フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 只野真葛 むかしばなし (99) | トップページ | 只野真葛 むかしばなし (101) »

2023/12/27

只野真葛 むかしばなし (100) 影の病い――芥川龍之介が自身の怪談集に採録したもの

 

一、北勇治といひし人、外より歸り、わが居間の戶を明(あけ)て見れば、机にかゝりて、人、有(あり)。と

『あやしや。誰ならん。』

と、よく見れば、髮の結處・衣類・帶にいたるまで、我(わが)常に着ものにて、

『我(わが)うしろすがたを見しことは、なけれども、寸分、たがわ[やぶちゃん注:ママ。]じ。』

と、おもわれ[やぶちゃん注:ママ。]たり。

 餘り、

『ふしぎ。』

に思(おもは)るゝ故、しばし、立(たち)て見居《みをり》たりしが、とてものことに、

『おもてを、見ん。』

と、つかつかと、あゆみよりしに、あなたを、むきたるまゝにて、緣先に、はしり出(いで)しが、いづちへ行(ゆき)しや、見うしない[やぶちゃん注:ママ。]たり。

 家内(いへうち)に、其由を、かたりしかば、母は、物をも、いはず、何か【祖父や父の、病(やまひ)にて、死せし事を。】[やぶちゃん注:底本に『原頭註』とある。]、

「ひそひそ。」

として、有(あり)し、とぞ。

 それより、病付(やみつき)て、其年の中(うち)に、死(しし)たり。是まで、三代、其身の形(かたち)を見て、病付死たり、とぞ。

 これや、いはゆる、「影の病(やまひ)」なるべし。

 若《もし》、母や、家來は、しるといへども、あまり忌々(ゆゆ)しきこと故、主(あるじ)には、かたらで有(あり)し故、しらざりしなり。

[やぶちゃん注:「奥州ばなし 影の病」で既出。そちらで、リキを入れた注を附してある。そちらでも記したが、この話、芥川龍之介が、大正元(一九一二)年前後を始まりとして、終生、蒐集と分類がなされたと推測される怪奇談集を集成したノート「椒圖志異」(サイト版)の中にも、「影の病」として採録している。芥川龍之介は、自身、最晩年に、自分のドッペルゲンガーを見たと、座談会で証言している(精神科医の式場隆三郎に『ドッペル・ゲンゲルの經驗がおありですか。』と問われた際、『芥川 あります。私の二重人格は一度は帝劇に、一度は銀座に現はれました。』とある。私の、『芥川龍之介が自身のドッペルゲンガーを見たと発言した原拠の座談会記録「芥川龍之介氏の座談」(葛巻義敏編「芥川龍之介未定稿集」版)』(ブログ版)を見られたい。ネット上では、「芥川龍之介は自分のドッペルゲンガーを見たから自殺した」という非科学的な、古びた似非心霊学者のような流言を流して、喜んでいる輩が、糞のようにいるので、注意されたい。

« 只野真葛 むかしばなし (99) | トップページ | 只野真葛 むかしばなし (101) »