フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 畔田翠山「水族志」 ツルグヒ (サクラダイ) | トップページ | 明恵上人夢記 106 兜率天に到る夢 »

2023/12/30

譚海 卷之九 同所仙北郡辻堂猫の怪の事(フライング公開)

 

[やぶちゃん注:現在、作業中である柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」のために必要となったので、フライングして電子化する。特異的に句読点・記号の変更・追加と、読みを加え、段落も成形した。なお、標題の『同所』は前の三条が、皆、『羽州』の出来事であったことによる。]

 

 仙北郡の人、薪を伐(きり)て山より歸る時、夕(ゆふべ)になりて、雨、降出(ふりいで)たれば、辻堂の緣に、雨やどりせしかば、堂の中(うち)、人音(ひとおと)、きこえて、にぎはしく、しばし有(あり)て、

「太郞婆々(たらうばば)、いまだ、來らず。こたびの躍(をどり)、出來がたからん。」

など、いふ聲せしに、又、しばし有りて、

「婆々、來れり。」

とて、

「をどり、はじめむ。」

といふ。

 婆々のいふやう、

「しばし、待ちたまへ。人や、ある。」

とて、堂の格子の穴より、尾を、いだし、かきまはしたるを、此男、尾を、とらへて、外より引(ひき)たるに、

「内には、引入(ひきいれ)ん。」

と、こづむに、あはせて、尾を引(ひき)きりて、もたりければ、恐ろしくなりて、雨のはるゝも、またず、家に歸りて、此尾をば、深く、藏置(をさめをき)たり。

 そののち、鄰家の太郞平なるもの、

「母、『痔、起りたり。』とて、うちふしてある。」

よし。

 此男、見廻(みまひ)に行(ゆき)て見れば、誠に、心わろく見へ[やぶちゃん注:ママ。]ける。

「いかに。」

と、いへば、

「痔のいたむ。」

よしを、いふ。

 あやしくて、夕(ゆふべ)に、又、件(くだん)の尾を懷(ふところ)にかくして、見廻(みまひ)に行(ゆき)てければ、

「なほ、心、あし。」

とて、居(ゐ)たりしかば、

「それは。このやうな事の、わづらひにては、なきや。」

と、尾を引出(ひきいだ)して見せければ、この母、尾(を)を、かなぐりとりて、母屋(おもや)を、けやぶりて、失せぬ。

 猫の化けたるにて、ありける。

 誠の母の骨は、年ヘたるさまにて、天井にありける、とぞ。

[やぶちゃん注:この話は、柴田宵曲の「妖異博物館」の「化け猫」で採られている関係上、既にそこで私が電子化しているが、今回は、推定読みを付加しているので、新たにフライング単独公開とした。

「仙北郡」秋田県(旧出羽国および羽後国)の郡。旧郡域は、同県の東端の中央部を広域に含んだ。当該ウィキの地図を見られたい。

「こづむ」本来は「偏(こづ)む」は「筋肉がかたくなる・凝る」、「心が重くなる・気がめいる」、「馬が躓いて倒れかかる」であるが、他に「一ヶ所に片寄って集まる・ぎっしり詰まる」の意があるので、「引き入れようと、大勢の者(猫)が、積み重なるようにして、一斉に太郎婆の体を引っ張った」ことを指すようである。映像として面白い。]

« 畔田翠山「水族志」 ツルグヒ (サクラダイ) | トップページ | 明恵上人夢記 106 兜率天に到る夢 »