フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 「にんじん」ジュウル・ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ヴァロトン挿絵+オリジナル新補注+原文) 「銀貨」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「礫打つ小者」 »

2023/12/09

柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「礫打つ怪」

[やぶちゃん注:本書は昭和三六(一九六一)年一月に東京堂から刊行された。この総題の「随筆辞典」はシリーズ物の一書。本書については、初回の冒頭注を、また、作者については、私の『柴田宵曲 始動 ~ 妖異博物館 「はしがき」・「化物振舞」』の私の冒頭注を参照されたい。

 底本は国立国会図書館デジタルコレクションのこちらを使用した。新字新仮名である。但し、加工データとして、所持する筑摩書房『ちくま文芸文庫』の「奇談異聞辞典」(底本を解題したもの・二〇〇八年刊)を加工データとして使用させて貰った。ここに御礼申し上げる。

 読みが振れる、若い読者が躓くかも知れぬ箇所には《 》で読みを添えた。引用文の場合は歴史的仮名遣を用いた。なお、( )は柴田自身が附したルビである。

 また、柴田のストイックな編集法を鑑み、私の注は、どうしても必要と判断したもののみとした。幸い、有意な部分は私が既に電子化注したものがあるので、それをリンクさせてもいる。但し、この原本は新字新仮名であるため、私が電子化していない引用文の原本に当たることが出来たものは、極力、視認出来るように、国立国会図書館デジタルコレクションや他のデータベースの当該部をリンクさせるように努めた。

 なお、辞典形式であるので、各項目を各個に電子化する。公開は基本、相互の項目に連関性がないものが多いので、一回一項或いは数項程度とする。

 

 礫打つ怪【つぶてうつかい】 〔四不語録巻六〕吉村何某は能州羽喰<石川県羽咋市>辺に居住す。或日同国一の宮は大社なる程に、参詣せんと只一人詣で、神前を拝し後の山へ行かんとす。神主これをとめて、みだりに行かざる所なり、いらざるものなりと云ふ。何某これを聞きて、神主も行くこと能はざるかと問ふ。みだりには行かず、神事に用ある時は身を潔めて行くと答ふ。何某云ふやう、さあらば我も行かむ、今日これへ参詣するにより、身を潔めて来れり、いさゝかも穢(けが)れたる事なしとて強ひて行く。神主再三とむれども、これを用ひず。さて何某が羽喰の宅へ、何処ともなく礫(つぶて)を打つこと頻りなり。妻子驚き噪(さわ)ぎ、急ぎ一の宮へ人を遣はし、何某に告ぐ。何某宅に帰り、定めてこのあたりの童部どもの所為ならむと、立腹して村中を相尋ぬるに、一人も礫打つ者これなく、弥増(いやまし)に打ちけり。その礫は砂まじりの小石なり。これ一の宮の坂に有る砂石なり。偖(さて)は一の宮にて、みだりに行くまじき所へ推《お》して行きつる故に、神のとがめ給ヘるならんと、妻子家僕は弥〻《いよいよ》恐懼れ(おぢおそ)れけれども、何某は少しも恐れず。憎き事かな、定めて狐狸の所作ならむと云ふ。二三夜も打ち止まず。或夜鶴の足を二つからげたるを打ちけり。何某もこれを見てかゝる鶴の足、この辺にあるべき物にあらず、我薬喰《くすりぐひ》のために去《さる》冬《ふゆ》鶴を料理す、その足を正しくくゝりて屋の裏に挾み置きしなり、定めてこれを打ちたるならむと、有りし所に行きて見ればこれなし。また暫く有て、味噌を一塊(ひとかたま)り炉火(ゐろり)の中へ打込む。これもまた我貯へ置きし味噌ならんと見せにつかはせば、案の如く味噌桶の中、拯(すく)ひ取りし跡有り。何某云ふやう、さてはこの味噌焼て肴とし、酒を呑めとの事ならんと、急ぎ酒を買ひ求め、かの味噌を肴として酒をよゝと己れも呑み、従者どもにも強ひてこれ飲ましむる処に、其後は礫打つことやみてけり。寛文年中の事なりとぞ。予<浅香山井>が知人吉村氏の物語りを直《ぢき》に聞きつると語る。

[やぶちゃん注:「天狗の礫」などと称し、私の怪奇談集にも枚挙に遑がないが、本篇は、後半部分にオリジナリティがあり、なかなか、いい。ただ、後半部にある〈鶴の脚〉や、〈味噌〉の話は、典型的な真相に迫っている。則ち、この礫の犯行者は、吉村何某の家に、一年以上前から入った未成年の下女が正体である可能性が極めて高い擬似怪談(超心理学で言うところの「意識的詐欺」)であると私は睨んでいる。この女は当然、そうした家内のこまごました事柄を知ることができ、さらに、吉村が無謀にも大社の「入らずの森」に行くことも知り得るからである。さればこそ、これは確かに起こった「事件」ではあるのである。ここで私が言っていることがよく判らない方は、次の「礫打つ小者」の私の注の冒頭に配した、私の過去の複数のリンク先を読まれんことを強く勧めるものである。

「四不語録」「家焼くる前兆」で既出既注。写本でしか残っておらず、原本には当たれない。

「同国一の宮は大社」現在の羽咋市寺家町(じけまち)にある能登國一宮氣多(けた)大社(グーグル・マップ・データ航空写真)。私は富山県高岡市伏木に六年住んだので、四度ほど行ったことがある。後背地の森は同神社公式サイトのこちらの『氣多大社社叢(入らずの森)』によれば、現在も、『気多神社の社叢は、神域「入らずの森」として神聖視され、神官も、年』一『回、社叢内の奥宮の神事を勤めるために目かくしをして通行するのみといわれる』とあった。

「寛文年中」一六六一年から一六七三年まで。徳川家綱の治世。]

« 「にんじん」ジュウル・ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ヴァロトン挿絵+オリジナル新補注+原文) 「銀貨」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「礫打つ小者」 »