フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「土降る」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「津波と神馬」 »

2023/12/09

譚海 卷之六 勢州二見浦津浪の事(フライング公開)

[やぶちゃん注:現在、作業中である柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」のために必要となったので、フライングして電子化する。特異的に句読点・記号の変更・追加と、読みを加え、段落も成形した。]

 

 勢州二見の浦に、山、有り。

 そのいたゞきに、「伊勢三郞物見の松」といふ所あり。

 そのかたはらに鹽をやく所あり。これは大神宮の御にへに、そなふる所なれば、この山を「みしほ殿(どの)」といへり。

 寬政四年七月十二日、晝、この「みしほ殿」の山より、

「雲、おびたゞしく、立(たち)のぼる」

と見るほどに、沖の方より、高なみ、立(たち)きたる事、五度ばかり、

「津浪なるべし。」

と、浦人、さわぎあへるに、「みしほ殿」の山より、神馬(しんば)の如きもの、かけくだりて、往來、甚だ、いそがはしく、さながら、海にのぞんで、波をふせぐ體(てい)に見えたるにあはせて、やうやう、何事なく、波、をさまりぬ。

 後(のち)、この馬、また、その浦つゞきに、大神宮の別宮ある所へ、はしり行きたり、とぞ。

「これは、津波の來(きた)るべきを、全く神明(しんめい)のふせぎ給ひしなるべし。」

とて、その比(ころ)、殊に噪(さはぎ)傳(つたへ)して、神德を仰ぎけるとぞ。

 板にまで、由來を、ゑりて、傳へたるといへり。

[やぶちゃん注:「勢州二見の浦」ここ(グーグル・マップ・データ航空写真)。以下の「山、有り」、「そのいたゞきに」「伊勢三郞物見の松」「といふ所あり」とあって、「そのかたはらに鹽をやく所あり」『この山を「みしほ殿」といへり』と、すらすらかく以上は、この「二見の浦」と「山」「のいたゞきに」ある「伊勢三郞物見の松」と、「そのかたはらに鹽をやく所」があって、そ「の山を」「みしほ殿」と呼ぶと言っているからには、「二見の浦」・「山」・「伊勢三郞物見の松」・「そのかたはらに鹽をやく所・そ「の山」=「みしほ殿」は総て直近に位置しなくてはおかしい。さすれば、「二見の浦」は「夫婦岩」よりも有意に西の海岸線を指し(上記データでは『二見浦』)、その西、現在の伊勢市二見町(ふたみまち)荘(しょう)にある「御塩殿(みしおどの)神社」がある、こんもりした丘陵が「山」であることになる(拡大すると、その神社の境内の海岸に近い位置に「御塩殿神社御塩焼所」を確認出来る)。「伊勢三郞物見の松」ここには見当たらないが、この人物、源義経の家臣伊勢三郎義盛で、襲い来る頼朝の軍勢を松に登って見張ったという伝説がある松であるが、現在はずっと内陸のこちら(サイト「観光三重」の「伊勢三郎物見の松」。地図有り)になら、ある。その解説によれば、『五代目の松が植えられている』とあるから、「みしほ殿」山に元あったのではあるまい。津村は実際に行って見た内容を書いたらしいものもあるが、伝聞で聴いたものも多いようんで、他の譚でも、地名や位置関係に甚だ重篤な誤りが、よくあるのである。

「寬政四年七月十二日」グレゴリオ暦で一七九二年八月二十九日。この日に、伊勢沖で、津波の発生するような地震は起こっていない。この年の四箇月余り前の旧暦四月一日に発生した、日本史上、最大最悪の災害を齎した「島原大変肥後迷惑」で、津波が島原や対岸の肥後国を襲ったことからデッチ上げた、伊勢神宮の神異創作物であったろう。]

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「土降る」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「津波と神馬」 »