フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 「にんじん」ジュウル・ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ヴァロトン挿絵+オリジナル新補注+原文) 「獵にて」 | トップページ | 「にんじん」ジュウル・ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ヴァロトン挿絵+オリジナル新補注+原文) 「最初の鴫(しぎ)」 »

2023/12/08

「にんじん」ジュウル・ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ヴァロトン挿絵+オリジナル新補注+原文) 「蠅」

[やぶちゃん注:ジュール・ルナール(Jules Renard 一八六四年~一九一〇年)の “ Poil De Carotte(原題は訳すなら「人参の毛」であるが、これはフランス語で、昔、「赤毛の子」を指す表現である。一八九四年初版刊行)の岸田国士による戦前の翻訳である。

 私は既にサイト版「にんじん ジュウル・ルナアル作 岸田国士訳 挿絵 フェリックス・ヴァロトン(注:やぶちゃん copyright 2008 Yabtyan)」で、新字新仮名遣のそれを十五年前に電子化注している。そこでは、底本は岩波文庫版(一九七六年改版)を用いたが、今回は、国立国会図書館デジタルコレクションのジュウル・ルナアル作岸田國士譯「にんじん」(昭和八(一九三三)年七月白水社刊。リンクは標題のある扉)を用い、正字正仮名遣で電子化し直し、注も新たにブラッシュ・アップする。また、本作の挿絵の画家フェリックス・ヴァロトンFelix Vallotton(一八六五年~一九二五年:スイス生まれ。一八八二年にパリに出、「ナビ派」の一員と目されるようになる。一八九〇年の日本版画展に触発され、大画面モノクロームの木版画を手掛けるようになる。一九〇〇年にフランスに帰化した)の著作権も消滅している。上記底本にはヴァロトンの絵はない(当時は、ヴァロトンの著作権は継続していた)が、私は彼の挿絵が欠かせないと思っているので、岩波版が所載している画像を、今回、再度、改めて取り込み、一部の汚損等に私の画像補正を行った。

 ルビ部分は( )で示したが、ざっと見る限り、本文を含め、拗音・促音は使用されていないので、それに従った。傍点「丶」は下線に代えた。底本の対話形式の部分は、話者が示されダッシュとなる一人の台詞が二行に亙る際、一字下げとなっているが、ブラウザの不具合が起きるので、詰めた。三点リーダは「…」ではなく、「・・・」であるのはママである。各話の末尾に若い読者を意識した私のオリジナルな注を附した(岸田氏の訳は燻し銀であるが、やや語彙が古いのと、私(一応、大学では英語が嫌いなので、第一外国語をフランス語にした)でも、原文と照らしてみて、首をかしげる部分が幾分かはある。中学二年生の時、私がこれを読んだときに立ち返ってみて、当時の私なら、疑問・不明に思う部分を可能な限り、注した。原文はフランスのサイト“Canopé Académie de Strasbourg”の“Jules Renard OIL DE CAROTTE (1900)”PDF)のものをコピーし、「Internet archive」の一九〇二年版の原本と校合し、不審箇所はフランス語版“Wikisource”の同作の電子化も参考にした。詳しくは、初回の冒頭注を参照されたい。

 

Hae

 

     

 

 

 獵はまだ續くのである。にんじんは、自分が馬鹿に思へてしかたがなく、後悔のしるしに、肩をぴんと上げる。それから、新しく元氣を出して、父親の足跡を拾つて行く。つまり、ルピツク氏が左の足を置いたところへ、自分も左の足を置くといふ風にである。勢ひい大股になる。人喰鬼にでも追つかけられてるやうだ。休む暇といつたら桑の實とか野生の梨とか、または、口がしびれ、唇が白くなり、そして喉の渴きをとめるうつぼ草の實とかをちぎる時だけである。それに、彼は獲物囊のカクシの中に、燒酎の罎をもつてゐる。それを、ごくりごくり、彼ひとりで、あらまし飮んでしまふ。ルピツク氏は、獵に夢中で、請求するのを忘れてゐるからだ。[やぶちゃん注:「人喰鬼」のルビを参考にすれば、「ひとくひおに」。「燒酎」原文は“eau-de-vie”(音写「オゥ・ド・ヴィ」。「命の水・生命の水」)で、これは、葡萄酒を蒸留して得られるアルコール七十度を越える火酒全般を言い、我々の用いるコニャックやブランデーに相当する語として普通に用いられるものである。ここでも「ブランデ」ーの訳でよいのではなかろうか。「にんじん」がちょろまかすには、「燒酎」では如何にも安っぽく過ぎる。]

 「一と口どう、父さん」

 風は「いらん」といふ音しか運んで來ない。にんじんは、今薦めたその一と口を自分で飮み干し、罎を空つぽにする。頭がふらふらになる。が、父親の後を追ひかけはじめる。突然、彼は立ち止る。耳の孔へ指を突つ込む。亂暴に廻す。引き出す。それから、耳を澄ます恰好をして、ルピツク氏に叫びかける――

 「あのね、父さん、僕の耳ん中へ、蠅が一つ匹はひつたらしいよ」

 

ルピツク氏――除(と)つたらいゝだらう。

にんじん――奧の方へ行つちやつたんだよ。屆かないんだもの。ブーンつて云つてんのが聞こえるよ。

ルピツク氏――放(ほ)つとけ。ひとりでに死ぬよ。

にんじん――でも、若しかして、卵を生んだら? 巢をこさへたら? え、父さん?[やぶちゃん注:「?」の下の半角空けはママ。底本の当該部(右ページ最終行)を見ると、判然とするが、植字工がこの台詞が一行内に収まるように行ったものである。]

ルピツク氏――ハンケチの角で潰してみろ。[やぶちゃん注:「角」戦後版は『かど』とルビする。それを採る。]

にんじん――燒酎をすこし流し込んで、溺れさしちまつたらどう?そうしてもいい?[やぶちゃん注:「?」の下の字空け無しはママ。全く同前の理由。]

 

 「なんでも流し込め!」と、ルピツク氏は怒鳴る――「だが、早くしろ」

 

 にんじんは罎の口を耳にあてがひ、もう一度そいつを空つぽにする。ルピツク氏が、わしにも飮ませろと云ひ出した時の用心にである。

 で、やがて、にんじんは、駈け出しながら、浮浮と、叫ぶ――[やぶちゃん注:「浮浮と」戦後版は『うきうきと』で、ひらがな表記。]

 「そらね、父さん、僕、もう蠅の音が聞こえなくなつたよ。きつと死んだんだらう。たゞ、やつめ、これみんな飮んじまやがつた」

 

[やぶちゃん注:原本はここから。

「人喰鬼」原文は“ogre”(音写「オグル」)。ヨーロツパに広く分布する伝承上の人を食うとされる怪物。もともとは特定の固有名称があったわけではないが、それに対して、“ogre”といふ名を与えたのは、かのシャルル・ペロー(Charles Perrault)が一六九七年に出版した民話集「過ぎ去った時代の物語や物語。 モラリテエとともに。マザー・グースの物語」( Histoires ou contes du temps passé. Avec de moralités : Contes de ma mère l'Oye. )の中の「長靴をはいた猫」( Le Chat botté )であるとされる。

「うつぼ草」原文は“prunelles”。本邦ではシソ目シソ科ウツボグサ属セイヨウウツボグサ亜種ウツボグサ Prunella vulgaris subsp. Asiatica を指すが、これでは分布域が合致しないので、違う。今回は、その原種であるセイヨウウツボグサ Prunella vulgaris に当てることとした。有力である理由は、フランス語の当該種のウィキに「食用」となる「蜜を多く持った植物」であり、『抗炎症剤・解熱剤』、『鎮痙剤・抗ウイルス剤』として使用され、『熱を下げ、喉の痛み・咳・風邪による不快感を和らげるために』も使われ、『健胃作用』を持ち、『胃痙攣や胸焼けを緩和し、下痢・嘔吐を軽減する』効果があるとあったからである。なお、所持する辞書では『リンボク』とするが、同じサクラ属リンボク Prunus spinulosa は日本固有種であるから、辞書の訳語としては適切でない。]

 

 

 

 

    La Mouche

 

   La chasse continue, et Poil de Carotte qui hausse les épaules de remords, tant il se trouve bête, emboîte le pas de son père avec une nouvelle ardeur, s’applique à poser exactement le pied gauche là où M. Lepic a posé son pied gauche, et il écarte les jambes comme s’il fuyait un ogre. Il ne se repose que pour attraper une mûre, une poire sauvage, et des prunelles qui resserrent la bouche, blanchissent les lèvres et calment la soif. D’ailleurs, il a dans une des poches du carnier le flacon d’eau-de-vie. Gorgée par gorgée, il boit presque tout à lui seul, car M. Lepic, que la chasse grise, oublie d’en demander.

   Une goutte, papa ?

   Le vent n’apporte qu’un bruit de refus. Poil de Carotte avale la goutte qu’il offrait, vide le flacon, et la tête tournante, repart à la poursuite de son père. Soudain, il s’arrête, enfonce un doigt au creux de son oreille, l’agite vivement, le retire, puis feint d’écouter, et il crie à M. Lepic :

   Tu sais, papa, je crois que j’ai une mouche dans l’oreille.

     MONSIEUR LEPIC

   Ôte-la, mon garçon.

     POIL DE CAROTTE

   Elle y est trop avant, je ne peux pas la toucher. Je l’entends qu’elle bourdonne.

     MONSIEUR LEPIC

   Laisse-la mourir toute seule.

     POIL DE CAROTTE

   Mais si elle pondait, papa, si elle faisait son nid ?

     MONSIEUR LEPIC

   Tâche de la tuer avec une corne de mouchoir.

     POIL DE CAROTTE

   Si je versais un peu d’eau-de-vie pour la noyer ? Me donnes-tu la permission ?

   Verse ce que tu voudras, lui crie M. Lepic. Mais dépêche-toi.

 

   Poil de Carotte applique sur son oreille le goulot de la bouteille, et il la vide une deuxième fois, pour le cas où M. Lepic imaginerait de réclamer sa part.

   Et bientôt, Poil de Carotte s’écrie, allègre, en courant :

   Tu sais, papa, je n’entends plus la mouche. Elle doit être morte. Seulement, elle a tout bu.

 

« 「にんじん」ジュウル・ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ヴァロトン挿絵+オリジナル新補注+原文) 「獵にて」 | トップページ | 「にんじん」ジュウル・ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ヴァロトン挿絵+オリジナル新補注+原文) 「最初の鴫(しぎ)」 »