フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 只野真葛 むかしばなし (92) | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「猫と狐」 »

2023/12/23

只野真葛 むかしばなし (93)

 

一、今田善作といひし人、在合[やぶちゃん注:底本に「合」を当て字として、『(郷)』と本文割注をしてある。]にて野良狐(のらぎつね)をならして、日ごとに食をあたへしかば、終(つひ)に、緣先に晝寢して居《ゐ》るほどになれしに、そのはじめよりは、三年ばかりも、かいて、有(あり)し、とぞ。

 善作、机にかゝりておるかたわらの緣の上に、狐、居て、細目に明(あけ)て、善作が顏を、まもり、物いひたげなるていなりしに、善作、ことばをかけ、

「是、きつね。そちを扶持(ふち)せしも、はや、三年なり。少しは禮を仕(し)そふ[やぶちゃん注:ママ。]なこと。いかに野良狐だとて、あまり陰(かげ)[やぶちゃん注:「お蔭」。謝意。]のなきことなり。鳥の一羽も、才覺は、ならぬか。」

と、いひおはるやいなや、とび下(お)りて、いづくともなく行(ゆき)しに、

「さて、聞分(ききわけ)しやうな、ていなり。いかゞしつる。」

と、家内と物がたりして、日をくらせしに、よく朝、ひしくひ一羽、こつぜんと、枕上(まくらがみ)に有(あり)。されば、

「狐の、きゝ分(わけ)て持(もち)きしならん。」

と、料理して見しに、一向、身のなき、やせ鳥なりし、とぞ。

 後(のち)にきけば、其あたりにかひて有(あり)し「おとり雁(がん)」をとりて、あたへし、とぞ。

 食(くひ)ては、うまくなし。とられしかたには、大迷惑せしなり。

 野良狐の心、いきなるべし【「おとり」とは、かひおきたる鳥を野場につなぎて、鳥をよびて、打(うつ)なり。】[やぶちゃん注:底本に『原頭註』とある。]

[やぶちゃん注:「ひしくひ」カモ目カモ亜目カモ科マガン属ヒシクイ Anser fabalis serrirostris 。本邦に渡り鳥として南下してくるのは他に、オオヒシクイ Anser fabalis middendorffii がいる。詳しくは、私の「和漢三才圖會第四十一 水禽類 鴻(ひしくひ)〔ヒシクイ・サカツラガン〕」を参照されたい。]

« 只野真葛 むかしばなし (92) | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「猫と狐」 »