フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 「にんじん」ジュウル・ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ヴァロトン挿絵+オリジナル新補注+原文) 「赤い頰つぺた」 | トップページ | 「にんじん」ジュウル・ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ヴァロトン挿絵+オリジナル新補注+原文) 「ブルタスの如く」 »

2023/12/03

「にんじん」ジュウル・ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ヴァロトン挿絵+オリジナル新補注+原文) 「虱」

[やぶちゃん注:ジュール・ルナール(Jules Renard 一八六四年~一九一〇年)の “ Poil De Carotte(原題は訳すなら「人参の毛」であるが、これはフランス語で、昔、「赤毛の子」を指す表現である。一八九四年初版刊行)の岸田国士による戦前の翻訳である。

 私は既にサイト版「にんじん ジュウル・ルナアル作 岸田国士訳 挿絵 フェリックス・ヴァロトン(注:やぶちゃん copyright 2008 Yabtyan)」で、新字新仮名遣のそれを十五年前に電子化注している。そこでは、底本は岩波文庫版(一九七六年改版)を用いたが、今回は、国立国会図書館デジタルコレクションのジュウル・ルナアル作岸田國士譯「にんじん」(昭和八(一九三三)年七月白水社刊。リンクは標題のある扉)を用い、正字正仮名遣で電子化し直し、注も新たにブラッシュ・アップする。また、本作の挿絵の画家フェリックス・ヴァロトンFelix Vallotton(一八六五年~一九二五年:スイス生まれ。一八八二年にパリに出、「ナビ派」の一員と目されるようになる。一八九〇年の日本版画展に触発され、大画面モノクロームの木版画を手掛けるようになる。一九〇〇年にフランスに帰化した)の著作権も消滅している。上記底本にはヴァロトンの絵はない(当時は、ヴァロトンの著作権は継続していた)が、私は彼の挿絵が欠かせないと思っているので、岩波版が所載している画像を、今回、再度、改めて取り込み、一部の汚損等に私の画像補正を行った。

 ルビ部分は( )で示したが、ざっと見る限り、本文を含め、拗音・促音は使用されていないので、それに従った。傍点「丶」は下線に代えた。底本の対話形式の部分は、話者が示されダッシュとなる一人の台詞が二行に亙る際、一字下げとなっているが、ブラウザの不具合が起きるので、詰めた。三点リーダは「…」ではなく、「・・・」であるのはママである。各話の末尾に若い読者を意識した私のオリジナルな注を附した(岸田氏の訳は燻し銀であるが、やや語彙が古いのと、私(一応、大学では英語が嫌いなので、第一外国語をフランス語にした)でも、原文と照らしてみて、首をかしげる部分が幾分かはある。中学二年生の時、私がこれを読んだときに立ち返ってみて、当時の私なら、疑問・不明に思う部分を可能な限り、注した。原文はフランスのサイト“Canopé Académie de Strasbourg”の“Jules Renard OIL DE CAROTTE (1900)”PDF)のものをコピーし、「Internet archive」の一九〇二年版の原本と校合し、不審箇所はフランス語版“Wikisource”の同作の電子化も参考にした。詳しくは、初回の冒頭注を参照されたい。

 

Sirami

 

     

 

 

 兄貴のフエリツクスとにんじんとが、サン・マルク寮から歸つて來ると、ルピツク夫人は二人に足の行水をさせるのである。三月も前からその必要があるのに、寮では足を洗わないからである。もとより、規則書のどの箇條にもその場合はうたつてない。

 「お前のときたらさぞ黑いこつたらう、にんじん」

 ルピツク夫人は云ふのである。

 彼女の云つた通りだ。にんじんのは、兄貴のより、何時も黑いのだ。どうしてだらう。二人は、すぐ側で、同じ制度のもとで、同じ空氣の中で暮らして來たのだ。なるほど、三月の後には、兄貴のフエリツクスも、白い足を出してみせることはできない。が、にんじんは、自分でも告白する通り、誰の足だかわからなくなつてゐるのである。

 恥ずかしいので、彼は、手品師の藝當よろしく、足を水の中へ突つ込む。何時の間に靴を脫いだか、彼は、兄貴のフエリツクスがもうバケツの底へ沈めてゐるその足の間へ、いきなり自分の足を割り込ませる。それまで誰も氣がつかない。するとやがて、垢の層が布ぎれのやうに擴がつて、この四つの化物を包むのだ。

 ルピツク氏は、何時もの癖で、窓から窓を往つたり來たりしてゐる。彼は、息子たちの通信簿、殊に、校長先生自筆の注意書を讀み返してみる。兄貴のフエリツクスについては――

 「不注意、然れども怜例(れいり)。及第の見込」

 それから、にんじんについては――

 「其氣になれば優秀なる成績を示す。但し、常にその氣にならず」

 にんじんが、これで偶には成績がいゝのかと思ふと、家族のものは、誰でも可笑しくなるのである。さういふ今、彼は膝の上で兩腕を組み合わせ、足を水の中で存分に膨らましてゐる。彼はみんなから試驗をされてゐる氣だ。赤黑く伸び過ぎた髮の毛の下で、彼は寧ろ見つともなくなつてゐた。ルピツク氏は、眞情流露を逆に行く人物だから、久々で彼の顏を見た悅びを、揶揄の形でしか表はさない。向うへ往きがけに彼の耳を彈(はぢ)く。こつちへ來がけには、肱で小突く。すると、にんじんは、待つてましたと笑ひこけるのである。[やぶちゃん注:「偶には」「たまには」。]

 それから更に、ルピツク氏は、彼のもぢやもぢやの頭髮(あたま)へ手を通し、そして、虱でも潰すやうに爪をぱちんと鳴らす。これが、先生得意の戲談である。

 ところが、狙ひ過たず、最初に、一匹、殺(や)つたのである。[やぶちゃん注:「過たず」「あやまたず」。]

 「やあ、うまいもんだ。仕止めたぞ」

と、彼はいふ。さて、幾分げんなりして、そいつをにんじんの髮の毛へなすりつける。するとルピツク夫人は、兩腕を空に向けて差し伸べ、さも精がなさゝうに――[やぶちゃん注:「さも精がなさゝうに」「いかにもやる気力が失せているように」。]

 「そんなこつたろうと思つた。やれやれ、とんだ御馳走だ。エルネスチイヌ、急いで金盥を持つといで。そら、お前の用事ができた」[やぶちゃん注:「金盥」「かなだらひ」。]

 姉のエルネスチイヌは、金盥を持つて來る。それから、目の細かい櫛と、皿いつぱいの酢と・・・。虱退治が始まるのである。

 「僕のを先へやつてくれ」と、兄貴のフエリツクスが叫ぶ――「僕にも寄越しやがつたに違ひない」

 彼は、我武者羅に指で頭を搔きむしる。そして、頭ごと突つ込むんだから、バケツに一杯水を持つて來いと云ふ。

 「靜かにおしよ」と、姉は云ふ。心盡しを見せることが好きなのだ――「痛くしやしないわ」

 彼女は、彼の首のまわりへタオルを捲きつけ、母親の手際と丹念さとを示す。一方の手で髮の毛を押し分け、もう一方の手で輕く櫛を取り上げる。彼女は、搜す。口を曲げて馬鹿にする風もなく、獲物がひつかゝつてもびくともしない。

 彼女が、「また一匹ゐた」と云ふ每に、兄貴のフエリツクスはバケツの中で足をぢたばたさせながら、にんじんを拳固で威かす。一方は靜かに自分の番を待つてゐる。

 「あんたの方は濟んだ、フエリツクス」と、姉のエルネスチイヌは云ふ――「七つか八つきりゐなかつたわ。勘定してごらん。にんじんのは幾つゐるか、さあ」

 最初の一と櫛で、にんじんは、それ以上の得點だ。姉のエルネステイヌは、これこそ巢にぶつかつたやうなものだと思つた。それもその筈、蟻塚の中を手當り次第に搔き寄せるのと違ひはない。

 一同がにんじんを取り圍む。姉のエルネスチイヌは腕に撚(よ)りをかける。ルピツク氏は、兩手を背中に組んで、物好きな他人みたいに、仕事の運びを見物してゐる。ルピツク夫人は、情ない聲で嘆息の叫びを發する――

 「これは、これは・・・。鋤と熊手を持つて來なけりや・・・」

 兄貴のフエリツクスは、蹲まつて、金盥をゆすぶり、獲物を受け取つてゐる。彼等は、雲脂(ふけ)に混つて落ちて來る。剪(き)つた捷毛のやうに細かな脚が、ぴくぴく動くのが見分けられる。彼等は金盥の奧の搖れるのに從ひい、そして、酢のために、瞬く間に死んでしまふ。

 

ルピツク夫人――にんじん! お前はどういふ量見でゐるんだか、あたしたちにやもうわからないよ。その年になつて、大きな男の子が、それで恥かしくはないかい? 足のことはまあ云はないさ、此處で初めて見るんだらうから・・・。だが虱が食つてるのにさ、それを先生にいつて取締つても貰はず、家のものに始末をしてくれとも云はず・・・。どうしたつて云ふんだい、一體・・・。どんなに好い氣持ちなのさ、生きたまゝ嚙られるつていふのは・・・。髮の毛ん中が、血だらけぢやないか。

にんじん――櫛でかきむしつたんだよ。

ルピツク夫人――どうだらう、櫛だとさ。それが姉さんへのお禮のしかたかい?――聞いたらうね、エルネスチイヌ? 旦那は、氣むずかしくつていらつしやるから[やぶちゃん注:行末。戦後版では読点がある。]床屋の姐さんに苦情をおつしやるよ。わるいことはいわない、好きで食われてるんだから、さつさと蟲の餌(えさ)にしておやり。[やぶちゃん注:「姐さん」戦後版は「姐」に『ねえ』とルビする。私は百%、「あねさん」と訓じる人種である。]

エルネスチイヌ――今日は、もうこれでおしまひよ、母さん。大きいのだけ落としといたわ。明日もう一(ひ)と撫でしてみるの。オードコロオニユを振りかけるつてやり方があるのよ。[やぶちゃん注:「オードコロオニユ」原文“eau de Cologne”(音写「イオゥ・ドゥ・コロゥーニユ」)。ドイツのケルン地方で生まれたこの香水は「ケルニッシュ・ワッサー」(「ケルンの水」)と呼ばれた。それがフランスに入り、発音が「オー(水)デ(の)コローニュ(ケルン)」と呼ばれ、「オー・デ・コロン」(Eau de Cologne)となったものである。]

ルピツク夫人――さあ、にんじん、お前は、金盥を持つてつて、裏庭の土塀の上へ出してお置き。村中のものがぞろぞろ見て通れば、お前だつてちつたあ恥かしいだらう。

 

 にんじんは金盥を取り上げ、出て行く。そして、そいつを太陽の下に晒して、その側で見張りをしてゐる。

 最初に近寄つて來たのが、マリイ・ナネツト婆さんである。彼女はにんじんの顏さへ見れば、立ち止つて、近視の、小さな狡そうな眼で彼をぢろぢろ見るのである。そして、黑い頭巾を動かしながら、何事かを搜し當てようとする。[やぶちゃん注:「狡さうな」「ずるさうな」。]

 「なんだね、そいつは・・・」

 にんじんは返事をしない。彼女は金盥をのぞき込む。

 「小豆(あづき)かね。あいた、もう眼がはつきり見えないよ。息子のピエエルが眼鏡を買つてくれるといゝんだけど・・・」[やぶちゃん注:「あいた」については、戦後版で私は好意的に、『目が不自由なことを心底残念がつてゐることを示すための感動詞「あ痛、」であろうか?』等と注したのだが、原文を見るに、そうではなく、“Ma foi, je n’y vois plus clair.”で、「勿論、確かにさ、私は眼が、もう、よく見えないんだよ。」の意である。倉田氏の訳は『あたしゃ、もう目がはっきり見えないよ。』、佃氏の当該部も、『まったく、よく見えねえだよ、わしには。』である。実は、この「あいた」は単に、「私」を意味する「あたい」の誤植ではなかろうか? にしても、戦後版でも同じというのは、頗る不審なのではあるが……。

 

 彼女は指でさわつてみる。口へ入れさうな手つきだ。なんとしても、わからないらしい。

 「そいで、お前さんはそこでなにしてるんだい。膨れつ面をして、眼をぼうつとさせて・・・? ははあ、怒られたな。罰にさうしてろつてわけか。いゝかい、わしや、お前さんのお祖母(ばあ)ぢやないが、それでも、考へることだけや、考へてるよ。わしや、不便でならん。家のもんがみんなで、いぢめるんだらう」

 にんじんは、ちらりと眼を外らす。そして母親が聞いてゐないことを確める。すると、彼はマリイ・ナネツト婆さんに云ふのである――

 「だからどうしたんだい? そんなこと、婆さんには關係ないだらう。自分のことだけ心配するがいゝや。僕のことは、ほうつといてくれ」

 

[やぶちゃん注:原本はここから。

「虱」ヒト吸血性の昆虫綱咀顎目シラミ亜目シラミ下目シラミ小目ヒトジラミ科ヒトジラミ属亜種アタマジラミ Pediculus humanus humanus 。]

 

 

 

 

    Les Poux

 

   Dès que grand frère Félix et Poil de Carotte arrivent de l’institution Saint-Marc, madame Lepic leur fait prendre un bain de pieds. Ils en ont besoin depuis trois mois, car jamais on ne les lave à la pension. D’ailleurs, aucun article du prospectus ne prévoit le cas.

   Comme les tiens doivent être noirs, mon pauvre Poil de Carotte ! dit madame Lepic.

   Elle devine juste. Ceux de Poil de Carotte sont toujours plus noirs que ceux de grand frère Félix. Et pourquoi ? Tous deux vivent côte à côte, du même régime, dans le même air. Certes, au bout de trois mois, grand frère Félix ne peut montrer pied blanc, mais Poil de Carotte, de son propre aveu, ne reconnaît plus les siens.

   Honteux, il les plonge dans l’eau avec l’habileté d’un escamoteur. On ne les voit pas sortir des chaussettes et se mêler aux pieds de grand frère Félix qui occupent déjà tout le fond du baquet, et bientôt, une couche de crasse s’étend comme un linge sur ces quatre horreurs.

  1. Lepic se promène, selon sa coutume, d’une fenêtre à l’autre. Il relit les bulletins trimestriels de ses fils, surtout les notes écrites par M. le Proviseur lui-même : celle de grand frère Félix :

   « Étourdi, mais intelligent. Arrivera. »

   et celle de Poil de Carotte :

   « Se distingue dès qu’il veut, mais ne veut pas toujours. »

   L’idée que Poil de Carotte est quelquefois distingué amuse la famille. En ce moment, les bras croisés sur ses genoux, il laisse ses pieds tremper et se gonfler d’aise. Il se sent examiné. On le trouve plutôt enlaidi sous ses cheveux trop longs et d’un rouge sombre. M. Lepic, hostile aux effusions, ne témoigne sa joie de le revoir qu’en le taquinant. À l’aller, il lui détache une chiquenaude sur l’oreille. Au retour, il le pousse du coude, et Poil de Carotte rit de bon coeur.

   Enfin, M. Lepic lui passe la main dans les « bourraquins » et fait crépiter ses ongles comme s’il voulait tuer des poux. C’est sa plaisanterie favorite.

   Or, du premier coup, il en tue un.

   Ah ! bien visé, dit-il, je ne l’ai pas manqué.

   Et tandis qu’un peu dégoûté il s’essuie à la chevelure de Poil de Carotte, madame Lepic lève les bras au ciel :

   Je m’en doutais, dit-elle accablée. Mon Dieu ! nous sommes propres ! Ernestine, cours chercher une cuvette, ma fille, voilà de la besogne pour toi.

   Soeur Ernestine apporte une cuvette, un peigne fin, du vinaigre dans une soucoupe, et la chasse commence.

   Peigne-moi d’abord ! crie grand frère Félix. Je suis sûr qu’il m’en a donné.

   Il se racle furieusement la tête avec les doigts et demande un seau d’eau pour tout noyer.

   Calme-toi, Félix, dit soeur Ernestine qui aime se dévouer, je ne te ferai pas de mal.

   Elle lui met une serviette autour du cou et montre une adresse, une patience de maman. Elle écarte les cheveux d’une main, tient délicatement le peigne de l’autre, et elle cherche, sans moue dédaigneuse, sans peur d’attraper des habitants.

   Quand elle dit : « Un de plus ! » grand frère Félix trépigne dans le baquet et menace du poing Poil de Carotte qui, silencieux, attend son tour.

   C’est fini pour toi, Félix, dit soeur Ernestine, tu n’en avais que sept ou huit ; compte-les. On comptera ceux de Poil de Carotte.

   Au premier coup de peigne, Poil de Carotte obtient l’avantage. Soeur Ernestine croit qu’elle est tombée sur le nid, mais elle n’a que ramassé au hasard dans une fourmilière.

   On entoure Poil de Carotte. Soeur Ernestine s’applique. M. Lepic, les mains derrière le dos, suit le travail, comme un étranger curieux. Madame Lepic pousse des exclamations plaintives.

   Oh ! oh ! dit-elle, il faudrait une pelle et un râteau.

   Grand frère Félix accroupi remue la cuvette et reçoit les poux. Ils tombent enveloppés de pellicules. On distingue l’agitation de leurs pattes menues comme des cils coupés. Ils obéissent au roulis de la cuvette, et rapidement le vinaigre les fait mourir.

     MADAME LEPIC

Vraiment, Poil de Carotte, nous ne te comprenons plus. À ton âge et grand garçon, tu devrais rougir. Je te passe tes pieds que peut-être tu ne vois qu’ici. Mais les poux te mangent, et tu ne réclames ni la surveillance de tes maîtres, ni les soins de ta famille. Explique-nous, je te prie, quel plaisir tu éprouves à te laisser ainsi dévorer tout vif. Il y a du sang dans ta tignasse.

     POIL DE CAROTTE

   C’est le peigne qui m’égratigne.

     MADAME LEPIC

   Ah ! c’est le peigne. Voilà comme tu remercies ta soeur. Tu l’entends, Ernestine ? Monsieur, délicat, se plaint de sa coiffeuse. Je te conseille, ma fille, d’abandonner tout de suite ce martyr volontaire à sa vermine.

     SOEUR ERNESTINE

   J’ai fini pour aujourd’hui, maman. J’ai seulement ôté le plus gros et je ferai demain une seconde tournée. Mais j’en connais une qui se parfumera d’eau de Cologne.

     MADAME LEPIC

   Quant à toi, Poil de Carotte, emporte ta cuvette et va l’exposer sur le mur du jardin. Il faut que tout le village défile devant, pour ta confusion.

 

   Poil de Carotte prend la cuvette et sort ; et l’ayant déposée au soleil, il monte la garde près d’elle.

   C’est la vieille Marie Nanette qui s’approche la première. Chaque fois qu’elle rencontre Poil de Carotte, elle s’arrête, l’observe de ses petits yeux myopes et malins et, mouvant son bonnet noir, semble deviner des choses.

   Qu’est-ce que c’est que ça ? dit-elle.

   Poil de Carotte ne répond rien. Elle se penche sur la cuvette.

   C’est-il des lentilles ? Ma foi, je n’y vois plus clair. Mon garçon Pierre devrait bien m’acheter une paire de lunettes.

   Du doigt, elle touche, comme afin de goûter. Décidément, elle ne comprend pas.

   Et toi, que fais-tu là, boudeur et les yeux troubles ? Je parie qu’on t’a grondé et mis en pénitence. Écoute, je ne suis pas ta grand’maman, mais je pense ce que je pense, et je te plains, mon pauvre petit, car j’imagine qu’ils te rendent la vie dure.

   Poil de Carotte s’assure d’un coup d’oeil que sa mère ne peut l’entendre, et il dit à la vieille Marie Nanette :

   Et après ? Est-ce que ça vous regarde ? Mêlez-vous donc de vos affaires et laissez-moi tranquille.

 

« 「にんじん」ジュウル・ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ヴァロトン挿絵+オリジナル新補注+原文) 「赤い頰つぺた」 | トップページ | 「にんじん」ジュウル・ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ヴァロトン挿絵+オリジナル新補注+原文) 「ブルタスの如く」 »