フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 「にんじん」ジュウル・ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ヴァロトン挿絵+オリジナル新補注+原文) 「小屋」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「騙された狐」 »

2023/12/04

「にんじん」ジュウル・ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ヴァロトン挿絵+オリジナル新補注+原文) 「猫」

[やぶちゃん注:ジュール・ルナール(Jules Renard 一八六四年~一九一〇年)の “ Poil De Carotte(原題は訳すなら「人参の毛」であるが、これはフランス語で、昔、「赤毛の子」を指す表現である。一八九四年初版刊行)の岸田国士による戦前の翻訳である。

 私は既にサイト版「にんじん ジュウル・ルナアル作 岸田国士訳 挿絵 フェリックス・ヴァロトン(注:やぶちゃん copyright 2008 Yabtyan)」で、新字新仮名遣のそれを十五年前に電子化注している。そこでは、底本は岩波文庫版(一九七六年改版)を用いたが、今回は、国立国会図書館デジタルコレクションのジュウル・ルナアル作岸田國士譯「にんじん」(昭和八(一九三三)年七月白水社刊。リンクは標題のある扉)を用い、正字正仮名遣で電子化し直し、注も新たにブラッシュ・アップする。また、本作の挿絵の画家フェリックス・ヴァロトンFelix Vallotton(一八六五年~一九二五年:スイス生まれ。一八八二年にパリに出、「ナビ派」の一員と目されるようになる。一八九〇年の日本版画展に触発され、大画面モノクロームの木版画を手掛けるようになる。一九〇〇年にフランスに帰化した)の著作権も消滅している。上記底本にはヴァロトンの絵はない(当時は、ヴァロトンの著作権は継続していた)が、私は彼の挿絵が欠かせないと思っているので、岩波版が所載している画像を、今回、再度、改めて取り込み、一部の汚損等に私の画像補正を行った。

 ルビ部分は( )で示したが、ざっと見る限り、本文を含め、拗音・促音は使用されていないので、それに従った。傍点「丶」は下線に代えた。底本の対話形式の部分は、話者が示されダッシュとなる一人の台詞が二行に亙る際、一字下げとなっているが、ブラウザの不具合が起きるので、詰めた。三点リーダは「…」ではなく、「・・・」であるのはママである。各話の末尾に若い読者を意識した私のオリジナルな注を附した(岸田氏の訳は燻し銀であるが、やや語彙が古いのと、私(一応、大学では英語が嫌いなので、第一外国語をフランス語にした)でも、原文と照らしてみて、首をかしげる部分が幾分かはある。中学二年生の時、私がこれを読んだときに立ち返ってみて、当時の私なら、疑問・不明に思う部分を可能な限り、注した。原文はフランスのサイト“Canopé Académie de Strasbourg”の“Jules Renard OIL DE CAROTTE (1900)”PDF)のものをコピーし、「Internet archive」の一九〇二年版の原本と校合し、不審箇所はフランス語版“Wikisource”の同作の電子化も参考にした。詳しくは、初回の冒頭注を参照されたい。

 

Neko_20231204101601

 

     

 

    一

 

 にんじんは、かういふ話を聞いた。――「蝲蛄(ざりがに)を捕るのには、雉の臟物や牛豚(ぎゆうぶた)などの屑より、猫の肉が一番いゝ」

 ところで、彼は猫を一匹識つてゐた。年をとり、病みほうけ、其處こゝの毛が脫(ぬ)け落ちてゐるので、誰も相手にしないのだ。にんじんは、牛乳を一杯御馳走するからと云つて、そいつを自分のところ、つまり彼の小屋へ招待した。主客二人きりなわけだ。尤も鼠の一匹やそこら、壁の外で冒險を試みるかもわからない。が、にんじんとしては、牛乳一杯しか出さないことにしてある。彼は茶碗を一隅に置き、猫を押しやつて、そして云つた――[やぶちゃん注:「彼の小屋」前の「小屋」を参照されたい。「尤も鼠の一匹やそこら、壁の外で冒險を試みるかもわからない。」ここは倉田氏の岸田訳の踏襲よりも、臨川書店『全集』第三巻の佃氏の『ひょっとすると無鉄砲にも、ネズミが壁の外に現われるかもしれないが、』の方が、達意の訳である。]

 「鱈腹つめ込め」

 彼は猫の背筋を撫で、數々の愛稱で呼び、威勢のいゝ舌の運動を觀察し、ついでほろりとする。

 「可哀さうな奴だ。殘りをたのしめ」

 猫は茶碗をからにし、底を拭ひ、緣を掃除する。そして、もう、甘い唇を舐(な)めずるより外はない。

 「濟んだか。綺麗に濟んだか」

 にんじんは、相變らず撫でながら、訊ねる。

 「勿論、もう一杯お代りが欲しいだらう。が、これだけしか盜み出せなかつたんだ。それに、ちつと早いかちつと晚(おそ)いかの違ひだ・・・」

 かう云つて、彼は、その額に獵銃の筒先を押しあてる。そして火蓋を切る。

 爆音で、にんじんは、眼がくらむ。彼は、小屋まで飛んでしまつたかと思ふ。煙が散つた後で、見ると、足許に、猫がたつた一つの眼で彼を見据えてゐる。

 頭の半分はどつかへ行つてしまつた。そして、血が牛乳茶碗の中へ流れ込んでゐる。

 「死なゝかつたかな? 畜生、よく狙つたんだがなあ」

 にんじんは、さう云つたまゝ、身動きもできない。片眼だけが、黃色く光り、それが不安なのだ。

 猫は、からだを顫はし、生きてゐることを示す。が、そこを動かうといふ努力は一向試みない。血を外へこぼさないやうに、わざと茶碗の中へ流してゐるらしい。

 にんじんは、これで初心(しよしん)ではない。幾多の野禽、家畜、それと一疋の犬を、自分の慰みに、又は他人の手助けに殺したことがある。彼は、どんな時どうすればいゝかといふこと――若しも、そいつが苦しみながら生きてゐるなら、猶豫をしてはならぬ。心を勵まし、氣を荒(あら)らげ、時と場合では、取つ組み合ひの危險を犯さなければならぬといふことを知つてゐる。さもないと、餘計な糞人情がひよこり頭を持ち上げる。卑怯になる。暇つぶしだ。埓が明かない。ふんぎりがつかない。

 はじめ、彼は用心深くちよつかいを出してみる。それから、尻尾(しつぽ)をつかみ、銃床で、首筋を、何度となく、これが最後、これが止(とど)めの一擊かと思はれるほど、激しくどやしつけた。

 瀕死の猫は、脚で、狂ほしく虛空を搔き、丸く縮(ちぢ)まるかと思ふと、長々と反り返り、しかも、聲は立てない。

 「誰だい、一體、猫が死ぬ時は泣くなんて云つた奴は・・・」

 にんじんは、焦れる。暇がかゝりすぎる。彼は獵銃を投げ出す。兩腕で猫を抱きかゝへる。そして、爪の襲擊に應へながら、齒を喰ひしばり、血を湧き立たせ、ぎゆつと首を締めつけた。

 が、しかし、自分も、締めつけられる思ひだ。よろめき、へとへとになり、地べたに倒れ、顏と顏とを押しつけ、兩眼は猫の片眼に注いだまゝ、坐つてしまふ。

 

    二

 

 にんじんは、今、鐵の寢臺に橫はつてゐる。[やぶちゃん注:「橫はつてゐる」「よこたはつてゐる」。]

 兩親と、急報を受けたその知合ひの連中が、小屋の低い天井の下を這ふやうにして、慘劇の行はれた場所を檢分した。

 「どうでせう、心臟の上で猫を揉みくしやにしてゐる、それを無理に引き放さうつていふんで、あたしや、汗をかきましたよ。それでいて、このあたしをそんな風に抱き締めてくれたことなんか、ありやしないんですからね」

 この殘虐の歷史は、やがて、家族の夜伽を通じ、昔噺さながらの興をへることになるのだが[やぶちゃん注:ママ。戦後版では、『興をそえることになるのであるが』で誤植(脱字)と採れる。]、ルピツク夫人が、此處でその說明をしてゐる間、にんじんは眠り、そして夢を見てゐるのだ――

 ・・・彼は小川に沿うて往きつ戾りつしてゐる。お定まりの月の光が、ちらちらと動いて、女の編針(あみばり)のやうに入り交(まぢ)る。

 玉網(たまあみ)の上には、猫の肉が、澄んだ水を透して燃え上つてゐる。

 白い靄が草原をすれすれに這ひ、どうかすると、飄々たる幽靈の姿を隱してゐる。

 にんじんは、兩手を組み、幽靈などちつとも怖くないといふ證據を見せる。

 牛が一匹近寄つて來る。立ち止る。溜息を吐く。急に逃げ出す。四つの木履(きぐつ)を空まで鳴り響かせ、やがて消え失せる。[やぶちゃん注:「吐く」戦後版では『吐(つ)く』とルビする。それを採る。]

 何といふ靜かさだ! 若しこの餞舌な流れが、婆さんの會合みたいに、彼一人の耳へ、ぺちやくちや、こそこそと、きりのないお喋りを聞かせさへしなければ・・・。

 にんじんは、口を噤ませるために、それを打たうとでもするやうに、そつと玉網の棹(さを)を引き上げる。と、これはまた、蘆の繁みから、大きな圖體をした蝲蛄(ざりがに)が幾つとなく現われて來る。

 後から後から、まだ殖える。どれもこれも、眞直に突つ立ち、ぎらぎらと、水から上(あが)る。

 にんじんは、苦悶に打ちひしがれ、逃げることすらできない。

 蝲蛄(ざりがに)は、彼を取り圍む。

 喉をめがけて、伸び上がつて來る。

 ぱちぱち音を立てる。

 もう、彼等は、鋏をいつぱいにひろげてゐるのだ。

 

[やぶちゃん注:原本はここから。本作の中では、「土龍」を遙かに超えて、愛猫家卒倒間違いない最も残酷・残忍な一章ではある。しかし、この「二」の悪夢のコーダのそれは、実は殺される猫が、これまた、家族を含む外界から疎外されている(或いはそのように思い込んでしまっている)「にんじん」の分身の隠喩であることは言を俟たない。

「蝲蛄」原文では“écrevisses”で、これは十脚(エビ)目抱卵(エビ)亜目ザリガニ下目ザリガニ上科ザリガニ科Astacidaeのアスタクス属ヨーロッパザリガニ(フランス語音写「エクルヴィス」)Astacus astacusである。我々の知つている本邦産のザリガニ――代表種である標準和名のザリガニ(ニホンザリガニ) Cambaroides japonicus 及び、アメリカザリガニ Procambarus clarkii は、ともにアメリカザリガニ科Cambaridaeである(但し、一部地域に棲息する Pacifastacus 属ウチダザリガニ Pacifastacus leniusculus はザリガニ科である)とは異なる種である。フランスでは御存知の通り、立派な高級食材である。

「片眼だけが、黃色く光り、それが不安なのだ」原作では確かに“inquiète”で、「不安な」の意味の単語を用いてはいるのだが、どうもしっくりこない。「それが如何にもぞっとさせて落ち着かせないのだ」ぐらいでは如何であろうか?

「どうでせう、心臟の上で猫を揉みくしやにしてゐる、それを無理に引き放さうつていふんで、あたしや、汗をかきましたよ。」この訳も、少々、不親切である。原文は“– Ah ! dit sa mère, j’ai dû centupler mes forces pour lui arracher le chat broyé sur son coeur.”で、これは、『「ああ!」と、母親は言った。「私は、彼の胸に押しつぶされていた猫を引っ離すために、百倍もの力を要さねばならなかったのですのよ!」』と言う意味である。「彼」は無論、「にんじん」である。岸田氏の訳は、映像を想起し難い感じがするのである。

「四つの木履」原作は“quatre sabots”で、この“sabot”(サボ)は、牛馬の蹄(ひづめ)である。但し、この「木履」といふ謂いは、この夢のシーンのシュールレアリスティクな雰圍氣に、何だか、異様にマッチしていて、私には逆に素敵に感じられるのである。]

 

 

 

 

    Le Chat

 

     I

 

   Poil de Carotte l’a entendu dire : rien ne vaut la viande de chat pour pêcher les écrevisses, ni les tripes d’un poulet, ni les déchets d’une boucherie.

   Or il connaît un chat, méprisé parce qu’il est vieux, malade et, çà et là, pelé. Poil de Carotte l’invite à venir prendre une tasse de lait chez lui, dans son toiton. Ils seront seuls. Il se peut qu’un rat s’aventure hors du mur, mais Poil de Carotte ne promet que la tasse de lait. Il l’a posée dans un coin. Il y pousse le chat et dit :

   Régale-toi.

   Il lui flatte l’échine, lui donne des noms tendres, observe ses vifs coups de langue, puis s’attendrit.

Pauvre vieux, jouis de ton reste.

   Le chat vide la tasse, nettoie le fond, essuie le bord, et il ne lèche plus que ses lèvres sucrées.

   As-tu fini, bien fini ? demande Poil de Carotte, qui le caresse toujours. Sans doute, tu boirais volontiers une autre tasse ; mais je n’ai pu voler que celle-là. D’ailleurs, un peu plus tôt, un peu plus tard !…

   À ces mots, il lui applique au front le canon de sa carabine et fait feu.

   La détonation étourdit Poil de Carotte. Il croit que le toiton même a sauté, et quand le nuage se dissipe, il voit, à ses pieds, le chat qui le regarde d’un oeil.

   Une moitié de la tête est emportée, et le sang coule dans la tasse de lait.

   Il n’a pas l’air mort, dit Poil de Carotte. Mâtin, j’ai pourtant visé juste.

   Il n’ose bouger, tant l’oeil unique, d’un jaune éclat, l’inquiète.

   Le chat, par le tremblement de son corps, indique qu’il vit, mais ne tente aucun effort pour se déplacer. Il semble saigner exprès dans la tasse, avec le soin que toutes les gouttes y tombent.

   Poil de Carotte n’est pas un débutant. Il a tué des oiseaux sauvages, des animaux domestiques, un chien, pour son propre plaisir ou pour le compte d’autrui. Il sait comment on procède, et que si la bête a la vie dure, il faut se dépêcher, s’exciter, rager, risquer, au besoin, une lutte corps à corps. Sinon, des accès de fausse sensibilité nous surprennent. On devient lâche. On perd du temps ; on n’en finit jamais.

   D’abord, il essaie quelques agaceries prudentes. Puis il empoigne le chat par la queue et lui assène sur la nuque des coups de carabine si violents, que chacun d’eux paraît le dernier, le coup de grâce.

   Les pattes folles, le chat moribond griffe l’air, se recroqueville en boule, ou se détend et ne crie pas.

Qui donc m’affirmait que les chats pleurent, quand ils meurent ? dit Poil de Carotte.

   Il s’impatiente. C’est trop long. Il jette sa carabine, cercle le chat de ses bras, et s’exaltant à la pénétration des griffes, les dents jointes, les veines orageuses, il l’étouffe.

   Mais il s’étouffe aussi, chancelle, épuisé, et tombe par terre, assis, sa figure collée contre la figure, ses deux yeux dans l’oeil du chat.

 

     II

 

   Poil de Carotte est maintenant couché sur son lit de fer.

   Ses parents et les amis de ses parents mandés en hâte, visitent, courbés sous le plafond bas du toiton, les lieux où s’accomplit le drame.

   Ah ! dit sa mère, j’ai dû centupler mes forces pour lui arracher le chat broyé sur son coeur. Je vous certifie qu’il ne me serre pas ainsi, moi.

   Et tandis qu’elle explique les traces d’une férocité qui plus tard, aux veillées de famille, apparaîtra légendaire, Poil de Carotte dort et rêve :

   Il se promène le long d’un ruisseau, où les rayons d’une lune inévitable remuent, se croisent comme les aiguilles d’une tricoteuse.

   Sur les pêchettes, les morceaux du chat flamboient à travers l’eau transparente.

   Des brumes blanches glissent au ras du pré, cachent peut-être de légers fantômes.

   Poil de Carotte, ses mains derrière son dos, leur prouve qu’ils n’ont rien à craindre.

   Un boeuf approche, s’arrête et souffle, détale ensuite, répand jusqu’au ciel le bruit de ses quatre sabots et s’évanouit.

   Quel calme, si le ruisseau bavard ne caquetait pas, ne chuchotait pas, n’agaçait pas autant, à lui seul, qu’une assemblée de vieilles femmes.

   Poil de Carotte, comme s’il voulait le frapper pour le faire taire, lève doucement un bâton de pêchette et voici que du milieu des roseaux montent des écrevisses géantes.

   Elles croissent encore et sortent de l’eau, droites, luisantes.

   Poil de Carotte, alourdi par l’angoisse, ne sait pas fuir.

   Et les écrevisses l’entourent.

   Elles se haussent vers sa gorge.

   Elles crépitent.

   Déjà elles ouvrent leurs pinces toutes grandes.

 

« 「にんじん」ジュウル・ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ヴァロトン挿絵+オリジナル新補注+原文) 「小屋」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「騙された狐」 »