フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 只野真葛 むかしばなし (103) | トップページ | 只野真葛 むかしばなし (105) 小便組女顚末 »

2023/12/27

只野真葛 むかしばなし (104) 熊本藩四代藩主細川宣紀の側室扱いの騒動

 

一、近年、賢人細川樣と申せし殿の御腹(おんはら)は、惡人にて有(あり)し、とぞ。

[やぶちゃん注:「細川樣」この細川は、以下の叙述から、肥後国熊本藩四代藩主細川宣紀(のぶのり 延宝四(一六七六)年~享保一七(一七三二)年)である。「御腹」ここは「本当の御心」の意なので注意。本文を読んだ後、最後の注を参照のこと。

 父君、人より先にめしつかはれし御妾(おめかけ)を、願ふにまかせて、故もなく、御上分(ごじゃうぶん)にはとりたて、他行(たぎやう)には長刀(なぎなた)を持(もた)せるほどの格に被ㇾ成しに、はるか後に上(あが)りし女、男子をうみ奉るに、いまだ御世つぎましまさねば、殊の外、いきほひよかりし、とぞ。

 上分に成(なり)し女、神佛に願(ねがひ)て、やうやう、男子をうみ奉りしが、二ッ三ッ、御年を、とりしなり。御世(およ)つぎ御願(おねがひ)は、御としかさの方(かた)に、さだまりしかば、御腹[やぶちゃん注:ここは「御妾」の誤字ではなかろうか。]は、上分に上り、長刀御免の身と成しに、

「此御家中に、兩人、長刀をもたせし御部屋、有(あり)しためし、なし。」

とて、老臣たち、しきりにいさめ奉りし故、ふるき御部屋の上座を、次に、さげられ、長刀をも、やめられし、とぞ。

 尤(もつとも)、御寵愛も、古きは、おとろへ、若きかた、さかり成しかば、ふるき御部屋、うらみ、いきどほりて、左樣の被仰渡(おほせわたされ)有(あり)し日より、部屋にこもりて、食を、たち、天地に、いのり、のゝしるやうは、

「人のおもひの有(ある)なしは、おしつけ見すらすべきぞ。わがうみ奉りし若君を、御世(みよ)に立申(たちまう)さで、おくべきや。」

と、晝夜、泣(なき)さけびて、終(つひ)に、兩眼、ぬけいでゝ、死せし、とぞ。

 それより、御部屋も、病(やまひ)をうけ、殿も、かくれさせ給ひしかば、若殿、世をとり給へども、はじめは御發明にてあらせられしが、月まし、日ましに、御心(みこころ)くらみ、物も、はきとは、言仰(いひあふが)ず、殿中、御つとめも、やうやに被ㇾ遊しが、八月十五日御登城の所、人たがひにて、いたくらに、きられて、御死去なり。惡女のねがひに少しもたがはず、御次男樣の御世とは成し。

 是、賢君にてありし。

[やぶちゃん注:「御部屋も、病をうけ、殿も、かくれさせ給ひしかば、若殿、世をとり給へども、はじめは御發明にてあらせられしが、月まし、日ましに、御心(みこころ)くらみ、物も、はきとは、言仰ず、殿中、御つとめも、やうやに被ㇾ遊しが、八月十五日御登城の所、人たがひにて、いたくらに、きられて、御死去なり」。この刃傷で亡くなったのは、宣紀の四男(兄三名は孰れも一~六歳で夭折している)であった第五代藩主細川宗孝(むねたか 正徳六(一七一六)年~延享四(一七四七)年)である。享保一七(一七三二)年、父宣紀の死去に伴い、十七歳で家督を相続したが、当該ウィキによれば、『当時の熊本藩は、父』『宣紀の時代から』、『洪水・飢饉・旱魃などの天災に悩まされて、出費が著しいものとなって』おり、『宗孝が藩主となった翌年には』、『参勤交代に使用される大船』『「波奈之丸」』(なみなしまる)『の建造費、さらに』は、再び、『洪水・飢饉・疫病などの天災が起こり、その治世は多難を極めた』とある。しかし、延享四(一七四七)年八月十五日、月例の拝賀式のために登城し、大広間脇の厠に立った際、旗本寄合席の板倉勝該(かつたね)が乱心し、突然、背後から斬りつけられ、まもなく絶命した。享年三十二であった。ウィキの「板倉勝該」によれば、『勝該は』、『日頃から』、『狂疾の傾向があり、家を治めていける状態ではなかったため、板倉本家当主の板倉勝清は、勝該を致仕させ』、『自分の庶子に』、『その跡目を継がせようとしていたという。それを耳にした勝該は恨みに思い、勝清を襲撃しようとしたが、板倉家の「九曜巴」紋と細川家の「九曜星」紋が極めて似ていたため、背中の家紋を見間違えて細川宗孝に斬りつけてしまったとされる』。『一方で、人違いではなく』、『勝該は最初から宗孝を殺すつもりであったとする説も存在する。大谷木醇堂』の「醇堂叢稿」に『よれば、白金台町にあった勝該の屋敷は、熊本藩下屋敷北側の崖下に位置し、大雨が降るたびに』、『下屋敷から汚水が勝該の屋敷へと流れ落ちてきたので、勝該は細川家に排水溝を設置してくれるように懇願したが、無視されたため』、『犯行に及んだという』。『事件後』、『勝該は水野忠辰宅に預けられ、同月』二十三『日に同所で切腹させられ』ている(生年未詳のため享年は不詳)。戻ると、細川宗孝の母は、ウィキの「細川宣紀」によれば、側室の際(映心院。鳥井氏。なお、父宣紀には正妻はおらず、判っているだけでも六人の側室がいた)が母であり、宗孝が殺害された後を継いで熊本藩第六代藩主となったのは、宣紀の側室利加(岩瀬氏)が生んだ五男の細川重賢(しげかた 享保五(一七二一)年~天明五(一七八五)年)であった。当時の熊本藩は、連年、財政困難にあり、参勤交代・江戸藩邸の費用にも事欠くありさまであった。重賢は藩主に就任すると、堀勝名(かつな)を大奉行に抜擢し、藩政改革にとりかかった。先ず、綱紀粛正を図り、行政機構の整備や刑法草書の制定、財政再建に向けての地引合(じびきあわせ:検地の一種)による隠田(おんでん)の摘発、櫨(はぜ)・楮(こうぞ)の専売、藩士には知行世減(せいげん)法を行ったほか、藩校「時習館」を建てて、人材の育成を図り、農商人の子弟でも俊秀の者には門戸を開いた。この藩政改革によって、藩財政は立ち直り、藩体制を強固なものとした(平凡社「世界大百科事典」に拠った)。則ち、腹違いの子らは、相応に藩主として立ち向かった人物であったのである。だから、最初の「御腹」の黒い「惡人」とは、彼らを指すのではなく、側室の扱いを我意に任せた父宣紀を指すのである。]

« 只野真葛 むかしばなし (103) | トップページ | 只野真葛 むかしばなし (105) 小便組女顚末 »