フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「鼠の怪異」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「鼠の刑罰」 »

2023/12/24

柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「鼠の薬」

[やぶちゃん注:本書は昭和三六(一九六一)年一月に東京堂から刊行された。この総題の「随筆辞典」はシリーズ物の一書。本書については、初回の冒頭注を、また、作者については、私の『柴田宵曲 始動 ~ 妖異博物館 「はしがき」・「化物振舞」』の私の冒頭注を参照されたい。

 底本は国立国会図書館デジタルコレクションのこちらを使用した。新字新仮名である。但し、加工データとして、所持する筑摩書房『ちくま文芸文庫』の「奇談異聞辞典」(底本を解題したもの・二〇〇八年刊)を加工データとして使用させて貰った。ここに御礼申し上げる。

 読みが振れる、若い読者が躓くかも知れぬ箇所には《 》で読みを添えた。引用文の場合は歴史的仮名遣を用いた。なお、( )は柴田自身が附したルビである。

 また、柴田のストイックな編集法を鑑み、私の注は、どうしても必要と判断したもののみとした。幸い、有意な部分は私が既に電子化注したものがあるので、それをリンクさせてもいる。但し、この原本は新字新仮名であるため、私が電子化していない引用文の原本に当たることが出来たものは、極力、視認出来るように、国立国会図書館デジタルコレクションや他のデータベースの当該部をリンクさせるように努めた。

 なお、辞典形式であるので、各項目を各個に電子化する。公開は基本、相互の項目に連関性がないものが多いので、一回一項或いは数項程度とする。

 

 鼠の薬【ねずみのくすり】 〔退閑雑記後編巻四〕ある商人《あきんど》ありけり。楽しみあそぶ事もなく、たゞあまた鼠をあつめて愛しけり。ある日その鼠あるじの手をかみたるが、毒気支体《したい》にめぐりて発熱甚しく、紫色の斑文《はんもん》体《からだ》をめぐりたり。そのあるじ鼠に向ひて、予、汝を愛す、汝、予をかみてかくの如く悩めども、予、汝を憎まず、汝、何ゆゑにわれをかみて、かく悩ましても癒さんともせず、くゆる気色《けしく》もせず、いかなる心ばへにや、浅ましと、誠に人にいふ如くうち向かひて言ひたれば、鼠うち聞きたるさまして、それよりいづくへか行きけん見えず。あるじはその悩みにて、枕によりてねぶれるに、その疵に、何か冷かなるものおしあつるやう覚えて目醒めたれば、かの鼠、草の葉くはへてその疵におしあつるなり。されば、この草よく毒を解《かい》すためと思ひて、その草汁を疵につけ、草もてその疵をおほひ、その草をせんじてのみたれば、毒気忽ち解して愈えぬ。その草は紀の国より蜜柑の実に交《まぢ》へ来たる、石菖《せきしやう》てふ草に似たるものなりとぞ。この事つくり物語のやうなれども、さにはあらず。近き頃の事にて、その商人物語りありて、その人にねもごろなるもの、名さへいひて語りしといふを聞きしなり。

[やぶちゃん注:松平定信の随筆。全十三巻。国立国会図書館デジタルコレクションの『日本隨筆全集』第十四巻(昭和三(一九二八)年国民図書刊)で正規表現の当該部がここ視認出来る。

「ある日その鼠あるじの手をかみたるが、毒気支体にめぐりて発熱甚しく、紫色の斑文体をめぐりたり」所謂、「鼠咬症」である。異なる二種の原因菌により発症する、別の感染症の総称であり、人獣共通感染症の一つ。「鼠咬熱」とも呼ぶ。「鼠咬症スピロヘータ感染症」及び「モニリホルム連鎖桿菌感染症」である。「鼠咬症スピロヘータ感染症」の原因菌はグラム陰性非芽胞形成微好気性螺旋菌、真正細菌プロテオバクテリア門βプロテオバクテリア綱Beta Proteobacteriaニトロソモナス目Nitrosomonadalesスピリルム科スピリルム属スピリルム・ミヌスSpirillum minus であり、「モニリホルム連鎖桿菌感染症」の原因菌は、真正細菌フソバクテリウム綱フソバクテリウム目レプトトリキア科ストレプトバチルス属ストレプトバチルス・モニリホルム Streptobacillus moniliformis である。当該ウィキによれば、『前者では感染』一~二『週間後に発熱、咬傷部の潰瘍、局所リンパ節の腫脹。後者では感染』十『日以内に発熱、頭痛、多発性関節炎、局所リンパ節の腫脹。両者とも』、『心内膜炎、肺炎、肝炎などを発症することもある。両者とも一般にネズミに対しては無症状』であるとある。私は、大学生の時、汚い食堂で、夕食を食いながら、そこにあった漫画雑誌(私は六十六になる現在まで、一度も漫画雑誌を買ったことがない。但し、好きな作家はいる。手塚治虫先生と、諸星大二郎・星野之宣で、彼らの単行本はだいたい買ってきた)で、さいとうたかを作の「サバイバル」の一場面を見て知った。

「石菖」単子葉植物綱ショウブ目ショウブ科ショウブ属セキショウ Acorus gramineus 学名のグーグル画像検索をリンクさせておく。当該ウィキによれば、『根茎や葉は薬草として用いられ、神経痛や痛風の治療に使用されている。例えば』、『蒸し風呂(湿式サウナ)で用いられる時には、セキショウの葉を床に敷いて』、『高温で蒸す状態にして、鎮痛効果があるテルペン』(terpene)『を成分とする芳香を放出させ』、『膚や呼吸器から体内に吸収するようにして利用する』とある。なお、本文の、このシーンの解説部分は極めて鋭い。私の「譚海 卷之一 紀州蜜柑幷熊野浦の事」を見られたい。紀州蜜柑の輸送の際の緩衝材に石菖が用いられたのだ。

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「鼠の怪異」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「鼠の刑罰」 »