フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 只野真葛 むかしばなし (82) | トップページ | 只野真葛 むかしばなし (84) »

2023/12/23

只野真葛 むかしばなし (83)

 

[やぶちゃん注:本篇は前の「81」「82」の続きのコーダである。]

 此殿、御一生、世を嘲弄被ㇾ遊て、御たのしみにのみ、過(すご)させ給ひし。御隱居後、

「人の墓所(《はか》しよ)は、いくら、結構をつくされても、見ぬ事にて、おもしろからず。」

とて、御存生中(ごぞんしやうちゆう)に、穴の中の石だゝみ・御石碑まで御好(おすき)にて御しつらひ、御㚑屋《みたまや》[やぶちゃん注:「㚑」は「靈」の異体字。]の中の戶扉に十六羅漢の高彫(たかぼり)あり。下繪は狩野榮川(かのうえいせん)に被仰付しに、書(かき)て奉らぬうちは、日々、御本(ごほん)供(とも)にて、御自身、せつき[やぶちゃん注:「節季」。]にいらせられし故、迷惑がりて、忽(たちまち)、認(したた)め、差上し、とぞ。

 御墓所(おんぼしよ)、出來《でき》しより、年每の花盛(はなざかり)には、其穴の中へ被ㇾ爲ㇾ入(いらせられ)て、御覽被ㇾ遊、後(うしろ)の、ぬけ道を、かまへて、御殿山にて、賑々(にぎにぎ)しく御酒盛被ㇾ遊し、とぞ【御酒(ごしゆ)も、おほくは、めし上らず、人に飮せて、たのしませられし。】[やぶちゃん注:底本に『原頭註』とある。]

[やぶちゃん注:「狩野榮川」狩野典信(みちのぶ 享保一五(一七三〇)年~寛政二(一七九〇)年)。江戸中期の竹川町家、後に木挽町家狩野派第六代目の絵師。詳しい事績は当該ウィキを見られたい。

「御本供にて」よく判らないが、「この秋本殿が手本として、かの絵師から渡されていた下絵をともに持って」の意か。]

« 只野真葛 むかしばなし (82) | トップページ | 只野真葛 むかしばなし (84) »