの如くまろくなりつゝかたみに手あしをもがきて、かけり逃《のが》れんとするなりけり。しかるにその鼠、いかにもがきても、尻と尻つながりて離れず、只ひたすらにかけ出でんとするのみにて、くるくるおなじ所をめぐるのみなれば、人みな恐れ驚ろく中にも、亦興ある事におぼえて、こはけしからぬ物なり。いかにしてかくまで、同じ鼠の九つよくも揃ひけん。それすらあるに、尻と尻の離れぬは、いかなる故ぞとのゝしりつゝ、とり離してやらんか、うちも殺さんやなどいひよどみて、割木やうのものを持《も》て[やぶちゃん注:後掲する私の本文に従った。]、両三人左右より引きわけんとするに得《え》[やぶちゃん注:不可能の呼応の副詞「え」に当て字したもの。]はなれず。こはおかしき物なりとて、つよく引きたて見れば、怪しむべし、この鼠の尾と尾のからみあひたる事、あじろをくみたらんが如くにて、つよく物《もの》せば、しり尾も抜けんずらんなどいふ人もあれば、そがまゝに置きたるを、近きわたりの人々、聞き伝へ集《つど》ひきて、扨も珍らしきものを見つるかな、吾れらに得させ給へとて、竹の先に引きかけて処々もち歩きて、なほ人に見せたる果《はて》は、川へや流しけん、土中にや埋《うづ》みけん、そのよりにまた怪しきことの聞えなば、なほまた告げまゐらせんなどいひおこしたりと語りしより、友人の伝聞にまかして、けふの兎園の数に入れ侍るになん。

[やぶちゃん注:私の『曲亭馬琴「兎園小説」(正編) 鼠の怪異」』を見られたい。発表者は「文寶堂」で本名は「龜屋久右衞門」、本姓実名はともに不詳。飯田町に住みて薬種屋を商っていた。後に二代目「蜀山人」の名を継いだ人物でもある。それにしても、前の火の怪異と、後の鼠の怪異との連関が語られず、結末も尻切れトンボで、消化不良を起こす、上手くない怪奇談である。]

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「猫物を言う」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「鼠の薬」 »