フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 只野真葛 むかしばなし (89) / 「むかしばなし」五~了 | トップページ | 只野真葛 むかしばなし (91) »

2023/12/23

只野真葛 むかしばなし (90) / 最終巻「六」~始動

 

むかしばなし 六

 

一、此御家中とら岩《いは》道齋《だうさい》といひし外療(ぐわいれう)[やぶちゃん注:外科医。]、大力(だいりき)の大男にて、しごく、元氣ものなりしが、長袖(ちやうしう)[やぶちゃん注:袖ぐくりをして、鎧(よろい)を着る武士に対し、長袖の衣服を着ているところから、「公卿・僧・神官・医師・学者」等を指す語。]のこと故、武藝は、まねば[やぶちゃん注:ママ。]ざりしが、甥の若生(わかおひ)、すぐれたる小男なりしが、時ならず、麻上下(あさがみしも)を着て、見廻(みまわり)し故、

「何のための、禮服ぞ。」

と、とがめしかば、

「今日、劍術の傳授をとりし、歸りがけなり。」

と、こたへしを、

「其方ごとき、非力小兵(こ《ひやう》)にて、劍術は、おぼつかなし。我(われ)、何の手もしらねども、立合(たちあひ)たら、ひしぐに、心、やすからん。」

と、あざわらひて居《をり》たりし、とぞ。

 甥も、傳授をとりし身の、さやうにいわれて[やぶちゃん注:ママ。]、

『立(たち)がたし。』

とや、おもひけん、

「さあらば、立合て、ごらんあれ。私(わたくし)かたより、そなたへは、棒を、あて申まず[やぶちゃん注:ママ。「申(まうす)まじ」。『日本庶民生活史料集成』版も『まじ』となっている。]。私を、一打(ひとうち)、うつて、御覽あれ。」

と、いひしを、

「いざ、おもしろし。」

と、庭に、とびおり、棒をふつて、かゝるに、さすが、傳授を得しほど有(あり)て、「うけ巧者(かうしや)」にて、いかにうてども、身にあたらず、まつかふ[やぶちゃん注:ママ。「まつかう」。額の正面。]みぢんと、打(うち)つくる棒を、隨分、よく、うけとめたれども、うけたるまゝ、かさにかゝつて、おしつけしかば、こらへかねて、ひしげし、とぞ。

 道齋、悅(よろこび)、

「さぞあらんと、おもひし。」

とて、上(あが)りし、とぞ。

« 只野真葛 むかしばなし (89) / 「むかしばなし」五~了 | トップページ | 只野真葛 むかしばなし (91) »